話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される

わんた

27話

 恋愛コラムは、世界中の女性に読まれた。多くの人に興味を持ってもらえたけど……それだけだ。

 男性がコラムを書いて世界中に発信する。この世界にとっては新しい一歩かもしれないけど、僕にはどうしても物足りないし、少しだけ焦りも感じている。

 この世界に生まれ変わって、社会につぶされそうになった女性を見てきた。
 身の程知らずかもしれないけど、そういった彼女たちを助けてあげたい。

 競争に疲れた女性に一時の気晴らしを。

 やはり 一方的に情報を発信する 恋愛コラムでだけでは足りないだろう。セキュリティの問題もあるし仕方がないかもしれないけど、アイドルと言うのであればファンとの交流は欠かせないし、実現させたい。

 要望で多かった「僕に会いたい、もっと知りたい系」。一度は不採用としてゴミ箱に入れたけど、女性の強い願望だというのには間違いない。完全に叶えてあげることは出来ないけど、もう少し歩み寄れるんじゃないかな?

 予想以上の反響に興奮が冷めやらぬ中、僕はベッドの中でそんなことを考えながら眠りについた。

 寝る前に考えことをしていたせいか、目覚まし時計を止めても頭はボーっとしたままだ。
 朝食を作ろうとして1階に降りると、楓さんがソファーで読書していた。カバーが付いているから本の内容は分からないけど、ニヤつきながら読んでいるから恋愛系なのかな? ジーっと見つめていたせいか僕の視線に気が付いた楓さんが、本から目を話して僕の方に顔を向けた。

「ユキトさん。おはようございます」
「楓さんもおはよう。その本は当たりだったの?」
「あ、これですか」

 楓さんは恥ずかしそうに持っている本を見る。
 あれ? これって触れたらいけない内容だったのかな!? 朝から失敗しちゃったかもしれない……。

「ごめん。今の質問忘れて」
「あ、いえ、違うんです! 人に話せないような本じゃないですよ!」
「そうなの? 聞いても大丈夫?」
「はい。私が読んでいた本は……男女の人数が平等の世界に迷い込んだ女性の人生を描いたお話なんです」

 僕のいた世界ではやや男性の方が余り気味だったけど、この世界よりかは男女の数は同数に近い。もっと気軽に外で遊べたし、道を歩くだけで警戒しなくても済んだ。そんなことを思い出していると前世の事が懐かしくなる。

 なんとなく気持ちが落ち気味になった僕は、朝食の用意を後回しにして楓さんに本の内容を聞いてみることにした。

「どんなお話なの?」
「え?  男性が聞いても面白くないと思います……それでも興味あります?」
「うん!」

 僕はそう言うと、楓さんの隣に座って話してくれるのをじっと待つ。

「きっぱり断言されると話すしかありませんね。拙い説明になるかもしれませんが、お聞きください」

 楓さんは小さくため息を吐いてから、ゆっくりと説明を始めた。

 特にこれといった才能も持たず、男性と付き合うどころか話したことのない女性は、出世競争に負けて会社を追われ退職してしまう。さらに難病にかかってしまい、まさに失意のどん底で死んでしまった。彼女は死ぬ間際「次の人生では私を見下した奴らを見返せるような人生を送りたい」と願ったそうだ。

 彼女が唯一、普通の人と違った点は最後の願いが叶ったことだろう。

 男女の数が平等の世界に転生。しかも美人として生まれた彼女は数多くの男性から言い寄られ、女性からは頼られる存在として確固たる地位を作った。さらにその勢いはとどまるころなく、ついにはアイドルとしてデビューすることになったようだ。

 世界が変わっても、こういった話は創られて人気が出るんだ……ん? アイドル?

「アイドルとしてデビューするって、いきなりテレビに出たの?」
「違うんです! 彼女は前世で下積みの大切さを理解していたので、最初は地下アイドルとしてファンを増やしていったんです!」
「地下……アイドル……」

 前世の地下アイドルと言えば、ファンとの距離が近いことで有名だった。小さなライブ会場で歌い、ファンの声援に応えながら活動を続ける。僕が昨日の夜、考えていた形に一番近い。だからと言って女性の前で歌うわけにはいかないし、顔出を出して動画配信するのも少しリスクがある。この問題を解決するにはどうすれば……。

「ユキトさん?」

 急に黙り考え込んだ僕を心配した楓さんが、心配そうな顔をして声をかけてくれた。

「あ、ごめん。ちょっと考え事してたんだ」
「私の話は分かりにくかったのでしょうか?」
「そうじゃないんだ! 楓さんは何も悪くないよ! ただちょっと、彼女はその後どうなったのかなってね」

 僕の悩みを楓さんに話しても迷惑をかけてしまうだけだ。そう思って、地下アイドルになった彼女の続きを聞いてみることにした。

「その後は順調に進み、最後は野外で盛大なライブをしました。CGを使った豪華な演出でファンを魅了したそうです」

 CG? そうか! CGという手があったか!!

「ありがとう! 悩みが解決しそうだ!」
「ど、どうもいたしまして? 私、ユキトさんのお役に立てたんですか?」
「もちろんだよ!」

 僕は思わず楓さんに抱きついてしまった。
 タイミングよくリビングに来た彩瀬さんが「羨ましい!」って声が聞こえるけど、今だけは気にしない。新しい道を切り開くきっかけを与えてくれ、楓さんへのお礼なんだから。

 顔を真っ赤にして固まっている楓さんを離すと、急いで朝食を作り部屋に戻る。
 ノートを開いて忘れる前に思いついたことを一気に書き起こす。

「世界中の女性と話したいからネット配信。ファンと交流するために、週一回の頻度で生放送も必要だね。顔は出せないから3DCGのアバターを使って、動きはモーションキャプチャーかな? ここは技術に詳しい人にアドバイスをもらいたいところだね……。後で皆に相談してみるか」

 この世界は男女比が偏っているだけで、文明レベルは劣るどころか少し上だ。前世にあったシステムはこの世界でも当然ある。例えば動画サイトやチャット機能。生放送している人への投げ銭。そしてアバターを使った映像配信だ。

 どの家庭もVR環境は整っているので、現実世界に疲れた女性が仮想空間に入り浸る話も珍しくはない。その逆に、現実世界で暴れまわる人もいるけどね…….。

 とにかく環境は整っているんだ、あとは僕がやると決まれば全てが動き出すはず。皆に相談してアイデアを固めて母さんに相談かな。生放送で女性と交流して、コラムでプライベートのちょっとした出来事をつづる。なんだかできそうな気がしてきた。

 ノートにまとめ終わると、通学バッグに押し込めて楓さんと彩瀬さんと一緒に家を出る。授業中もずっと映像配信の事で頭がいっぱいで、内容は入ってこなかった。そんな僕は、昼休みになると飯島さんも誘って食堂の個室に直行。みんなに相談した。

 3人から反対意見は出なかったし、

「私、将来のために映像の勉強をしていました。3DCG、配信に必要な技術は一通り学んでいます。手伝わせてください!」

 と、すぐに働けるようにと学んでいた技術が僕の役に立つということで、特に飯島さんが積極的に賛成してくれた。

 モデリングから、僕の動きに合わせてCGを動かすモーションキャプチャーの使い方まで分かるそうだ。詳しい話はよく分からないけど、機材の購入問題さえクリアすれば、僕の考えは実現できそうだ。

「みんなありがとう。家に帰ったら 母さんと絵美さん に相談してみる。きっと説得してみせるから!」

 こうして恋愛コラムから始まったネットアイドル事業は、僕の想像を超える以上のスピードで新展開を迎えることになった。

「男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く