魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~

八木山蒼

第8話 お風呂回

 不可抗力である。

 とにかく、不可抗力である。

 だからいいのだ。仕方がないのだ。

 魔法女学園の浴場に、男の俺が混ざっているのも。

「レイ、入らないと風邪引くよ?」

 セイナの声で現実逃避していた俺は現実に引き戻される。目を開けた先にあるのは天国。
 大理石で作られた広い広い大浴場、そこでは大勢の女生徒たちが談笑しながら入浴していた。
 そう、俺は寮の浴場にやってきていたのだ。ある意味当然だがサブリナ魔法女学園に男湯などない。髪を濡らさないようにまとめた俺はタオル1枚だけを身にまとい、その女だけの空間で呆然と立ち尽くしていた。

「わ、わかった。わかってるって」

 葛藤の後に脱衣場で服を脱いで浴場に踏み込んだ今でさえ俺はためらいがあった。もちろん俺も男だ、女湯という夢の空間に踏み入ることに幸福を感じないでもない。だが実際に直面してみると申し訳ないやらバレた時が怖いやらで直視できないでいた。

 しかしながら今日はドラゴン退治にスライム騒動と暴れまわり体が汚れており、魔科学兵器の体には自動洗浄機能もあったが、あれだけ暴れて入浴しないのでは他の生徒から怪しまれるだろうとセイナも言っていた。今後も続く学園生活のことを考えると、これは避けては通れない試練なのだ。

「不可抗力……不可抗力……」

 セイナに付き添われ、ぶつぶつ言いながら俺は浴槽へと向かっていく。極力下を見るようにしたが、それでも自分の胸が目に入るので、結局半目で歩くという謎の行動に出てしまった。
 だがその時。

「すきありっ!」

 見知らぬ声が聞こえたかと思うと、俺はいきなり、背後から胸を鷲づかみにされた。

「ひゃあっ!?」

 あまりにも突然のことで、俺はまるで女子のような声を出してしまった。思わず口を抑えた俺は、今出した声と胸を揉まれているという事実を混乱しつつ認識し、恥ずかしさで動けなくなる。
 そんな俺の様子など気にも留めず、背後の女子は俺の胸を揉みしだいていた。

「んーっ、ナイスコンタクト……B……いや、Cあるな……」
「あっ、や、やめ……んんっ」
「へえ、Cあるんだぁ」

 セイナも止めてくれず、胸を揉まれる俺のことを横からじっと見つめていた。なぜか彼女まで楽しそうだった。

「っと、ファーストコンタクトでやり過ぎてもアレだよね」

 謎めいた言葉をはきつつ謎の乳揉み魔は俺から離れる。俺は自分の胸を抑え顔を真っ赤にしながら振り返った。そこには手を明らかになにか揉む形に構えた、黄色の髪の女子が満足げな笑みで立っていた。

「新入りさん、グッドコンタクト! あたしはビルカ・ハラミー! 気軽にビルカちゃんって呼んでね! これからもいいコンタクト期待してるよっ!」

 セクハラ女ビルカはそのままうきうきと去っていった。だが直後、折檻役と思しき別の女生徒に頭をはたかれ、浴槽に叩きこまれていたが。

「セ、セイナ! な、なんなんだ、あれは」
「ビルカちゃんは女の子のお山が大好きなんだって。あたしも何度やられたことか……」
「なんで止めてくれなかったんだ! 俺はもう死ぬかと思った……」
「だってレイ、かわいかったから……」

 セイナはなぜかビルカ以上に満足げな顔でほくほくと笑っていた。こういう奴だっただろうか? 俺は首を傾げた。
 しかしこの出来事で俺の緊張もうやむやになり、結果的にはビルカの助けがあって、俺は浴場に入っていけたのだった。



「へーっ、じゃあセイナとレイはずっと昔からの幼馴染なんだ!」
「うん、昔からお風呂もいっしょに入ってたんだ」
「あらあ、仲がいいのねえ」
「ま、まあ、な」

 浴槽に肩までつかり、セイナと共に隣に並んだ寮生たちと会話する。話しているのは今日廊下ですれ違ったセイナの友人だったが、まさか裸で再会するとは思わなかった。

「レイは今日すごかったよな! ヘルガフ先生のドラゴンをばーってやってドーンってやっていぇーいって!」
「おみそれするわあ。でもなんでそんなに強いのに、セイナちゃんといっしょにここに入らなかったのかしら」
「あ、それは、その……」
「レイの家はお金がなくて、学校にはいけないと思ってたの。特待生のシステムを知ったのはこっちに来てからだったからね」
「なるほどねえ」

