導帝転生 〜仕方ない、世界を救うとしよう。変態の身体だけど〜

飛びかかる幸運

3 - 17 「宣戦布告」


樹人ツリーフォークはこのまま防衛ラインを固めろ! 見せかけの先駆けは野犬達がやる! 敵が野犬に気を取られたら、いつも通り根で拘束しておわり! じゃ、いくぞ!」


 イシリスの軍隊を目の前に見据えながら、炎の雄牛ファラリスに乗ったハルトが叫ぶ。

 今回は、前回攻めてきた軍隊よりも人数が少なそうだ。

 楽勝だろう。

 とはいえ、身に纏っている鎧は洗練されており、列の乱れもなく、統率も取れているように思える。

 正規の騎士団。

 それが最初に抱いた印象だ。

 油断は禁物だと、今一度気を引き締め直す。


「突撃ぃーー! 行けぇーーーー!!」


 ハルトの号令が響き渡り、それに呼応して炎の雄牛ファラリスと犬達が吼える。

 一斉に森から狼と野犬の混合部隊が平地へ駆け出し、イシリス軍への突撃を開始。

 一方で、イシリス軍は隊列を組んで待ち受ける構えを見せていた。

 いや、少しずつ後退し始めていた。


「何っ!? 後退!?」


 何かがおかしい。

 目の前に布陣したイシリスの騎士団は、盾を構えて迎撃の態勢のまま、じりじりと後退している。


『ハルト! 精霊術の気配がするぞ! 警戒しろ!!』

「精霊術!? 罠か!? と、止まれっ!!」


 犬達に号令をかけ、進軍を止めさせる。

 敵までは、まだ数百メートルの距離がある。

 このまま根で拘束を開始させてもいいが、相手がこちらを誘い込むような罠を用意しているのであれば、警戒する必要はある。

 こちらも、できれば被害なしにしたいのだ。

 だが、相手は後退するだけで仕掛けてくる様子はなかった。


「何だよ…… 不気味だな…… まぁ、不気味なのはこっちか。お見合いしてても始まらないし…… 仕方ない。多少被害が出るのを覚悟でも突っ込むか?」

『警戒は怠るな。敵に精霊術使いがいるなら少々厄介だぞ』


 そう、炎の雄牛ファラリスが警戒を促したその瞬間、イシリス軍とハルト軍と丁度中間の場所に、無数の旋風が発生した。


「危なっ!? これが精霊術!?」

『この力は…… 不味い……』

「何が!? 不味いって何が!?」


 炎の雄牛ファラリスに問い掛けるが、すぐに返答が返ってこない。

 強風で舞い上がった砂が、次々に瞳へ飛び込んでくるだけだ。


「くっ…… 炎の雄牛ファラリス! 聞こえてるだろ!?」


 尚も呼び掛けるも、声は風にかき消され、自分の声すら耳に届かない状況だった。

 それならばと、心の中で『おい!』と念じたが、結局炎の雄牛ファラリスは返事をしなかった。

 その代わり、炎の雄牛ファラリスは前脚で地面を抉るようにかきはじめた。

 炎の雄牛ファラリスが何かに闘争心を剥き出しにしている。


「おい! ファラ…… 一体何…… ん? なんだあれ……? 人!?」


 炎の雄牛ファラリスの見据えた先で、青白い光とともに、一際規模の大きい旋風が発生する。

 その光と風の中心には、白銀の髪を靡かせた美女の姿が。


「なんだよあれ…… め、女神様とか?」


 ハルトは突如目の前に現れた絶世の美女――セルミアに、釘付けになっていた。



◇◇◇



 鈴が鳴った。

 透き通る音色の鈴の音。

 それは、轟音轟く雷雲の中でも、音の響かない水の中でも、決して聞き逃すことのない魔法の音色。

 その音色は、同時に、私の乾いた心に激情という名の濁流を注ぎ、心の奥底に眠っていた情炎を焚きつけた。


「ついに…… ついに…… あいつが…… あいつがぁあああ!!」


 突然叫び始めた私に、長老会議に出席していた国の重役達が何事かと驚き、私へ奇異の目を向けた。

 先程聞こえた鈴の音は、ローデスに持たせた緊急連絡用の精霊道具が使用された合図であり、その所有者である私にか聞こえていない。

 そのため、私以外の者には、私が突然奇声をあげたように映ったのだろう。

 そんな私に対して、長老の一人が叱責を飛ばした。


「セルミア! 何事か!」


 だが、今の私は長老の叱責などに時間を割いている暇などなかった。


「説教なら後にして! 私はそれどころじゃないの!!」

「何を…… お、おいセルミア! 待ちなさい!!」


 長老達の呼び止めの声も、今は耳に届かない。

 後でどんなにどやされようが、今はどうで良かった。

 それよりも、あいつだ!

