魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第30話 変貌

 サブリナ魔法女学園正門前。
 学園から避難した生徒や教師たちはやるせなく結界に守られた学園を見つめていた。

「あの中で、レイたちが戦っているのですね……」
「うん……」

 シルリアの言葉にセイナは頷いた。世界が滅ぶという瀬戸際に立たされながらもただ待つしかできないもどかしさに苦しんでいた。

「くっそ、すぐにでも加勢してやりたいが……!」
「あの中ではものすごい毒が充満してるんでしょ?」
「うん、前に学園に使われたのの10万倍。教頭先生や保健室のマグー先生でも治療方法が見つからなかったんだ」
「だ、だけど、さっきレイの兄貴が入っていったじゃあないか!」
「あの人は……最初から死ぬつもりなの。中に入れば死ぬこと、それは変わらないよ」
「そんな……」

 目には見えないが結界の中の空間は『死の光』で満ちており、人が入ればすぐさま死に至る状態だ。サブリナ魔法女学園の優秀な生徒や教員でもどうしようもなかった。
 さらにその時、学園内部から激しい爆発音が響いた。地響きがセイナたちのもとにまで届く。

「レイ……」

 セイナはレイの無事を強く祈る。そしてきっと彼女だけでなくその場にいる全員が、自分にできることがないか、必死に考えていた。




 学園中庭、決戦の戦場。
 俺とミシモフ、そしてルインの格闘は続いていた。

「攻性魔法陣! 『シリンダー』!」

 俺はルイン目掛け手をかざし、敵の頭上と足元に同時に魔法陣を展開した。

「くらえッ!」

 すかさず魔力を解き放ち、上下から円柱状に魔法をぶつける。敵を捕らえ続けその間絶え間ない攻撃を浴びせる攻撃だ。
 だがルインは力ずくで魔法陣を振り切り、俺に突っ込んできた。

「『ダブル』展開。マージブースター」

 ルインは真っ黒な瞳に殺意を眠らせ、莫大な魔力を解き放つ。俺へと真っ直ぐに向かってくるその姿が幾重にも重なって分散し、分身魔法により8体にまで増えたルインが八方から俺に襲い掛かった。

「ミシモフ!」
「はい」

 俺はすかさず真上にジャンプし、そこに飛んで待機していたミシモフが俺をキャッチする。突っ込んできていたルインの分身たちが勢いのままに俺がいた位置のそばで固まったので、すかさず俺は攻撃に転じた。

「氷結魔法ッ!」

 眼下のルイン目掛けて氷の魔法を打ち放ち、8体のルインごと氷で覆いつくした。シルリア直伝の氷だ。

「『焼却』ッ!」

 直後、超火力の魔法で氷ごと焼き尽くす。かつてユニコを救う時に使ったこの魔法は局所的に大爆発を発生させ、対象を消し炭すら残さずに消し飛ばす威力を持つ。
 だが爆炎の中、ルインは平然と俺へと飛び出してきた。

「マージブースター。シュート」
「ぐっ!?」

 淡々と語りつつルインは拳を繰り出し、俺は慌てて受け止めた。だがルインの常軌を逸したパワー、急場しのぎの防御では防ぎきれず、俺は吹き飛ばされた。飛行するミシモフがうまく衝撃を受け流し、俺らは空中で体勢を立て直す。

「レイ、大丈夫ですか」
「ああ、ダメージはない。向こうも同じようだがな……!」

 俺は憎々しく眼下のルインを見つめる。分身を消滅させることには成功したが、本体たるルインは相変わらずに傷ひとつなくそこに立っていた。

「飛行ユニット……展開」

 ルインはまた静かに呟くと、その背に真っ黒い魔力の翼を生やした。奴も飛行ができるのか、と俺は背後の結界を見る。あの結界が破壊されたらルインが出し続けている『死の光』が外へ漏れ、セイナたちに危険が及ぶ。それだけは避けなければならない。

「ミシモフ、降りるぞ! 空中戦は不利だ、手を離してくれ!」
「了解です」

 ミシモフに離されて俺は落下する。すかさず俺も魔力の翼を展開し、ルインとは逆に真っ直ぐに急降下して突撃した。

「マージブースターッ!」
「マージブースター」

 俺とルインの拳が激突する。素のパワーで勝り落下の加速度をも乗せた俺の拳が勝って、ルインは正反対の方向へと殴り飛ばされ地面に叩きつけられた。その間に俺とミシモフは地面に降りるも、ルインはむくりと起き上がる。やはりダメージは皆無のようだった。

「くそ、頑丈すぎる。せめてダメージがないのか、0.1%だけでもダメージがあるのかわかればいいんだが」
「判別は難しいですね。封印解放の進行に伴いルインの魔力は上昇を続けていますので、劣化があったとしても上書きされてしまっています」
「なんとか弱点が見つけないと……」

