クラス転移~最強の勇者って言われたんだけどそんな事よりせっかくきたんだからこの世界を楽しもう!~

折紙ヨウ

契約

俺は突っ込むと同時に指輪を槍に変形そのままサンドリアスさんを指しに行く
サンドリアスさんはすかさず剣で防ぐと同時に双剣に戻すそのまま近づき倒しに行く
それも防がれたのですかさず双銃にして撃ち込む
ただそれは外したので一旦下がる

「なかなかやりますね」
「お前なんだよそれ!!」
「聖剣?」
「まじかよ……」

俺は弓に変形させ撃ちまくる

「反則だろ………」

そんな声が聞こえたが無視して考える俺がサンドリアスさんに勝ってるのはステータスだけだ
ならゴリ押しでは勝てない

俺は指輪にして氷属性魔法と雷属性魔法を使う
『アイスランス』 『ライトニング』
詠唱をして氷の槍を100本と雷をサンドリアスさんに叩きつける
サンドリアスさんは火属性魔法の広範囲き魔法で俺の魔法を打ち消す

「やっぱレベルの差が大きいか……
一か八かあれやるかな」

俺は双剣にして瞬足を使う双剣にはさっきと違い
魔力を流し魔法付属を強化してある
サンドリアスさん目掛けて双剣を当て用とするとサンドリアスさんの剣が俺の首元に来ていた

「……まいりました」

一瞬の静寂に包まれるそしてサンドリアスさんが話し出す

「危ない危ない本気じゃなかったら負けてたな
俺もまだまだという事か」

「「「「「おおおおおお!!!」」」」」
「何だ今の!動いてんの全然見えなかったぞ!」
「俺にもあんなこと出来んのか?」
「ひー君やっぱりすごいね!」
「ほんとおめーはスゲーよ」
「?そうか?結局負けたぞ?」
「「…………はぁ」」

俺がそう言うと凛と大和は顔を見合わせため息を着いた

「?なんでだ?」


結局サンドリアスさんが本気を出したのは俺だけで2人目を圧勝してから専用武器は使ってこなかった

「骨のあるやつは何人かいるが1人を除いてまだまだだ!明後日から訓練開始だ!わかったな!」
「「「「「はい!」」」」」

俺達は神殿?みたいな所に来ていた
何でも精霊契約をするらしい

「準備が整ったので精霊契約を結びます
まず初めに精霊とはそれぞれの属性の種類があります
精霊には階級があります
一番上から神話級精霊 最上級精霊 上級精霊 中級精霊 下級精霊 最下級があります
神話級と最上級は人の形と同じと言われています
上級精霊までは動物や植物の様な見た目ですが
妖精などの種類は人の形をしているものもいます
基本的に1体と契約を結びますが複数契約があったりすると2体以上とも契約できます
ちなみに神話級精霊は契約できません
何か質問はありますか?」

第1王女が説明をするそして質問をすると凛が手を挙げた

「凛さん」
「精霊魔法とは違うのですか?」
「いい質問ですね
まず精霊魔法とは精霊の力を借りて魔法を使う魔法です精霊はほとんどが最下級か最下級以下の実体を持たない精霊で彼らの力を借りて魔法を使うことを精霊魔法といいます
それに対して精霊契約は妖精や悪魔といった大きくまとめた精霊とと契約を結ぶ事を言います
悪魔と契約する場合はとくに精霊と変わりはありませんが
妖精と契約するのは少しほかと違います
妖精はその人ではなくその人の身につけるものを器として契約をしますそのため妖精と精霊又は悪魔の2体と契約しても妖精の場合は複数契約にはなりません
あと神獣とも契約できます」
「ありがとうございます」
「では先ほどと同じ順番で来てください」

例のごとく俺からなので普通に歩いて行く

「ヒビキ様まずこの魔法陣に自分の魔力を半分流し頭に浮かんだ文字を声に出してください」
「?わかりました」

俺は言われた通り魔力を半分流すすると言われた通り頭に文字が浮かんだのでそれを言う

『汝我を主とし 汝いかなる時も我を守り
汝いかなる時も我と共に過ごし
汝いかなる時も我と共に戦う
我が汝らの主となり汝たちを使いこなす
我の言葉に従え
召喚!最上級精霊樹神ユグドラシル 氷の妖精オルガ  最上級悪魔冥界の姫ラビリンス』