 あいつがまた姿を消す前に、何としてでも捕まえなければ!!

 捕まえて、叩いて、殴って、蹴って、踏んで、踏んで、踏みつけて。

 それから、それから……

 そうだわ!

 噛み付いてやろう!

 噛み付いて、噛み付いて、噛み付いて。

 全身、私の歯型だらけにしてやるわ!

 私にこんな思いをさせた罰よ!

 多重契約なんて裏切り……

 許せない!

 本当になんなのあいつ!

 で、でも、もしあいつが許してほしいと懇願してきたら?

 もしもあいつが、私に泣いて許しを求めたら?

 その時は。

 その時は――


「ゆ、許してあげなくもないかしら?」


 で、でも、それだけで許してあげちゃうのも勿体ないわよね。

 う、うん。

 私の願いも聞いてもらわなくちゃ。

 私の願い。

 私の。


「わ、私を抱きしめてくれるかしら…… で、できれば、乱暴に。強引に……」


 その光景を妄想すると、たちまち甘酸っぱい感情が、出口を求めて胸の中で暴れ狂い始めた。

 思わず口元が緩み、ニヤケてしまう。

 それを必死に我慢しようとするが、無理だった。


「きゃー! 恥ずかしい! そんなことしてきたら首の骨へし折ってやるんだから!」


 私は湯気が出るほどに熱を帯びた顔を両手で隠しながら、転移精霊術を行使できる広さのある場所まで急いだ。

 途中、前をろくに見もせずに駆け抜けたため、何人か跳ね飛ばしたような気がしたが…… 

 いや、気のせいではなかった。


「セ、セルミア!? 長老会議に出席しているんじゃなかったのか!?」


 私にひかれた内の一人が、私の後を追ってきていた。

 彼の名は、ユーリウス・フェイト。

 精霊剣術に長けたフェイト一族の末裔にして、聖霊魔導騎士に最も近い男。

 私の幼馴染。

 ハイデルトを蔑み、嫌う者のうちの一人だ。


「セルミア! 待て! 僕の話を聞け!」


 ユーリウスが私の腕を掴み、強引に引き止めようとした。


「なによユーリウス! 今、急いでいるのが見て分からないの!? 」


 また厄介な奴に掴まってしまった。

 この男は、どういうことか、私に対して嫌気がさす程に、本当に、本当ーっに、しつこいのだ!

 それがハイデルト絡みだと知ると、そのしつこさは更に倍増する。

 どうにかして、ハイデルトの事だけは隠さなければ――


「ハイデルトか!? あのゴミ屑のことで何か進展があったんだな!?」

「なっ!?」


 ユーリウスは、私へ顔を近づけると、エメラルドグリーン色の、透き通る瞳を向け、じっと私の瞳を見つめてきた。


「目が泳いでいる。脈も速い。顔も赤い。湯気が出るほどに身体も熱い。いつも沈着冷静で、可憐で、美しい君がここまで取り乱すのは、認めたくはないが、決まってあのゴミ屑が絡んだ時だ」

「くっ! 離しなさい! 今はあなたに構っている暇はないの!!」


 ユーリウスの腕を強引に振り払い、全速力で走る。

 だが、ユーリウスを撒くことはできなかった。


「行かせないぞ! 君にあのゴミ屑は釣り合わない! ここで大人しくしてるんだ!!」


 ユーリウスが目の前に立ち塞がる。


「あーっ! もうっ! ユーリウス邪魔よ!!」


 私の言葉に、ユーリウスが若干怯む。

 しかし、すぐいつもの自信に満ち溢れる顔に戻った。


「例え君に嫌われようとも、僕は君の為に、君をここに引き止める!」

「それは私の為じゃなくて、あなた自身の為でしょ! もういいわ! ここでやってやる!!」


 まだここは、長老議会場へと続く通路の途中だ。

 転移精霊術を行使するには、広さが圧倒的に足りないし、何より天井がある。

 ここで行使すれば、恐らく、いや、間違いなく通路が大破するだろう。

 だが、もう我慢できない。

 ローデスからの緊急連絡が届いてから、既に数分が経つのだ。

 相手はあのハイデルト。

 いつ何時でも一瞬で姿を消すことができる天才魔導師。

 元、魔導帝王マジックエンペラー

 最強の魔導師なのだ。

 早くしなければ、あの姿を一目見ることさえできなくなる。

 早くしなければ!