 ルインが持つのは莫大な魔力、魔兵器ゆえの判断力、そして頑強な肉体。あるいは一切殺人をためらわない精神も武器か。そこに隙はまるで見えず、強いていえば腕力で少し劣ることぐらいだが、それもダメージが通らないのでは意味がない。

「先程からルインのボディを分析していたのですが……まず、ルインの全身は魔力のバリアーが張られています。超高密度のバリアーです。しかしそのボディの素材自体が特殊な魔法鉱石と圧縮された有機物が緻密に合成されたもので、そこに魔力を満たしさらに強化してあるようです」

 ミシモフが持ち前の機能によりルインを分析する。ルインの体は魔力により二重に守られており、それを突破しないといけないらしい。つまりは魔力による単純な防御でルインの不死身は成り立っており、その単純さゆえに突破は難しいようだ。
 だがある意味それでいいこともある。わかりやすいからだ。

「じゃあ考えるのはやめだ! とにかく攻め続ける、あいつが防御に魔力を回せなくなるほどにな!」
「わかりました。私は引き続き、援護に回ります」
「ああ、そうしてくれ。エネルギーは俺ならルインと張り合えるはずだ、その間に……」

 話している途中のその時。

「攻性魔法陣、展開」

 ルインが動いた。どす黒い魔力が立ち上がり、少女の姿の魔兵器の背後に無数の魔法陣が浮かび上がった。大小さまざまな黒い魔法陣はルインの背後を埋め尽くす。前に俺がやられかけた一斉砲撃、今度は範囲攻撃で仕掛けてきたのだ。

「くっ……ミシモフ、俺の後ろに隠れてろ! 防壁魔法陣ッ!」
「はい」

 俺は防御の魔法陣を次々に展開し、なんとか防御の耐性をつくった。避けてもいいのだがその場合、あれだけの攻撃が学園を覆う結界に直撃してしまう。その場合結界を維持できるかどうか――ここは防ぐ! 気合を入れて壁となる魔法陣を展開していく。

「レディ……ファイア」

 ルインがすっと手を突き出すと、黒い魔法陣から一斉に魔砲撃が放たれた。

「ぐっ……ううううううううっ!」

 膨大な量の砲撃が、同じく膨大な量の俺の防壁魔法陣に激突する。いくつか撃ち漏らした魔法陣が背後の結界を直撃し、それを維持するためにも俺は精神をすり減らした。
 ルインの砲撃と俺の防御がせめぎ合い、激しい衝撃波が周囲の校舎を破壊していく。

「ま……魔法陣……攻性転移ッ! 斜角修正、魔力収束!」

 ルインから与えられる猛烈な圧に耐えながら、俺は魔法陣を操作した。性質を防御から攻撃へ、向きをルインへと転換する。

「いっけえええええええええええええええッ!」

 魔力を瞬間的に全開にし、俺はルインの砲撃を全て、反射した。
 攻撃に集中していたルインが目を見開くのが見える。直後、ルインを中心に大爆発が起こった。
 それと同時に中庭全体が崩壊し、俺が立つ場所も崩れて落下を始める。

「う、うわっ!?」
「レイ!」

 逃げる暇もなかった俺を、飛行魔法を使ったミシモフが拾い上げた。そのまま崩れる瓦礫をやり過ごした後にゆっくり下に降りる。
 中庭の真下にあるのはオニキス寮のある空間だった。だいたい地下10mくらいもの深さのある場所で岩盤も分厚いのだが、封印が無理矢理地上に出た影響もあってか、さっきの俺の攻撃で完全に崩壊し、地下洞窟までが吹き抜けの空間となった。
 ルインが立っていた場所は完全に瓦礫に埋もれていた。

「中庭を覆っていた石畳、及び地下までの岩盤。重量は相当なものと見込まれます」
「ああ、だがルインなら……」

 俺らは警戒して動きを待つ。そして案の定直後に瓦礫の一部が破壊され、ぬっとルインが現れた。やはり無傷、かと思いきや。
 メイド服の上につぎはぎの鎧を纏うルイン。そのスカートの一部と、鎧のひとつが、損傷していた。

「やった! 僅かだがダメージを負わせたぞ! でもなんでだ?」
「レイの論理が的中したようですね。攻撃の最中に想定外の反撃を受けたため防御への魔力供給が不足したものと思われます。反射攻撃が功を奏したのもあるのでしょう」
「なんにせよ前進だ! これで……」

 ルインにダメージを与えたことに希望を見出しかけたその時。
 感じた魔力に、俺はぞくりと背筋が粟立つのを感じた。

「なっ……!?」
「レイ。ルインの様子が変わりました」

 ミシモフの言う通り、ルインに変化が生じていた。
 これまで俺が『黒い』と表現してきたその魔力。それが可視化している。ルインの少女の体から、どす黒い、巨大なオーラが際限なく立ち上っている。極限まで高められた魔力がそのあまりの強さに顕現している……それは授業で学んだこともある現象だったが、それが見えるのは『落雷』か『噴火』など自然界による超高エネルギー現象くらいと聞いた。ルインの小さな体でそれが発生するのはまさに異常。
 さらにルインの瞳にも変化が起こる。狂気こそあれど人間と同じ形状だったそれが纏うオーラにより黒一色に染まり、まるで深い穴だけがぽっかりと開いているだけのようになった。

