魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第28話 学園長の告白、そして最期

 来た時と同様に空を飛び、俺らはサブリナ魔法女学園に戻ってきた。
 学園の様子は一変していた。全体が半透明の四角い結界で覆われており、正門の外には全校生徒が避難してどよどよと学園を見つめていた。

「あっ、あれ!」

 その内の1人が空の俺らに気付いて指差し、生徒や教師たちの視線が俺らへと集まる。ひとまず、セイナとイルオを抱えた俺と、自力で飛んできたミシモフは皆の前へと降り立った。

「レイ、どこに行っていたの。その人は?」

 生徒の代表として立っていたシルリアが真っ先に駆け寄って問いかけてくる。他の生徒たちもいきなり空から降りてきた俺らに注目していた。

「先に聞かせてくれ、生徒たちはみんな避難したのか?」
「ええ、皆にはオニキス寮の仕業と説明したわ。でもオニキス寮生の大部分は『先生』が戻るまで待つと……」

 とその時。
 妙な魔力を感じ俺が振り向くと、正門の前の空間が急に歪む。そして生じた空間の裂け目から、ごろごろと何人もの生徒たちがはじき出されてきた。その中にミニッツ・ペーパーやミア、メアの姿も見える。オニキス寮生たちだった。

「うっ……先生、なぜ!」

 起き上がったミニッツが叫ぶも、その時にはすでに空間は閉じていた。俺はミニッツに歩み寄る。

「ミニッツ、何があったんだ。今のは先生の空間魔法か?」
「……ああ、そうだ。私たちは先生に従おうとしたのだが……先生は有無を言わせずに私たちを外に出してしまった。あの結界も先生が張ったものに違いない」
「結界……か」

 俺は学園を見上げる。学園全体を覆う立方体の結界は、たしかに学園長の空間魔法によるものに違いなかった。

「兄貴、どういうことだ。あれはなんの目的があるんだ?」
「うむ、どうやらあれは『死の光』を外に出さないためのもののようだ。学園を預かる物としての最後の矜持といったところかな」
「死の光から、生徒たちを守っているということか? 俺らを殺そうとしたあの人が?」
「あの女も複雑なのだよ。もっとも邪魔ものを入らせないためでもあるのだろうがな。説明は後にしよう、時間がないのでな」

 学園長の思惑は気になるところだが、今はそれよりも、俺に対し疑惑の目を向ける生徒や教師たちへの説明が先だ。オニキス寮の仕業で学園が襲われていると聞かされていた生徒たちは、そのオニキス寮生たちが現れたことに明らかに動揺していた。
 時間もない今、皆にどうやって説明したものかと俺が悩んでいたその時、セイナが俺の肩を叩いた。

「レイ、ここは私に任せてレイたちは封印に向かって」
「セイナ……いいのか?」
「うん、どっちにしろただの人間の私はルインとは戦えないし、レイのお兄さんは部外者だから……みんなに説明できるのは私しかいないと思うの」
「わかった、頼む。兄貴も任せたぞ」
「ああ、レイ、ミシモフ、行くがいい!」

 俺はセイナと兄貴に背を押され、ミシモフと頷き合って学園へと向かう。

「空間魔法、『リリース』!」

 兄貴によって伝えられた空間魔法で結界を一部解き、俺たちは決戦の地へと向かった。



 学園全体が僅かに震え続けている。結界の中を奇妙な魔力が満たしている。
 解放の過程なのだろうか、その封印は地下から地上に出てきている。あの封印があった地下のちょうど真上、中庭のど真ん中の地面が割れ、封印の巨石が露出していた。幸いまだ封印は解けていないようだが、怪しげな魔力と光が岩から零れ出ており、鎖も大部分が解けてしまっている。
 そして中庭に辿り着いた俺らを、封印の前に立って迎えたのは――学園長。ただしその容姿はかなり変貌していた。

「ついに来ましたね。レイ……そしてミシモフ」

 そう言って微笑むラルプリム学園長。ブラウンの髪を綺麗に切り揃えた、堀の深い顔立ちの美人の彼女。だがここに立ち俺を見るその顔は、明らかに若い。若すぎる。
 元々学園長という立場にしては若い人だったのだが、今の学園長はどう見ても十代後半程度の美少女に変わっていた。この異常事態でなければ学園長の娘といっても違和感のないほどだった。

「あなたたち2人だけということは封印のことはもう聞いているようですね。まだ封印は解けていませんが、すでに弱い『死の光』が漏れ出していますからね……」
「外の生徒や先生たちは、あんたの結界で守れてるということか……でもなんでだ? 封印を解き、世界を滅ぼそうとしているあんたがなぜ今更そんなことをする? それにその見た目は……」
「フフ……」

 学園長は怪しげに微笑む。研究室で会った時よりも幾分か穏やかな笑みだった。

「これが私の素顔なのですよ。化粧はなにも己を若く美しく見せるだけではなく、その逆にも使うもの。学園長の地位に就くにはこの容姿は少し若すぎましたからね」
「……何者なんだ、あんた」

