魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第18話 編入生は2人組

 俺とミニッツの決闘があった翌日、奇しくも同じ大ホールにて。
 その日は珍しく全校朝会があり、朝から全校生徒が大ホールに集まり並んでいた。朝会とはいえ自由がモットーのサブリナ魔法女学園、寮別に列を作る程度の気楽なものである。パマディーテ教頭だけは厳しい目を学生たちに送っていたが大半の生徒は小声で友達と話している。
 俺もセイナ・シルフィのアクアマリン寮の2人と共に集まり雑談などしていた。話題はこの朝会が開かれた理由についてだった。

「編入生?」
「らしい。シルリアが言っていた、近い内に編入生が来るかもしれない……って」
「それは久しぶりねえ。レイちゃんは特待生だから、正式な人は今季初めてかしら」
「しかし編入で朝会が開かれるもんなのか? 俺の時はなかったんだけど……」
「レイの場合は試験でかなり目立ってたからね、生徒への紹介のために普通はやるんだよ。寮決めもあるし……あっ、来たみたいだよ」

 壇上に学園長が姿を現し、騒いでいた生徒たちが少し静かになる。まだ壇上には学園長1人だ。

「皆さん、おはようございます。実はこの度サブリナ魔法女学園に編入生が入学する次第となりまして、その紹介のために集まっていただきました」

 案の定編入生らしく、わあっと生徒たちが沸き立った。パマディーテ教頭が騒がないように注意をし、なんとか落ち着いてから終始にこにこしていた学園長が切り出す。

「今回編入するのはお2人、お友達同士ということです。事前に筆記試験を受けていただき、非常に高い成績だったため文句なしの入学となりました。仲良くしてあげてくださいね」

 2人! 生徒がまたわっと盛り上がり、俺も舌を巻いた。いったいどんな生徒なんだろうと生徒たちの期待が高まっていく。

「ではお2人とも、こちらへ」

 学園長が促し、ステージ袖からその2人は現れた。
 1人は紫色のセミロングを綺麗に切り揃えた少女。遠目から見ても美少女とわかる整った顔立ちをしていたが表情は妙に硬い。だが緊張しているわけでもないのかスタスタと自然に歩いていた。
 もう片方は見るからに派手な生徒だった。朝会のステージ上であるにも関わらずサングラスを頭に乗せ、髪はショッキングピンクのツインテール。頬にはハートのフェイスペイント、制服も胸元が開いている上にスカートも短く改造されている。生徒たちに対して「いぇーい」と言った具合に手を振っているが、その奇抜な格好にはさすがの生徒たちもやや引き気味だった。
 2人は会長の横に並び、現れた順に自己紹介をした。

「ミーシャ・エフスカヤです。アクアマリン寮に所属することになりました。よろしくお願いいたします」

 淡々と、静かに言葉を連ね頭を下げるミーシャはシルリアを越えるクールっぷりだ。生徒たちからは拍手が上がった。

「はーい、私、オーリィ・ガルゾニスでーす! トパーズ寮になりましたんでー、これからヨロヨロ~っ♪」

 見た目通りのハイテンションな挨拶だったが、トパーズ寮という点に生徒たちがざわめいた。トパーズ寮は知の寮、頭脳に長ける生徒たちが入る寮であり、派手な容姿のオーリィのイメージとはまるで正反対だ。だが思えばこの2人は筆記試験で優秀な成績を収めたと学園長が言っていた。人は見た目によらない、ということなのかもしれない。
 とその時。ふいに、壇上のミーシャと俺の目が合った。なんだか間が悪く、俺はすぐに目を逸らす。だがなぜかミーシャはその後しばらく俺のことをじっと見つめていた。

「皆さん。エフスカヤさん、ガルゾニスさんとも、よろしくお願いいたしますね。ではお2人とも、ありがとうございました」
「はい、ありがとうございました」
「サンキューでぇ~す」

 正反対なミーシャとオーリィの2人は壇上を去った。
 それから朝会は学園長の話や各種連絡などを行いつつがなく終了した。だがその間、俺はなぜかミーシャの視線が引っかかっていたのだった。



 ミーシャは偶然にも俺と同じクラスだった。
 その日の昼休み、ミーシャはクラスの生徒たちに囲まれていた。

「ねえねえミーシャさんはどこの出身なの?」
「編入試験ってどんな感じだった?」
「クラブ活動はいる気はある?」
「ミーちゃんって呼んでもいい?」

 教室の後ろになったミーシャの席に詰めかける女子たち。編入生ということもそうだが、何よりミーシャのその美少女そのものの容姿、また無機質なその言動も女子からすると「お人形さんみたい」と高評価らしかった。
 ただ女子たちの隙間から見えるミーシャはちやほやされても喜ぶことはなく、かといって疎ましがるわけでもなく、やはり淡々と受け流していた。

「レイちゃんも、編入生さんに興味あるのかしら?」

 ミーシャを見ていたらシルフィが聞いてきた。まあな、と頷く。

「独特な子だからな、みんな興味もってる。リルなんてもう食いつかんばかりだ」
「リルちゃんは友達作りが大好きだからねえ。ミーシャちゃんも無口でどうなることかと思ったけど、あの人気っぷりならすぐに馴染めるでしょうね。ノノちゃんもアクアマリン寮で歓迎会の準備してるって」
「お、そうか。じゃあ俺らも授業が終わったら手伝いに……」

