男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される

わんた

13話

 3日後の5月16日土曜日。試験の日がついにきた。

 母さんからは「気にいる物」としか指定されていなかったけど、カードケースのデザインで勝負してもらう予定だ。ただ、試験の裏目的である「二人が仲良くなる」ことはほぼ達成されているのだし、勝負にこだわる必要があるのだろうか? 前日に、思い切ってそんな疑問をぶつけると、「それはそれ、これはこれ」と言われ、二人とも勝負することにこだわっていた。ご褒美を狙っているのか、はたまた勝負が好きなだけなのか判断に迷うところだけど、試験を受けることには変わりない。

「シートベルトは、ちゃんと締めてくださいね」

 そう言うと楓さんは返事を待たずにエンジンの始動ボタンを押し、カーナビが立ち上がってから目的地を入力し始めた。

 目的地さえ入力してしまえば、自動で目的地まで移動してくれる。この完全自動運転の機能は長らく、「自動運転で事故が発生したら誰が責任を取るのか?」といった、責任の問題や法律の問題で見送られていたけど、法律・保険・道路の環境まで一気に整備が進み、ここ1〜2年で一気に普及した。

 その結果、マニュアル・オートに続き、「自動運転限定免許」が登場し、免許取得の難易度と費用が下がったため、免許を取る人のほとんどが自動運転限定免許を取得している。機械が運転を完全にコントロールしているので、車は規則正しく動き、無理な車線変更や信号無視といった危険運転が消え、交通事故の発生数も自動運転導入前と比べて格段に下がっている。

 絵美さんのように自動車の運転に自信のある人だけが、自分で操作して運転している状況だ。

「それでは出発します」

 出発の合図と同時にカーナビの操作パネルの運転開始ボタンをタップすると、静かに車が動き出した。

「今日が楽しみで、なかなか寝れなかったよ!」

「今日は護衛も兼ねているのですから、気を抜かないでください」

「はーい」

 まだ出会って1週間ちょっとしか経っていないのに二人のやりとりは、かけがえのない日常になりつつある。二人のためにハーレムを作り関係が深まる。それはきっと素晴らしい生活が待っているのだろう。そして、その生活に慣れてしまい日々の生活が色あせてしまったとき、同じことを繰り返してしまうのではないかと不安を感じられずにはいられない。

 こんな心情がバレたら「甘ったれるな」と怒られるかもしれない、もしかしたら呆れて離れていくかもしれない。自分でも病的なほど臆病だなと自己嫌悪に駆られてしまうが、それでもこの考えから逃げ出すことができない。死んで生まれ変わったからこそ、どうしようもなく臆病になってしまう。

 そんな僕でも、今の関係を壊したくないので、臆病になった心情を二人には感じさせないように、この試験を楽しんでいるような雰囲気を作り出すことにした。

「これからどうするの? 二人が、どんなカードケースを選んでくれるか楽しみだよ」

「これからの予定を改めて確認しますね。車を降りてからセンター街に入り、少し奥にある《レフト》でカードケースを購入。そのあと、近くにあるファッションビルの《パンコ》で水着を購入します。センター街には人が多いのでナンパされることが予想されますが、街頭監視カメラが設置してあるため襲われにくいので、この場所を通ります」

「移動中は、手をつなぐんだよね?」

「そうです。周りにアピールする必要がありますから」

「ラッキー! 役得ってやつだね!」

 一緒に後部座席に座っていた絵美さんが、指と指を絡めて僕と手をつないできた。驚いて彼女の顔を見つめると、目があうだけで何も言ってこない。ここで手を振り払うほど無粋な人間ではないので、手をしっかり握り返すことにした


