クラス《農民》の俺最強

sterl

初期設定

「さてと、ちゃちゃっと初期設定しますか」

 まずは名前と性別の設定か。これはカダスでいいな。性別はもちろん男だ。

「次にあなたのクラスを選んで下さい、か。確か戦闘職の他に才能によって変わる生産職があるんだったな。俺の才能は……農業?対応するクラスは農民か。ふざけてるとしか思えないが、一応説明は見た方がいいよな」

 ええっと、農民は農業を生業とし、戦士を食糧の面で支えるのか。農民らしいな。
 ここはやっぱり戦闘職にすべきか?だけど戦闘職はありきたりなんだよな。剣士とか魔道士とか、プレイスタイルがどのゲームでもワンパターンだしなぁ。それに農民でも楽しめるからこうやって出してきたはずだし、

「よし、ここは農民にしよう。最悪作り直せば良いだけだしな」

 クラスを農民に設定する。そして、確認画面をサクサクと進み、最後のOKボタンを押す。

「設定完了!農民がハズレクラスじゃないといいけどな」

 そして視界が光に染まった。光が晴れると、そこは古びた民家の一室だった。

「クラス《農民》の俺最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く