魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第19話 ミーシャと友達

「あなた達……魔科学兵器ですね?」

 サブリナ魔法女学園学園長室。謎の編入生オーリィと対峙した学園長はそう言い切った。

「へえ、やっぱ学園長クラスのヒトにはわかっちゃうんだ? すっごーい!」

 それを聞き、ツインテールで露出度の高い改造制服を来た派手な生徒オーリィはケラケラと笑う。学園長は鋭く静かにそれを睨んでいた。

「フ、フ、フ! それとも『逆』かな? すごいから学園長になった……いや、なれた? フフッ」
「何が言いたいのです」
「べっつにー。ただ、手段と目的は大事だよねって話! ねえそれよりさ、『あなた達』ってどこまでのこと言っているの? あたしとミーシャ? それとも他の生徒? それともぉ……?」
「想像にお任せします」

 学園長は立ち上がった。美麗な顔は凛々しく引き締まり、魔力は臨戦態勢として渦巻き始める。オーリィはそれでもニヤニヤ笑っていた。

「『彼女』は……善良な存在です。観察し、揺さぶりをかけてもみましたが、本当に何も知らなかった。故郷という村を調査しその存在も確認しました……改造され、容姿は変わっていたようですがね」
「とーぜんでしょ! レイはいい子だよ、アタシと違ってね!」

 その時だった。
 ふいに、オーリィの体が浮き上がる。瞬間、その四肢がピンと伸び、彼女の全身を大きな立方体が包み込んだ。立方体は、学園長の魔力からできている。さすがにオーリィの顔も歪んだ。

「あ、あれ? 学園長サン、生徒にこんなことしていいのかなあ……?」

 オーリィは腕を動かそうとするがぴくりとも動かない。彼女を包む立方体、それは枷の異空間。学園長の魔法だった。

「私は学園長であると同時に……使命を負う1人の魔術師。穢れ、堕ちることなど怖れません。学園の皆にはバレなければよいのですからね……」

 学園長はそう言ってくすりと笑った。

「さ、特別に招待してあげましょう。私の空間魔法……その真髄、『異空間』へ。そこでは誰にも見られず、また悲鳴も魔力もどこにも届きません。授業ではやらない『魔法拷問術』、ご教授いたしましょう」
「てーねーな口調が逆にコワイってヤツ? でもちょっとやすっぽいよねソレ~」
「まずはあなたの余裕を剥ぐ。次に本性を切り出す。最後に全てをえぐり取る……さ、参りましょうか」

 ゆらり、と学園長は拘束されたオーリィに対し手を差し出す。異質な魔力がそこから溢れだし――両者の姿は、学園長室から消えた。



 昼食を終え、俺らがミーシャを交えて廊下を歩いていた時。
 ふいにミーシャは足を止めた。

「ん? ミーシャ?」
「ミーちゃんどうしたの?」

 ミーシャは黙ったまま上を見ていた。その表情はやっぱり無表情で何も読み取れない。

「いえ、なんでもありません。行きましょう」
「あ、ああ」

 すぐにまたスタスタと歩き出すミーシャ。クールすぎる彼女はある意味究極のマイペースでついていけない時もある。

「レイ。食堂は毎日使えるのですか。休日はどうですか」
「ああ、休日は普段より時間は短いがOKだよ。ていうか大抵の生徒は毎日使ってるしな」
「わかりました。ありがとうございます。レイ、次の時間は生物ですが、どこでやるのですか」
「今日は生物教室。ヘルガフ先生の授業だ」
「わかりました。ありがとうございます」

 歩きながらミーシャと話すが、彼女は不思議と俺とばかり話していた。皆と等しく初対面のはずだが俺だけが不思議に懐かれてしまったらしく、セイナやリルたちもミーシャの教育係は俺ということにして見守っている。もっともミーシャの独特なリズムに慣れると容姿もあって小動物のようなかわいらしさがあり、俺もなんら苦痛ではなかった。