「……アァ……ア……アア……」

 ルインは嘆きとも怒りともとれない声を細く漏らしていた。かつて人類を滅ぼした魔兵器、その本性たる暴走が確実に近づいているようだ。

「いよいよ化け物じみてきたな……! 気をつけろよミシモフ、きっと攻撃はより熾烈になってくる」
「はい……私の性能での対処が難しくなってきました」

 ダメージは与えたもののそれに応じるようにルインは強くなっている。その底はまだ見えない。
 その時、ルインは両腕を前に突き出した。

「……敵行動パターン解析完了。攻性魔法陣、集中展開……レディ」

 その両腕をルインはなんと真上に向けた。その前に小さな魔法陣が1,2,3、4……瞬く間に何重にも展開される。範囲を絞る代わりに、その一撃に込められた魔力はこれまでの数倍以上だ。
 しまった。俺は慌てて駆け出した。

「まずいあいつ、俺が結界を守ってることに気付いた! まず結界を破壊するつもりだッ!」
「しかし距離が……!」

 俺は急いだが、なまじ警戒していたばかりにルインとの距離は遠い。しかも瓦礫で足元が不安定でうまく跳ぶこともできない。そしてルインの攻撃速度は、あまりにも早かった。

「ファイア」

 ルインは天を目掛け、魔力砲撃を打ち放った。

「くそっ!」

 守れるか? 俺は魔力を結界に集中させる。いや絶対に守らなくちゃならない、あの結界が破れたらセイナが、皆が――世界が!
 だが次の瞬間。
 ルインの砲撃は急激に方向を曲げ、そのまま180度反転し――逆にルインに直撃した。

「なっ!?」
「これは……」

 俺らは足を止め、発生した衝撃に耐える。明らかにルインの攻撃が妨害されて反転したのだが、俺もミシモフも何もしていない。まさか他に人が? 慌てて辺りを見渡すと……そいつは穴の上から俺らを見下ろして笑っていた。
 ショッキングピンクのツインテール、頬にはハートのシールタトゥー。着る制服は露出度の高い改造制服――それは兄貴が作った魔科学兵器の1体、オーリィ。自我はなく、俺の兄イルオの遠隔操作によって動く人形だ。つまり。

「レイよ、ミシモフよ、待たせたな! これより私も助太刀するぞ、このオーリィの体でな!」

 オーリィはニヤりと笑って俺らのそばへと着地した。そのいやらしい笑みはまさしく兄貴のもの。あの時と同じように兄貴がオーリィの体を操作しているのだ。

「兄貴……! でもどうしてオーリィが? オーリィの体は全部学園長が処分したはず……」
「フフ、あの女は強かだからな、分析のため1体は残しているとふんで学園を見て回ったら案の定だ。私が最初に学園内に入ったのはそのためだ、オーリィを操作可能になるように整備し、私の本体は学園の外の安全圏にいるから心配はいらんぞ! もっとも操作に集中するために本体の意識はないがな」

 さすがというべき計算高さだった。純粋な魔法兵器であるオーリィの体ならば『死の光』の影響も受けずに戦える、損傷の激しい兄貴の肉体も関係ない。

「とにかく助かった。でもどうやったんだ? オーリィの体はそんなに魔力はないはずじゃ……」
「フン、ルインの魔法は全て分析済みだ、魔力で真っ向から対抗できずとも、魔法陣の一部に干渉したり、計算の上で魔力を『逸らす』ことはできる! 私の頭脳とオーリィに備えておいた魔法分析機能があれば可能なのだ! どうやら攻撃反射が有効のようだったからな、ぶつけておいたぞ!」
「完璧だよ兄貴」

 オーリィの姿で高笑いする兄貴。その見た目は兄貴の趣味なのか? と聞きたかったがさすがに今は自重した。

「さて、そろそろ奴さんも起き上がってくるぞ! さきほどのような不意打ちがまた通じるとは限らん、私はミシモフと共に徹する! 頼んだぞレイ!」
「ああ、わかってる!」
「マスター、気を付けてくださいね。オーリィのボディは私よりも脆弱です」
「なーに案ずるな! お前は自分とレイのことを考えるんだぞ!」

 ともあれ、兄貴がオーリィの姿で加わり、俺らは3人になる。これは大きな戦力強化だ。今度こそ勝利への希望が見えてきた。
 砲撃の影響で撒き上がった瓦礫を吹き飛ばしながら、ルインが起き上がる。イルオの攻撃によりさらに衣服が損傷し、全身のオーラをより一層昂らせていた。着実にダメージは与えている、このままいけば――
 だがその時。

「アァ……ア……アアアアアアアアアアアッ!」

 突然、ルインが咆哮し。
 その姿がまた、変貌した。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く