「……」

 手をつないだのは何年ぶりだろうか。お互いの肌が接し、温め合う行為が、つながっているという安心感が、心をドキドキさせる。心臓の鼓動が早くなるのを感じる。

「……」

 人間は欲深いもので、さっきまで手をつなぐだけで満足だったのに、今はは物足りない。少しだけ手を開いたり閉じたりして相手とつながっている感触を、より強く楽しむ。

「……」

 ふと、誰かに見られている感じがしたので前を向くと、バックミラー越しに楓さんと目があった。怒っていたり悲しんでいたりしたらフォローする言葉が浮かんだかもしれないけど、鏡に映る表情は「無」だった。言葉が見つからない。視線から逃げるため、目をつぶり、手が繋がっている感触に集中し、その状態のまま目的地の道玄坂に着くのを待つことにする。二人を平等に扱えなくてゴメンね。



「渋滞してくれれば良かったのにー!」

「もっと早く着いて欲しかった」

 それぞれ正反対な感想を口にしながら道玄坂を下って、センター街へ向かって歩いている。左手には彩瀬さん、右手には楓さんと手をつないで歩いている。

 5月も中旬になり天気も良く晴天だ。手に汗をかかないか心配でしかたがないけど、それ以上に両手に花状況を楽しめている。彼女たちとの会話が楽しい。二人はどうだろう? 僕と同じように楽しんでくれているだろうか、それとも護衛に忙しく、この状況を楽しむ余裕はないのだろうか? できれば、僕と同じように楽しんでもらえると嬉しい。

 それから数分歩き、スクランブル交差点の近くにあるセンター街の入り口に到着した。センター街と書かれているアーチを眺めてみると、頂上に監視カメラを見つけることができた。楓さんが言っていた街頭監視カメラだろう。犯罪を未然に防ぐ抑止力として、役割を果たしてくれることを期待しているよ!

「すみません〜。そこの三人組、ちょっとお時間もらえますか?」

 少し間の抜けたような声が聞こえたと思って振り返ると、首から一眼レフカメラを下げ、軽いウェーブのかかったセミロングの髪が特徴的な女性が視界に入った。ジーンズにTシャツ、靴はスニーカーといった動きやすさ重視の格好をしている。

「誰だろう?」と疑問に思った瞬間に二人が手を離し、楓さんは僕の前に立ち、彩瀬さんは周囲を見渡すように、せわしなく視線を動かしている。

「私は街で見かけた美人を紹介するウェブメディアを運用しているもので、決して怪しいものではないんです! ほら、このサイトです。見たことありませんか?」

 慌てたように、肩にかけているバッグからスマートフォンを取り出し、画面を僕たちの方に向けてサイトを紹介し始めた。

「このサイトは有名なので知っています。あなたがこのサイトの関係者だと証明するモノはりますか?」

「ありますよ〜。写真付きの社員証と名刺です。サイトにもライターとして顔が載っていますよ。あ、このページです」

 恐らく同じ質問を何度もされたことがあるのだろう。バッグから社員証と名刺を取り出し、スマートフォンを操作してライターページを表示。素早く関係者だと分かる情報を提示した。

「確かに。関係者のように思えますね。ミカさん」

「はい。ライターのミカです。信じてもらえたようで安心しました〜」

 楓さんの緊張が少し解けたのがわかったのか、本当に安心したようで、強張った顔から笑顔に変わっている。彼女たちが話している間に、自分のスマートフォンを取り出して先ほど見せてもらったサイトを確認してみたけど、「目指せ!男性との夢の生活♡美容テクニック特集♪」といった、かなり煽ったタイトルが目立つ。記事を読んでみると色々なサイトから情報を集めてまとめているようだ。使っている化粧品は、ちゃんと紹介しているけど、肝心の美容テクニックについては、写真しかないので実際に真似してみようと思うと情報が足りないような気がする。

「彩瀬さん。このサイトって本当に人気なんですか?」

「毎日見ているよ!」

 身近なところに読者が! 本当に人気なのかもしれない。男性には使えないと思っても、女性には人気といった話はよくある。

「記事を読んでメイクをしたり、服を買ったりするの?」

「写真だけ見て流行りをチェックするぐらい。文字読むの面倒だから。あとは……たまに記事で見かけた服を買うのと、気に入った画像があったら保存して、服を買うとときの参考にするぐらいかな」

