魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第9話 始まった学園生活

 俺がサブリナ魔法学園にやってきた翌日。
 教卓と黒板を半円の中心にするように、曲線を描く長机が並んだサブリナ魔法学園の教室。
 机に向かった大勢の生徒の前、俺は黒髪の女教師と並んで立っていた。

「はい、もう皆さん知ってるかもしれませんけど、改めて。特待生として編入しましたレイ・ヴィーンさんです。皆さん仲良くしてあげてくださいね」
「レイ・ヴィーンです。よろしくお願いします」

 先生に紹介された後に頭を下げる。生徒たちは拍手で迎えてくれた。ちなみにセイナは別のクラスなので、ここからは本当に俺単身での冒険である。

「じゃあヴィーンさん、空いている好きな席に……」
「はいはい先生! あたしとシルフィ、レイちゃんと友達だから、あたしたちの隣に来て欲しいです!」
「あら、さすがリーリエさん。じゃヴィーンさん、あそこの席でいいかしら」
「はい、わかりました」

 大声で手を振った黄色のツインテールの生徒の右隣の席に俺は座った。彼女はリルリーン・リーリエ、セイナの友達で、昨日何度か話したのだ。活発な子らしく、いきなり声を上げても教室の誰も自然に受け入れていた。ちなみに彼女の後ろで俺に微笑みかけた黄緑色でストレートの髪の落ち着いた雰囲気の生徒はシルフィ・ケイオスといってやはりセイナの友人である。

「リルリーンさん達がいてくれてよかった、セイナもいなくて不安だったんだ」
「リルでいいよ、これからよろしくねレイ!」
「わからないことがあったらなんでも聞いてねえ」

 リルリーンとシルフィは優しく俺を迎え入れてくれた。サブリナ魔法女学園で最初の友達ができて俺はほっと息をつく。
 こうして俺の学園生活は始まったのだった。



 やがて授業が始まった。
 最初の授業はこのクラスの担任でもあるメリーシャ先生の物理魔法の授業。

「……というわけで、そのステアリング鉱は真っ直ぐに魔力を飛ばしても簡単には持ち上がりません。各自工夫して持ち上げてみてください」

 生徒たちそれぞれの前に置かれた小石程度の鉱物を教鞭で指し、若いメリーシャ先生が指示を出すと、生徒たちはそれぞれ手を向けて念じ始めた。

「んーっ!? あたし、これ得意なんだけど、なっ……!」

 隣にいるリルリーンが精一杯力を石に魔力を送っているが、石はぴくりとも動いていなかった。シルフィの方も石を動かすのは難しい様子だ。
 俺も石に手を向けて動けと命じてみた。正確には『この石を動かしてみろ』と魔科学兵器の体に命じるのだ。すると俺の手から魔力が放たれ、やはり石は動かない。だがその感触を魔科学兵器は分析して教えてくれる。この鉱石は直線の魔力を反射する性質を持っているので、角度をつけなければ動かせないようだ。

「んっ……」

 俺は意識して魔力を曲げ、斜めから鉱石にアプローチしてみる。すると鉱石はぐんと持ち上がって俺の眼前に浮かび上がったので、思わず笑みがこぼれる。
 浮かび上がった俺の石を見ておおっ、とリルリーンが声を上げ、続いて他の生徒たちからも驚きの声が上がった。メリーシャ先生もそれに気付いてまあと手を叩く。

「さすが特待生ですね、すばらしいわ。皆さんもがんばって……あら」

 ちょうどその時、俺の他にも1人、鉱石を持ち上げた生徒がいた。俺の席からは後姿しか見えなかったが、透明感のある水色の髪をした生徒だった。
 そして俺に見せた驚きとは対照的に、彼女の成功に対する生徒や先生の反応は、「やっぱり」といった感じのものだった。

「シルリアさんもお見事です。さ、他の皆さんもお2人に負けないように持ち上げてみてくださいね」

 シルリアと呼ばれた生徒は先生に褒められても一切反応することはなく、また周りの生徒もそれが当たり前のように振る舞っていた。俺はなんとなくシルリアの後姿を見つめていた。



 別の授業。
 魔科学兵器の体は基本的に万能だが、それですべての授業がこなせるわけではない。
 黒い長髪で右目には眼帯をつけた、俺の試験の相手でもあったドラゴン使いヘルガフ先生の授業。意外にも座学だった。