 緊張でしどろもどろになりがちな俺をセイナは見事にフォローしてくれる。さっきは乳を揉まれる俺を静観していたというのに現金な奴である。
 その後、2人は先に体を洗うと言って離れていき、俺はやっと息をつけた。

「はあ。絶対にバレないとはわかってるんだが、やっぱり緊張するな……」
「シルフィちゃんに至っては何も隠してないからねえ」
「セイナはいいのか、俺みたいなのに友達をさらして」
「事情が事情だし。大丈夫、いざって時は私もレイと一緒に罰を受けるよ。たぶん一部の過激な子以外は許してくれるだろうし、過激な子も半殺しでなんとか……あるいは手足の一本……」
「物騒すぎる」

 俺らは冗談交じりで話していたが、その時ふと、セイナは表情に影を落とした。そして他の生徒に聞こえないよう俺に体を近づける。セイナの肌が俺の肌と触れ合い、こいつこんなに成長していたんだなといつの間にか成熟した幼馴染に俺は戸惑いつつも嬉しく思い――などという思考は、セイナの問いかけたことに一瞬で吹き飛んでしまった。

「ねえレイ。思ったんだけどさ、レイって元の体に戻れるのかな?」
「え?」
「もしもみんなにバレるとしたら、って考えてみたんだよ。たぶん今の体の内はバレることはないと思うから、みんなにバレるならレイが元の体に戻って、男だってバレた時のはず。だけどふと思ったの。本当に元に戻れるのかな、って」
「それは……」

 俺は言葉に詰まった。それは心のどこかで気にしていたが深く考えていなかったこと、いや考えようとせず逃げていたことだった。
 浴槽の水面に移る魔科学兵器の少女の姿。俺の本当の顔とは似ても似つかない美少女の顔、細い手足、胸、そして――。どこにも俺の面影のない体には、さらに魔科学兵器の未知の能力がこれでもかと詰められている。いったい人間の体をどう改造すればこれが出来上がるのか俺には想像もできない。そしてその逆――この体をどうすれば、元の俺に戻れるのかも。

 俺は永遠に戻れないんじゃあないか。

 その疑問に、俺は改めて直面した。

「ま、考えても仕方ないさ。いざとなったらあの兄貴をとっ捕まえて、ぶん殴ってでも戻させてやる」
「そうだね! 私も本で調べたりしてみるから、絶対に戻ろうねっ!」

 唐突にセイナは立ち上がり、大きな声で言ったので浴場の視線が彼女に集まる。慌ててセイナはごまかして恥ずかしそうに浴槽に沈んでいった。いつになく熱意のある声だったので俺も少し面食らった。セイナの奴、そんなに俺を戻したいのだろうか? まあ協力してくれるのはありがたいことだが……
 ともあれ、元に戻ることを考えるより先にこの学園に慣れなくてはと俺は思っていた。遠い未来のことより次の一日、俺はそれをクリアしていかなきゃならない。まずは未だに俺のことをじっと見つめて狙っている、セクハラビルカのことをなんとかしなければならないようだった。



 セイナは思っていた。一生ずっとレイが女の子のままなんて嫌だ、と。
 今のレイはたしかにかわいい。レイだと思えば女の子でもいけなくはないセイナである。だがやっぱり恋愛の先の結婚やら何やらを考えると、魔科学兵器の体のままではあんまりだ。だからレイは絶対にもとに戻さなくちゃならない。
 ……そうでもなければ、ど田舎育ったために異性の友人といえば老人ばかりで、出会いのない女学園で青春を送るセイナには、百合色の未来しか待っていないのだ。
 当事者のレイとは別の意味で切実な事態のセイナ・セントールは、浴槽の中、やたらときれいな幼馴染の女体に決意を固めるのだった。

「魔法兵器にされたので女学園に入ります ~俺は最強の魔兵器少女~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く