 とその時、俺はとんとんと肩を叩かれた。振り返るとそこに置かれていた指が頬にぶにゅっと刺さる。悪戯っぽく笑うリルを俺は不満顔で睨んだ。

「なんだリル、編入生より俺への悪戯が好きか?」
「レイレイ的にはそっちの方が嬉しいのかな? ヤいちゃって~うりうり」
「バカ。で、どうした」
「なんかね、ミーちゃんがこのクラスに特待生がいるって聞いたけど誰なのか、って。いい機会だし挨拶してみたら?」
「んー……そうだな」

 リルに言われ、俺は席を立った。思えば俺らの側から編入生への態度ばかりを考えていたが、ミーシャからすれば魔法女学園の生徒であるこちらを知りたいと思うのが自然だ。ましてや特待生の俺なんか特に目立った生徒である。ただ人形のような彼女が他人に興味を持つというのはいささか意外で――いやさすがにその言い分は失礼か、彼女だって人間だ。
 すでに俺を待ち構えていた女子の群に混ざる形で俺はミーシャの机の前に立った。女子たちは俺とミーシャの成り行きをわくわくして見守っている。

「あなたが、レイ・ヴィーン。特待生」
「ああ」

 ミーシャは俺をじっと見つめる。真っ直ぐに、どこか光のない冷たい目で。見れば見るほどミーシャはきれいな顔をしていた、目は無表情だが大きく、顔のパーツすべてが整然と配置されているようで――別に威圧されてるわけでもないのだがなんとなく無言の圧に耐えられず、俺は思わず目を逸らす。

「改めまして……ミーシャ・エフスカヤです。よろしくお願いします」
「あ、ああ。よろしく」

 俺らは軽い挨拶のあと互いに沈黙してしまい、周りの生徒に「えーそれだけ?」「2人とも奥手すぎー」などとはやしたてられてしまった。


 その後、俺らは親睦も兼ねてシルフィやシルリアも誘いミーシャを昼食をとったりした。ミーシャがパン1つだけで済ませたのは驚いた、曰く「消化機能があまり強くない」らしい。

 話してみると無口で妙に淡々としていたがミーシャは悪い人間ではなさそうだ。その独特なペースも慣れれば楽しい。彼女が俺に興味を持ってくれていることもあり、また友達が増えたこと、俺はひとまず純粋に喜んだのだった。



 一方その頃、学園長室では。

「それでは学園長、先にお昼を失礼いたしますね」
「ええ、ごゆっくり」

 学園長にいつも付き従っているパマディーテ教頭が部屋を出て行った。ふう、とラルプリム学園長は息をつく。

「教頭先生、真面目なのはいいけど、ちょっと肩がこるのよね……」

 まあ本当にこっているわけじゃないんだけど。学園長は書類の整理をしていた手をいったん休めると、ふと思い立ち、引き出しから別の書類を取り出した。
 それは編入手続きの書類。数日前に受理した生徒の素性が書かれている、いわば履歴書のような書類だ。今日正式に編入した2人の顔写真もそこに添えられていた。

「ミーシャ・エフスカヤに……オーリィ・ガルゾニス……か」

 サブリナ魔法女学園は基本的に来るものは拒まない。相応の実力を持っていればどんな素性でも受け入れる――それは封印を守るために優秀な魔法使いが必要という理由もあってのことだ。今回の件でもミーシャとオーリィは受け入れたが、実は2人の素性にはわずかに不審な点があるのだ。また学園長自身2人からは妙なものを感じ取っていた。
 そしてその時。ノックもなく、学園長室の戸が開かれた。

「やっほほほーっ、学園長せんせー」

 噂をすればなんとやら、軽い挨拶をしながらずかずかと部屋に入ってきたのは当のオーリィ・ガルゾニスだった。オーリィは戸を閉めるとまったく悪びれもせずに学園長へと歩み寄ってくる。
 学園長に笑みはなかった。無礼な態度に怒ったのではない。

「ガルゾニスさん……なんのご用でしょうか?」
「べっつにー? ただ、ちょっとせんせーに聞きたいことがあってね。オニキス寮のこと」

 くるくるダンスのような動きをしつつオーリィは学園長の机にもたれかかった。ハートのマークが刻まれた頬はにやにや笑いで歪んでいるが、瞳は笑っていなかった。

「オニキス寮……もうそこまで……いえ、最初から知っていたのですね」
「ん? あ、このほっぺの気になる? これシールなんだー、だから気に入らなかったらぺりぺりーって」

 学園長を翻弄するかのようにオーリィは関係ない頬のハートを剥がした。そしてそれを無意味に逆の頬に張り直し、また笑って学園長を見る。学園長は怒りは見せないが、ただただ警戒を強めていた。

「ね。封印、あとどれくらいで破れそう?」

 オーリィは笑いながら言い放った。学園長は確信した。この生徒、パマディーテ教頭がいなくなったタイミングまで完璧に見計らい――接近してきたのだ。
 学園長は立ち上がった。並の生徒ならすくみ上るような魔力を身にたぎらせてみたが、オーリィはだらーっと机にもたれたまま笑っていた。

「……薄々、感じていたのですが」

 学園長とオーリィの視線が交錯する。そしてラルプリム学園長は言った。

「『あなた達』、魔科学兵器ですね?」

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く