「……というわけで魔法植物と呼ばれる植物には種子・胞子以外で繁殖するものも多い。どうだ特待生、エグリンの樹がどうやって増えるか知っているか」

 名指しされた俺にクラスの注目が集まった。先の授業での活躍もあり生徒たちは俺にかなり興味を持っているのだが田舎で牧場をしていただけの俺に魔法植物のことなどわかりようもない。隣の2人に助けを求めてみたが、どうやらヘルガフ先生の問いはかなり難易度が高いらしく、2人も首を横に振った。

「わ、わかりません」
「この程度もわからんのか? 特待生よ、お前は魔力と戦闘技能は高いようだが、知識の方はまだまだと見える! 昨日も言ったが慢心せずに学に励むのだぞ」
「は、はい」
「ふむ、ではシルリア! 答えてみろ」

 ヘルガフ先生は手にした教鞭ならぬ本物の鞭を、あのシルリアへと向けた。そしてシルリアはあっさりと答える。

「卵です。エグリンは擬態のため、ドラゴン類のそれに似た卵で次代を残します」
「その通りだ! 他にも魔法植物の中には奇妙な生態を持つものは多く……」

 ヘルガフ先生は当たり前のように授業を続ける。俺は今教えられたことをノートにとりながら、やはりあのシルリアという生徒について考えていた。



 お昼休み。
 大勢の生徒たちでにぎわう共同の食堂で、妙に女子力の高いハーブ定食などをセイナ・リル・シルフィたちと食べている中、俺はシルリアについて聞いてみた。

「ああ、生徒会長のこと? 同じクラスだもんね」
「生徒会長なのか、あの人。たしかにそんな感じだ」
「うん、シルリア・シルヴェスター、トパーズ寮の人だよ。生徒会長としても有能で、成績も常に学園総合トップ」
「でもちょっと取っ付きにくいとこがあってねー……あたし何度か誘ってみたんだけど、つっけんどんに断られちゃった」
「良くも悪くも、真面目な人なのよね。でもレイちゃん、シルリアさんがどうかした?」
「いや、単純に気になっただけ。授業で活躍してたからな」
「おっとレイレイ、早速ライバル発見ですかな? さすが特待生、生徒会長サマに目をつけるとはお目が高い!」
「レイレイって……別にライバルなんて思ってないよ」
「あら、でもあちらはどうなのかしら?」
「え?」

 シルフィは声を落とし、密かに遠くを指差す。その先を見てみるとシルリアが俺の方を見ていた。整った顔立ちの彼女の青色の目は鋭く、俺は一瞬ドキりとする。だが彼女は俺と視線があった直後に目を逸らし、食事の乗ったトレイを手に歩いていった。

「そりゃあ気になるよね、レイは特待生だし、昨日あれだけ活躍したんだもの」
「俺は別にな……」
「まあ一度話してみたら? 案外、秀才同士気が合うしれないわよ」
「どうだろうなあ」

 俺はシルフィの言葉には疑問を呈した。不運で(あるいは幸運で)魔科学兵器の力を手に入れた俺と、純粋に勉強をした優等生のシルリア。どうも相容れそうにはなかった。



 食事の後、俺は1人生物教室に向かっていた。実は前の授業の時に忘れ物をしていたことに気付き、セイナたちには先に次の授業に向かうよう言って取りに来たのだ。
 1人で廊下を歩いていると、すれ違ったり教室の中から覗いたりする生徒が俺に注目しているのがよくわかる。特待生が気になるのだろう。たくさんの女子に熱いまなざしを浮けるのはまんざらでもない俺だが、事情が事情なので罪悪感もあったりなかったり。
 そんな俺に視線を浴びせ続ける生徒たちだったが、校舎の隅にある生物教室に向かうにつれだんだんと人影はなくなっていき、生物教室に着くころにはまったく声も気配もなくなっていた。俺は安心して生物教室の木戸を開き中に入ろうとする。

「……ん?」

 だがその時。俺の勘か兵器の機能か、妙な気配を感じとった俺は、戸を開ける前にそこに耳を押し付けた。そして魔科学兵器の卓越した聴覚で中の音を盗み聞きする。静まり返った校舎の外れ、この時間誰もいないはずの教室から、複数の生徒の話し声がした。

『何度も言っているでしょう。あなたたちには協力しないと』

 ひとつはシルリアの声だ。冷たく、何かを拒否している。そして残りは。

『おーやおや、あいかわらず冷たいにゃあ』
『でもその態度がいつまで続くかニャア?』

 学園の闇――前に俺を闇討ちした猫姉妹、メアとミアの声だった。
 俺はバレないよう息を殺しながら、ガラス戸から中の様子を伺う。どうもシルリアにとって、よからぬことが起こっているようだった。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く