 本が好きな僕には、文字を読むのが面倒という発想がなかった。テキストは読み飛ばされるから少なめにして、その代わりオシャレな写真をたくさん使う。文字を読まない人をターゲットにするのであれば、たしかに合理的な判断だ。

「で、どうでしょうか? 写真を撮っても良いですか?」

 彩瀬さんと会話している間に話が進んでいたようだ。楓さんは、僕の方を見るだけで口を出さない。僕に決めてほしそうに見ている。

「《今日の写真》コーナーに三人の画像を載せるだけなんです」

「うーん」

「私は賛成だよ! ユキトが有名になれば、男性ランクが上がる可能性があるから!」

「そうですね。ユキトならもう一つ上を狙えるはずです」

 確かに彼女たちの言い分はわかる。男性ランクは、《ランクの高い男を手に入れた》という、女性の満足度を分かりやすく満たすために使えるからだ。去年の検査結果を見る限り、僕は、権力と名声が上がればランクアップも不可能ではない。

 僕のランクである3は全体の約10%程度と言われ、ランク2になれる男性は0.5%と思われている。ランクが上がれば彼女たちだけではなく、育ての親である母さんや絵美さんも社会的な評価は確実に上がるだろう。しかも、評価の上がりかたは《ものすごい》といった言葉しか思い浮かばないほど、大きなものだ。僕に関わってくれた人たちに恩を返すと思えば、写真の一枚や二枚、安いものだろう。

「わかりました。撮影してください」

「ダメ……って、良いんですか〜?」

 断られると思っていたのか、目を丸くして動きが止まっている。だが、それも一瞬のことで、すぐさまカメラを構え出してポーズの指示を出してきた。

「そうです。少しアゴを引いてください。良いですね! あとは、彼女たちと腕を組んでください。そうです! はい、笑って! はい、オッケーです。ありがとうございました。カメラの写真データがスマホに転送されるまで、ちょっと待っててくださいね」

 言われるがままにポーズをとっていたら、いつの間にか撮影が終わってしまった。時間がないのか、撮影が終わるまで1分もかかってないだろう。撮影が終わるとすぐにはスマートフォンを取り出し、画面をタップして何か操作をしている。その場で、1分程度待っていると操作が終わったらしく、《今日の写真》コーナーに、腕を組んで笑っている僕たちの写真が表示されていた。

「ありがとうございます。いい写真が撮れました。私の名刺を渡しておくので、また掲載してほしくなったら連絡してください。電話一本で、どこからでも駆けつけます〜」

 そういって楓さんに名刺を渡してから、くるっと180度に回ってから歩き出し、足早に僕たちから離れていく。

「それじゃ、僕たちも行こうか」

 そう言って僕たちも歩き出そうとすると、別の女性から声がかかる。

「ねーねー。そこの可愛い子。撮影してもらうほど暇でしょ? 私と……」

「ちょっとアンタ。私が声をかけようとしたのよ。邪魔しないで!」

 ナンパされたと思ったら、最初に話しかけた清楚そうな黒髮の女性と、茶髪で優しそうな女性が口論し出した。周りをよく見ると、5〜6人の女性に囲まれていている。ミカさんは、この状況を把握していたので早めに去ってらしい。

 ジリジリと接近してきた女性たちを、楓さんと彩瀬さんが押し返そうと前に出るが、相手の人数が多いので苦労しているようだ。このような緊張状態が数分続いている。このままだと周囲の人が増えて危ない。そう感じたときに、ズボンが引っ張られるような感覚があったので下を向くと、いつの間にか一人の少女が僕の近くにまできていた。

