話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス《農民》の俺最強

sterl

ムチとムチ

 農作業に従事せよって、1だけじゃなく2もあったのかよ。やだなー、やりたくないなー。……これって破棄できるクエストなのか?一応説明だけでも見ておくか。

――――――――――
農作業に従事せよ2

適正レベル 1以上
人数 1人まで
条件 農民であること

達成条件
農夫の老人の下で働く

報酬
キャベツの種 100個
トマトの種 100個
ネギの種 100個
――――――――――

 んんー?報酬が種三種だとぉ。ぐっ、ムチに打たれてでも種を取るか?現時点で種の種類を増やせるのはかなり重要だぞ。これ以外の種の入手方も不明。さあ俺、どうする?


 パシィィッ

「ひっ」

「はようせんか」

 ムチの音が聞こえたと思ったらムチを右手に携えたシジイが柵のあった場所に立っていた。……待て、俺の空き地とジジイの畑の間にあった柵はどうした。もしかしてこれから俺はこのジジイと関わり続けなくちゃいけないのか?

「ほほう、今日は打たんでやろうと思っておったのじゃが、お望みとあらば仕方ない」

 ピシィィッ

「すっ、すぐ行くから打たないでくれ!」

「ふぉっふぉっふぉ。それでよろしい」

 ……結局俺に拒否権はないのか。

「クラス《農民》の俺最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く