導帝転生 〜仕方ない、世界を救うとしよう。変態の身体だけど〜

飛びかかる幸運

2 - 6 「亡国の記憶」

 ハルトはまた夢を見ていた。

 いつぞやに見た夢だ。

 また空を飛んでいる。

 心の不安を掻き立てるような、それでいて吸い込まれそうな夕闇に染まっていく空だ。


(……夜?)


 その空を見つめながら、前回とは異なる様子に違和感を感じた。


 違和感は大きく二つ。


 一つは、全裸ではなく、漆黒のローブを身に纏い、全身を隠していたこと。

 もう一つは、前回とは真逆の感情が身体を支配していたということ。


 今にも爆発しそうな怒りが、身体の中で暴れ回っている。

 理由は分からない。

 分かるのは、ただ猛烈な怒りに支配されているということだけだった。


 だが、怒りに任せて八つ当たりする訳でもなく、怒りを内に秘めたまま、どこかを目指してひたすら飛び続けた。


(どこまで行くんだろ……)


 険しい山々を越えると、闇夜に数多の灯りがキラキラと輝く、大河に囲まれた大都市が見えた。

 空には暗雲が立ち込めており、たまにポツポツと雨粒が顔に当たる。


(あ、人だ……)


 都市を囲むようにしてそびえる城壁に近づくと、城壁の上にいた兵士が何やらこちらを指差し、叫んでいるようだった。

 だが、またもや音は聞こえない。

 夢の中なのに、聞こえる音はなく、入ってくる情報といえば、自由の利かない視界から入ってくる景色と、断片的に流れてくる感情のみだ。


(これって…… やっぱり…… この身体の…… 記憶?)


 城壁にいた兵士を無視してそのまま都市の上空へと進む。

 すると、一際大きな建物から、その広い園庭へと、大勢の人が出て来たのが見えた。

 目的の人物がいたのか、その建物へと下降していく。

 園庭に出ていた中に、一際豪華な服を着た男がいた。

 その男へ向けて、何か言葉を投げかける。

 勿論、何を話したのか、ハルトには分からない。

 分かるのは、ただ口を開けて、何か言葉を話していることだけ。

 男が何か叫び返した。

 その表情は怒りに満ち溢れている。

 その男の怒りが伝わったのか、はたまたその男の言葉が逆鱗に触れたのかは分からないが、どうしようもない怒りの感情が、再び身体を駆け巡った。


(誰だろう、あのおっさん…… 知り合いかな。嫌な感じだ)


 行き場のない怒りが、出口を求めて身体の中で暴れ狂う。

 ふいに、左手を空に向けると、大地を一瞬真っ白に染める程の強い閃光が走った。

 閃光は稲妻となり、瞬く間に雨雲へ到達。

 その衝撃に、庭でこちらを警戒していた多くの者が腰を抜かして尻餅をついた。


(はは…… 脅したのか。ちょっとスッキリした)


 再びその男へ向けて何かを話す。

 だが、男が首を縦に振ることはなかった。

 ほんの一瞬だけ、何故分からないんだという焦燥感を感じるも、急激に冷めていく感情に上書きされ、もうどうでも良くなってしまう。


(頑固者は、どこの世界にもいるんだな。こっちは善意で助けてやろうとしてるのに…… いいよ、そんな奴等。見捨てて…… ん? 善意? 助ける? 俺何を……)


 ポツポツと降り注いでいた雨足が急に勢いを増し、外に出ている者達を濡らし始めた。

 時より上空から閃光が迸っているのだろうか。

 その度に視界が一瞬明るくなり、こちらを見る者達の目に怯えが強くなっていくのが分かった。

 ボソリとまた何かを口ずさみ、そのまま高度を上げていく。

 ふと、その建物のテラスから覗いていた少女と目が合う。

 その少女は、ブロンドの髪を一つに束ね、胸元へと垂らしていた。

 その胸元で両手を結び、怯えるようにしてこちらを見つめている。

 そして、その横には剣を構える褐色の美女が、その白い耳をギンギンに怒らせながら、こちらを最大限警戒していた。


(せめて、この子達だけでも……)


 その少女と美女へ向け、手を伸ばす。

 怯える少女と、警戒する美女。

 ふと、視線を少し下に向けると、先ほど話し合っていた男が、目を見開きながら、また何か叫んでいる。

 その顔は先ほどとは違い、焦っているようだった。

 再び少女と美女に視線を戻す。

 その二人に向け何かを口ずさむと、突如二人の足元に青白く光る魔法陣が出現した。

 牙を剥きながら叫ぶ美女を無視し、魔法を行使する。

 すると、魔法陣から眩い光の柱が上空へと放たれ、次の瞬間、二人の姿は光とともに消え去っていた。


(そうだ…… それでいい……)


 伸ばした手に大量の雨が当たり、弾かれ、消えていく。

 同じように、園庭から放たれ続けている弓矢もまた、身体に触れた瞬間に弾かれ、跡形もなく消え去っていった。

 地上からの攻撃を気にすることなく、そのまま上空へと上昇していく。

 都市全てを一望できる高さまで上がると、地上へ向けて掌を向け、また何かを口ずさんだ。

 都市の至る所で、無数の紅い光が発現し、まるで停電したかのように、一斉に全ての光が消え去った。

 それを見届けると、都市の上空から飛び去る。

 城壁を越え、更に大河を越えたところで、同じように漆黒のローブに身を包んだ者とすれ違う。

 それを見て、心がズキリと痛む。


(俺は…… 俺は……)


 大河の先にある山頂から都市を振り返ると、そこには一面を真っ赤に染め上げた、地獄にいると錯覚させる様な、闇よりも更に濃い黒煙を巻き上げながら、轟々と燃え上がる火の海が見えた。

 そして、ハルトの意識は再び闇へと沈んでいった。







「導帝転生 〜仕方ない、世界を救うとしよう。変態の身体だけど〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く