「お兄さん。このままだと危ないよ。怖いお姉さんに襲われる前にこっちに行こう」

 無邪気といった表現が似合うほど、穢れなのない笑顔を僕に向けて、少女が僕に向かって手を伸ばしている。手を取ってくれるのを待っているようだ。何の疑いもなく、手を握ろうと手を伸ばすと、少女の手が「パシッ」と叩かれてしまい、驚いたように手を引っ込めてしまった。

 手を叩いた先を見つめると、楓さんが少女を睨みつけるように見つめていた。

「小さいからといって、気を抜いたらダメです。小さい子を使って警戒心をゆるめ、逃げられない場所に誘導するナンパ……いや、誘拐です」

 そういって楓さんが視線を遠くに向け、僕も追うように視線の先を見つめると、一人の女性が立ち去っていく姿が見えた。

「チッ」

 舌打ちが聞こえたので下を見ると、僕の近くにいた少女はどこにもいなかった。楓さんの正しさを裏付けるような行動に、身体中の血の気が一気に引いていくような感覚に襲わられる。他の国と比べても治安が良いと言われる日本でもこれだ。アメリカやイギリスで出歩こうと考えなくてよかった。

 ……いや、安心するのは早いか。まだ、女性に囲まれたままだ。駅前にある交番に駆け込んでもいいけど、そうすると買い物ができなくなり、試験に不合格となってしまう。そうすると残された手段は一つで、走って逃げるしかない。

 そう思って二人を見つめると同じ思いだったらしく、軽く頷いてから彩瀬さんが先頭になって周りの女性を押し退け、楓さんが僕を脇に抱えて空いた空間を一気に走り抜ける。

 何人か手を伸ばしてきたけど、走るスピードのほうが早いようで手が空を切った。後ろ向きに抱えられている僕には、鬼の形相で迫ってくる彼女たちが良く見える。下手なホラー映画より怖い。

 結局、彼女たちを巻くことができたのは、センター街を通り抜けて細い道をあてもなく走っていた時だった。

「もう大丈夫だよ。誰もいない」

 楓さんに優しく降ろしてもらうと、走り疲れたようで二人とも座り込んでしまった。近くに自動販売機がおいてあったので、スポーツドリンクを買ってから二人に渡し、息が整うまで待つことにした。

「ハァハァ」と、二人の息遣いだけが聞こえる。

 立ち止まっただけで、女性に囲まれるとは思わなかった。しかも、少女を使った誘拐までされかけた。ライターのミカさんもグルだったのではないかと思うほど、一連の流れは完璧だったと思う。少しでも判断を誤っていたら……何が起こるのか想像したくもない。

 ちょっとしたきっかけで理性が吹き飛び、本能に突き動かされて男性を襲う女性は、不発弾みたいなものだ。誰が、そんな物騒なモノの近くにいたいと思う? 街中で男性をほとんど見かけないわけだ。

「あそこで立ち止まったのは失敗でしたね」

 あれこれ考えている間に息が整ったようで、二人とも立ち上がり、さっきまでの状況を振り返っている。

「他人のこと言えないけどさぁ、普通、あそこまで迫ってくる? おかしいよ!」

「人が少ない上に、撮影で目立ってたからでしょう。あとは、ユキトの見た目も良いですから。他の男性より引き付ける力は強いのだと思います」

「確かに。レア中のレアだからね。スマホゲームじゃないけど、ユキトは見た目からして星5って雰囲気だもんね」

「そうですね。小ちゃくて可愛い。まさに、母性本能をくすぐるために生まれてきたような人です。私なら星6にします」

「後出しでズルい! 私も星6にする!」

 真面目な話をしていたのに、最後は非常にくだらない争いになってしまった。トラブルがあったばかりなのに、頼もしいと思えば良いのか、能天気だと落胆すれば良いのか悩ましいところだ。

「元気になったようだし、《レフト》に行こうか」

 そんな風に考えながら、二人の背中を押して当初の目的である《レフト》に向かうことにした。

「男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く