話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス《農民》の俺最強

sterl

まだ店を建てるときではない

 淡々とジジイの機嫌を取りながら種を撒くこと30分。

「うむ、それで終わりじゃな」

『 農作業に従事せよ2 をクリアしました』
『クエスト報酬を手に入れました』

 マジかよ。本当にこれでいいのかよ。

「それじゃ、俺は帰ってもいいよな?帰るっつってもすぐそこだけど」

「もちろんじゃ。それじゃあの」

 その言葉を聞き、俺は脱兎の如く駆け出す。オンボロ小屋に突撃し、木の固さを感じられるボロボロなベッドにダイビング!

「いでぇっ、バカか俺は」

 ふー、でもこれでジジイから今日は解放されるのか。

 さて、店を建てるか。……どうやるんだ?
 店なんだから少なくとも屋根は欲しいよな。レジと棚と商品だけある露店なんておかしい。だけど屋根のあるこの小屋と隣の倉庫は通りに面してない。この無駄に広い空き地を有効利用したいよな。店舗部分は空き地の3分の1ぐらいの大きさにしたいから、通りに面するようにして3分の1に仮設でもいいから屋根が欲しい。理想は、3分の1が店で3分の2が畑だ。

 ……理想ばっかり考えてたけど、これって他の生産職のプレイヤーに頼まないと店すら建てられないんじゃないか?

「オゥ、そんなことって」

  これは大工のプレイヤーとか探すしかないか。

「クラス《農民》の俺最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く