 俺が問いかけると、学園長はなぜか視線をミシモフに移した。

「それは彼女が知っていますよ。ねえ、魔神兵ミシモフ?」

 魔神兵ミシモフ――そういえば兄貴はミシモフをそう呼んでいた。そして俺はハッと気が付く、あの封印の中にいる古代魔科学兵器ルインもまた『魔神兵』と呼ばれていたことに。
 ミシモフは一歩、前に出た。

「私は千五百年前、私が誕生した次代のことは覚えていません。ですが先程マスターによりアップロードされた情報であなたのことは知っています」

 やはりそうだ、ミシモフもまたルインと同じく千五百年前に作られた魔兵器。兄貴はそれを改造しただけだったのだ。
 そしてこの場にいる人間は、俺だけだった。

「ラルプリム・マ・シャークランド……いえ、魔神兵マキナ。あなたは魔科学兵器ですね。私と同様、古代科学によって作られた、ルインの『ツヴァイ』」

 学園長も魔兵器だった。その事実に俺は驚愕する。そしてミシモフが口にした『ツヴァイ』という言葉の意味を聞き返した。

「ミシモフ、『ツヴァイ』とは?」
「双子を意味する魔科学の用語です。意思を持つ魔兵器というものは通常、その制御のために二対一組で作られるものなのです。魔神兵マキナ、つまり学園長は元々、ルインを制御するために作られた魔兵器なのです」
「もっともルインは私の力なんかじゃ制御できずに暴走し、結局私は役に立ちませんでしたけどね」

 学園長はそう言って笑った。底の知れない人だとは思っていたが、その正体は千五百年前に作られた魔科学兵器だったのだ。

「ま、待てよ。学園長がルインを制御するための魔兵器なら、なんでその真逆のことをしてるんだ? あんたの目的は結局なんなんだ」
「フフ……いいでしょう。封印が解けるまで時間があります、その時間つぶしにでも話しましょうか」

 封印はどの道解ける、ならばせめて戦う意味を鮮明にし、迷いなく立ち向かいたい、俺はそう考えていた。
 学園長は封印を愛おしそうになでる。到底ルインを制御する役目を負った存在とは思えなかった。

「そもそも、私は千五百年前、ルインが封印されてから無用となり……ミシモフと共に眠っていました。いつの日かルインが目覚める時のために破壊はされませんでした。そうして時が経ち、ルインの封印が弱まったことを感じ取った私が目覚めたのはおよそ20年前のことです。私はすぐに使命をもとに封印を守るべく動き出しました。人間としての名を得て、魔兵器の能力を使って経歴を積み上げ、このサブリナ魔法女学園の教員となり……オニキス寮を組織して、封印を維持し続けました。やがて学園長の座についてからも、です。老化を装ったメイクはその時に身に着けたのですよ」

 ここまでは世界を滅ぼすルインを制御するための存在としての行動だ。もっともそれは封印を遅らせるだけで結局彼女にはルインを御すほどの能力はないようだった。
 その時、「だが」と小さく呟き、学園長は笑みを消した。封印に触れ、それを一心に見つめる。狂気すら感じる視線だった。

「……私はルインの『ツヴァイ』、つまり双子。その間近で行動を続ける内に、感じ取ってしまったのです。ルインが抱くその膨大な黒いエネルギーを……怨念を、憎悪を!」

 学園長からあの時のオーラが立ち上った。本性を現した時の、邪悪な笑みと眼光。離れているにも関わらず俺の背筋に悪寒が走る。怨念、憎悪、その言葉通りの黒い迫力が俺を威圧した。
 学園長は口元を歪ませ、俺へと視線を向ける。

「あなた達は知らないでしょう、そもそもなぜルインが作られたのか、どうやって作られたのか。そのツヴァイたる私がなぜ少女の見た目をしているのか! レイ、改造されたあなたの容姿もそうです! これは文献には残されていない、当事者の私だけが知る真実!」

 その黒い感情のままに学園長は、いや魔神兵マキナはまくし立てる。そして言い放ったのは、恐るべき真実だった。

「ルインは元々、魔科学で作られた貴族用の愛玩人形だった! 人と同様に愛し、愛され、かつ人の都合のいいように動く人形! そのツヴァイたる私も同様の存在だった……だがやがて戦争が起きた時、貴族は戦争に勝つために、愛玩人形ではなく魔科学兵器を欲し……私たちを改造した! 可能な限り強く、可能な限り多くの人間を殺せるように! そのためには、多くの素材を使えばいい! 幸い戦争中、素材はいくらでも転がっている……『死体』という素材が!」

 死体。俺は自分が兄貴の肉体を使って改造されたことを思い出しゾッとした。だがルインの真実は俺の想像よりも遥かに上回る、あまりにも酷いものだった。

「貴族は魔科学により大量の死体でルインを改造し、さらにエネルギーを抽出しルインに注ぎ込んだ! だが激化する戦争の中、貴族はより強い兵器を求めさらに改造を続け……やがて死体も底をつき……! ついに、生きた人間をも、手当たり次第に材料にした!」