「な、何をするつもりだ!? 正気かセルミア!?」

「あー、もう! うっさいわね! 早くしないと間に合わないのーー!!」

 
 私の呼び掛けに応え、周囲の精霊達が集まり、床に青白い光で魔法陣を描き始める。

 だが、やはり床面積が圧倒的に足りていなかったのか、光は壁を登り、天井まで伸び、反対側の壁へとぐるっと一周した。


「あ…… 魔法陣が重なっちゃった…… だ、大丈夫よね?」


 一抹の不安が脳裏をよぎる。

 だが、この転移精霊術は、ハイデルトが組んだ術式だ。

 そう考えると、不安もすぐに消え去った。


「セ、セルミア! 今すぐ止めるんだ! こんな通路で、こんな多くの精霊を集めて…… き、危険だ!」

「あなたが邪魔しなければ、ちゃんと安全な場所でやったわよ!」


 青白い光の線が、視界を霞ませるほどの強い光を放ち始める。


「セルミア! こ、ここは危険だ! ほ、ほら早く! ぼ、僕の手を掴むんだ!」

「なんでよ! 掴まないわよ! そっちの方が危ないわ!」


 光が視界を埋め尽くす。


「セ、セルミアぁあ! 好きだぁあああ!!」


 身体に感じた浮遊感に身を任せていると、ユーリウスの唐突で、訳の分からない告白が耳に届いた。


「……馬鹿」


 どんな状況でも、どんなに突き離しても、折れずに私を欲してくるユーリウスの行動に、胸がきゅんと締め付けられる。

 こういう風に、ハイデルトが私を求めてくれたらどんなに嬉しいことか……

 そう思いながら、私は光の中へ消えていった。



◇◇◇



 白銀の長髪を靡かせた美女が、両手を広げてゆっくりと舞い降りてくる。

 その優雅な姿は、周辺に舞い上がる青白い光の粒子によって演出され、あれが女神様だと表現しても疑う者がいないような、おごそかで神々しい雰囲気さえ身に纏っているように感じた。

 そんな女神様の若緑色の衣装――スカート部分が、時より風に煽られてめくれ上がると、股付近に、白い何かがチラチラと見え隠れしているのが見えるではないか。


「あ、あれはっ!」


 視界に入ったその異物に、言葉を失う。

 無意識に吸い込まれる視線。

 高まる集中力。

 まるで望遠鏡でズームしたかのように、ぐんぐんと見つめたその一点が、よりクリアになっていく。

 それではっきりした。

 チラチラと覗いていた白いもの。

 あれは紛れもなく――


 パンツだ!


 それも白絹!

 薄い!

 ピッタリサイズ!

 あっ!

 あれはぁあああ!!


「マンす…… うっ!?」


 まずいまずいまずい!

 見るな見るな見るな!

 待て待て待て!

 一度冷静になろう!

 冷静に!

 冷静にな!?

 い、いいか?

 少しずつ現状を把握するぞ?

 まず、光の中から何が出てきた?

 うん、すっごい美人が出てきたよな?

 で、チラチラ見えたあれって――

 やっぱりパンツ……

 やめろやめろやめろ……

 考えるな考えるな考えるな……

 思考がループしてるぞ?

 把握したかったのはパンツじゃないだろ?

 あっ!

 パンツ!!

 ひぃいいいいああああ!?


「ひぃー、ふぅー」


 深呼吸で気持ちを落ち着かせる。

 不意打ちのパンチラで死ぬほどヤワじゃない。

 発狂しそうになったけどセーフ。

 未遂だ。

 白目剥きかけていたとしてもセーフ。

 きっと誰も見ていない。

 あれは目の錯覚。

 薄っすらと筋まで確認できた気がしたけど、この距離で見える訳がない。

 錯覚だ。

 錯覚。

 欲求不満が見せた幻想だ。

 そう。

 俺は疲れているだけだ。

 うん。

 そうに違いない!

 それに、まだ逝ってない。

 ……いや、正直少し危なかったけど。

 大丈夫。

 ちょっと肌に触れるトランクスが一部冷たい気がするけど。

 まだ大丈夫。

 生きてる。

 まだ生きてる。

 うん。

 大丈夫。

 もう見なければ大丈夫!

 もう見なければ!


炎の雄牛ファラリス! 状況は!?」


 目を瞑った俺に、炎の雄牛ファラリスがようやく答える。


『目を瞑ったのか? ふむ…… それなら…… よし。賢い判断だ』

「何訳わかんないこと言ってんだ!? 状況はどうなんだ!?」

『厄介な力をもったエルフが一匹増えた。また奴の幻術に惑わされぬよう、耳もしっかりと塞いでおけ! 奴はワシが何とかする!』

「わ、分かった! 頼んだ!」


 耳を塞ぐと、炎の雄牛ファラリスの咆哮が場に響いた。


――ブモォオオオオオ!!


 それは、炎の雄牛ファラリスからセルミアへ向けた――ハルトを賭けた――宣戦布告だった。


「導帝転生 〜仕方ない、世界を救うとしよう。変態の身体だけど〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く