「でもミーシャ、なんでお前そんなに無口なんだ? 友達のオーリィはかなり喋る方だったのに」

 俺は思い切って聞いてみる。するとミーシャは少しだけ顔をうつむきがちにした。

「……そう、育ったから、でしょうか。まだよくわからないのです、自分のことも、他人のことも……」

 ミーシャは具体的には語らなかったが、何かワケありということはその雰囲気で俺らに伝わった。余計なことを聞いてしまった、と俺は思わず口を抑える。
 だがすぐにミーシャはまた元の様子で言った。

「私は親から、学校とは勉強のみを教わる場ではないと聞きました。多くの人間と接し、そこから学ぶ場であるそうですね。これからの皆さんとの生活の中で、私も変わっていくと思います。どうか皆さん、よろしくお願いします」

 ミーシャは改めてといった具合に頭を下げた。本当にいい子だな、と俺らはミーシャの素直さに軽く感動してしまう。

「ああ、俺らこそよろしく」
「色々教えてあげるねー!」
「勉強以外のことなら、なんとかなるかしら」
「ミーちゃんも私たちに教えてね」
「え? 私が、ですか?」
「うん」

 セイナは一歩進み出て、ミーシャの手を取った。

「友達ってそういうものでしょ? どっちか片方だけの一方通行じゃなくて、お互いに教えたり助けたり。ねっ」
「友達……ですか」
「うん!」

 ミーシャはしばらくセイナを見つめていた。表情はほとんど変わらなかったが――困惑しつつも、嫌がっている感じではなかった。

「とりあえず今日の歓迎会、楽しみにね! アクアマリン寮の皆が待ってるよ」
「歓迎会……初めてです。ありがとうございます」

 どうやらミーシャ、かなり閉鎖的な環境で育ってきたようだ。案外どこかの箱入りお嬢様だったりするのかもしれない――その時はそう思い、ただ普通に友人として受け入れていた。
 俺が彼女についての真実を知ったのは、もう少し後のことだった。



 一方その頃のオニキス寮――封印の巨石。
 鎖が何重にも巻かれたその石に触れ、何かを確かめるように観察していたのは、なんとオーリィだった。

「どうかニャ? すっごいでしょ、これ」

 そのオーリィを後ろから見守るのはミア・グリズリーと少数のオニキス寮生徒。
 隠し扉からのみ行ける学園の地下にあるオニキス寮。オーリィは実はミアに案内してもらうことでここまで辿り着いたのだった。ミアを、効果的に騙すことによって。

「でも驚いたニャ、まさか『先生』の正体を編入生が知ってるなんて……先生も人が悪いニャー、最初からオニキス寮に入る予定なら前から言ってくれればいいのに」
「サプラァーイズだよ! そっちの方がいいもんね……」 

 オニキス寮の『先生』が学園長であるという秘密をオーリィは知っていた。オーリィはそれをミアに明かすことで、味方だと信じ込ませてしまったのだ。
 オーリィは封印の石をよく観察する。オニキス寮生からすれば、初めて見る封印に驚いているように見えただろう。

「うん……うん。よし、そろそろいいかな」

 その封印をしっかりと記録し分析したオーリィは、笑った。



 それと同刻。
 学園を囲う森を注意深く観察した者ならば、異様な光景を目にしたことだろう。
 森の中、密かに蠢く同じ顔を無数の人間――その日に編入したはずのオーリィ・ガルゾニスが何人もいる光景を。
 そしてさらに学園の屋上にも1人、オーリィが立っていた。彼女は天を仰ぐ。その日、学園上空には暗雲が広がっていた

「さあて、ちと天気はよろしくないが、ひとつ始めようか! 実験! そして遊戯を!」

 オーリィは笑う。その瞳の奥に宿す秘密を持って――魔兵器少女No.2は、笑っていた。



 俺らが廊下を歩いていると、ミーシャはまた足を止めた。

「……始めるのですね」

 ミーシャは何かを呟いたが、俺らにはよく聞こえなかった。何を言ったのか、彼女に聞こうとした時。
 学園は、襲撃を受けた。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く