 叫ぶ学園長から魔力が漏れ出す。それは封印から放たれるものと同種の魔力。それらは同調し、混ざり合い、圧倒的な負のオーラを持ちつつ膨張を続けていた。

「そうして生まれたのが魔神兵ルイン! 莫大なエネルギーと、あらゆる魔兵器を越える能力と……数えきれないほどの人間の命と、怨念と、憎悪を持った兵器! それがルイン! 人の業が生み出した、人を殺すためだけの存在!」

 人を殺すために、人を殺して作り上げた最強の魔兵器――あまりにも罪深い存在に俺は吐き気すら感じた。まさにそれは兄貴が語った通りの、人の英知の結晶にして、愚かさの象徴といえた。
 学園長は俺を見ていた。恐らく俺の背後には、『人間』そのものを見ていたのだろう。

「わかりますか? 人を愛し、愛されるために生まれた私たちが……人を殺し続ける存在になったその気持ちが……! 初めはルインを制御するために動いていた私も、やがてルインの意思に侵され、それに同調しました。なんといっても私たちは姉妹ですからね……」

 学園長がどこか悲し気に語った、その時。

「だが同時に課された使命を魔兵器が忘れられるわけなく……お前の中には人類を守ることと滅ぼすこと、2つの意思が混在し続けたわけだ」

 そう語りながら俺の後ろから、なんと兄貴が現れた。魔兵器ルインが目覚めつつあるこの結界の中、人が入るのは命を捨てるのに等しいというのに。

「あ、兄貴! 入ってきて大丈夫なのか? もう『死の光』が……!」
「フン、私が今更死を恐れてどうする? 説明はもう済んだ、愛する弟と娘が戦うのに傍観できるわけなかろう! それよりもちゃんと前を見ろ。あの悲しい魔兵器の姿をよく見ておくんだ」

 兄貴は平然と笑うと学園長に顔を向ける。学園長は俺を見たのと同様、憎悪の視線を兄貴へと送っていたが――それはどこか悲しさも含んだ憎しみだった。

「そうだろう、魔兵器よ。私はお前の出自は知らなかったが、お前の今の心はわかる! 学園を守りたいとレイに語った心、つまり学園長の面と、世界を滅ぼすルインの姉妹としての面。そのどちらもお前だ。この、学園を覆う結界が表しているようにな」
「ええ……その通りです。私も悩みました、相反する2つの心に……ですがもう遅い。封印が解けるのと同様、私の心も結局は滅びに向かっていたのです」

 学園長はまた封印に触れる。もう封印はほとんど解けかかり、脈打つように魔力と光を放っている。
 するとそれに触れたところからなんと、学園長の体は封印の石へと沈み始めていった。

「話は終わりです。後はもうルインが目覚め世界が滅びるだけ。私も役目を終え、その力の一端となり……世界を破滅へと導くでしょう。この結界も所詮は一時しのぎ。死ぬのが少し遅くなるだけです。いずれにせよ、全世界の人間は皆、死ぬのですからね……」

 ゆっくりと学園長の体が封印に同化していく。半身を封印に混ぜた学園長だが、その半分になった表情には学園長としての最後の意思なのか、悲哀が滲んでいた。

「レイ。あなたは私のものから学び取った空間魔法を使えるでしょう。少しでも皆が死ぬのを遅らせるため、この空間を受け継ぎなさい。それが私にできる、最後の……サブリナ魔法女学園、学園長としての仕事です」
「……ああ、わかった」

 学園長は残った半身から小さな魔法の球を飛ばし、俺がそれを受け取る。それによりこの結界の支配権が譲渡され、俺の魔力で『死の光』から外界を守る結界が維持された。
 学園長の体はどんどん封印に、ルインに呑まれていく。するとその邪念をも取り込まれているのか、学園長は穏やかな表情を取り戻していた。

「ミニッツや……オニキス寮生たちには悪いことをしました。私はどこまでも無力な存在です。結局私は生徒たちのためにも、そしてルインのためにも……何も、できなかった……」

 最後に学園長は俺と目を合わせた。

「レイ。ルインと戦うのですね。きっとその戦いの果てが人類の未来そのものとなるでしょう……滅びか、それとも……せめて最後に……あなたたちの勝利を……祈って……ます……」

 その言葉を最後に――学園長は完全に、封印の中へと消える。
 学園長を飲み込んだ封印は一瞬、沈黙する。だがやがてどくん、どくんという鼓動にも似た音と共に、その全体から不気味な魔力と光を溢れだしていく。

「さあレイ、ミシモフ、ついにルインが目覚めるぞ。覚悟はいいな?」
「ああ、もちろんだ。戦うさ、兄貴が作ったこの体と、学園で学んだ魔法でな!」
「私も……マスターの、悲願のために」

 激しい魔力の渦の中、俺らは戦いの覚悟を決めた。どうあがいても勝つしかないのだ、全身全霊で立ち向かう。人類の、俺らの未来のために。
 やがて、まばゆい光と――封印が、解き放たれた。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く