クラス《農民》の俺最強

sterl

鬼畜ジジイ爆誕

 結論から言うと、農民専用クエストを出してくれるNPCは簡単に見つかった。家の裏に柵があって、その奥にもう一つ空き地があったんだ。そして、そのほとんど耕されてない空き地にクワを降り下ろすジジイがいた。
 話しかけてみたら、そのジジイ農民専用クエストを出してくれるNPCで、あっさりとクエストを受けることができた。そのクエスト内容がこちら。

――――――――――
農作業に従事せよ1

適正レベル 1以上
人数 1人まで
条件 農民であること

達成条件
農夫の老人の下で働く

報酬
商業許可証
レジ
商品棚
――――――――――

 つまり働くだけだ。報酬にも必要なアイテムが揃っている。そろそろログアウトして寝ようと思っていたので、このクエストだけ受けて終わらせてしまおうとクエストを受注したんだ。その結果がこちら。

「もっと全身の筋肉の動きを意識するのじゃっ!」

「ひぃぃいっ」

 どこからかムチを持ってきたジジイのスパルタ指導が始まったんだ。スキルの《耕す》が通じず、ジジイに渡されたクワを使って土を耕している状況だ。それだけならまだいいのだが、少しでも振り方が悪かったり休んだり逃げ出そうとするとムチに打たれるんだ。凄く痛い。

 しかもクエストを中断できない。ログアウトして逃げようとすればムチで妨害してくる。鬼畜ジジイめ。

 結局このクエストが終わる頃には、疲れと痛みで立つこともままならない状態だった。ジジイめ、一生恨んでやる。

 この後、ろくに報酬も確認せずに逃げるようにしてログアウトしたのは言うまでもない。

「クラス《農民》の俺最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く