俺が言い終わると魔法陣が光だし光が消えると2人の女の子と小さい女の子が出てきた

「樹神 ユグドラシルと申します  
マイマスター」
「氷の妖精 オルガって言います 
主様」
「冥界の姫 ラビリンスといいます
ご主人様」
「よろしく」
「ところでマイマスター発言をしてもよろしいでしょうか?」
「?いーぞ」
「何故マスターは神獣とも契約をしているのですか?」
「私も思ったそれ」     「確かに」
「………ああ!そういえば昨日の夜したな」
「ヒビキ様!そそそそれはほほんとうですか!」
「王女様?ええ出しましょうか?『神獣フェニックス』」
「あーるーじーさーま!
酷いのじゃ!さっきまでわらわのこと忘れていたのじゃ!」
「うるっせーな悪かったよルビーだから落ち着け撫でてやるから」
「ほんとなのか!やったのじゃ!撫でるのじゃ!」
「よしよし、王女様これでいいか?」
「……………」
「王女様?」
「はっ!すいません!それにしても!凄すぎます!精霊と妖精だけなら稀に見ますが精霊と悪魔という対象的な2体だけでなく2体とも最上級でしかも神獣契約も結んで妖精とも契約してるのにそれが18大妖精だなんて…」
「18大妖精?なにそれ?」

俺はルビーを撫でながら王女様に聞く

「まず精霊、妖精、悪魔、神獣には魔法と同じく属性があります
神話級精霊と神話級悪魔とは精霊の全ての親とされる精霊王と精霊王の妻のことを言います
精霊王はまず8体の精霊を妻は8体悪魔を創りだしました
それが最上級精霊です最上級精霊は
炎神アヴァロン・海神エデン
樹神ユグドラシル・地神アースガルズ
雷神アトランティス・氷神ニヴル
聖神エルドラド・闇神ヘル
の9人の精霊を創りました
そして最上級悪魔は
火炎王子ムスペル・水界の姫レムリア
颶風の皇帝ミズガルズ・地震王子ヨツン
雷鳴の姫キャメロット・氷結の皇帝サーガ
天界の王子アルカディア・冥界の姫ラビリンス
の9人の悪魔を創りました
その18人は自分の属性の精霊と悪魔の眷属を創りましたそれが上級精霊と上級悪魔です
中級と初級は自然と発生すると言われています」

「神獣20体いるとされています
まず不死鳥フェニックス・白夜の虎白虎・流星のペガサス・一角獣ユニコーン・蒼星のスレイプニル
宝玉のカーバンクル・海獣リヴァイアサン
陸獣ベヒモス・空獣ジズ・海島アスピドケロン
聖獣 麒麟キリン・フェンリル・九尾イズナ
二頭龍ウロボロス・虹色のイピリア・幻山羊エアレー・森の主ディーア・石眼蛇メデューサ・海王白鯨
始源ドラゴンです
どれもが伝説とされています
どの神獣も人化することができます 」

「最後に妖精ですが妖精の場合は少し特殊です
妖精は最上級精霊と一緒にできたとされています
そのため最上位の妖精も18体いるとされています
炎の妖精サラマンダー・海の妖精ローレライ
樹の妖精シルフィード・地の妖精マリーダ
雷の妖精シュリ・氷の妖精オルガ
聖の妖精ハクア・闇の妖精オルタ
火の妖精イフリート・水の妖精ウンディーネ
風の妖精オリーブ・震の妖精ノーム
鳴の妖精アイリス・結の妖精オリガ
天の妖精ノエル・冥の妖精バベル
です
妖精の場合はこの18体以外は長年使われた物や大切に作った物などの心から大事にしていた物などに宿るとされ
妖精は万物に宿るものとされています」

「なので!ヒビキ様は!最上級精霊ユグドラシルと最上級悪魔ラビリンスだけでなく!
氷の妖精オルガとフェニックスまで契約をしているなんて!もともとおかしいとは聞いていましたが!規格外過ぎます!」

ユグドラシルとラビリンスは疲れたのか俺の中にある空間?みたいな所があるらしくそこに入っていったオルガは妖精なので戻れていない

「す、すまん」
「いえ!別にいいんです!」

俺は王女の勢いに押されてルビーの頭から手を離してしまった

「はっ!あるじ様!こんな大衆の目の前でなでなでされたら困るのじゃ~
わらわの気高いイメージが~なくなってしまうのじゃ」
「悪かったよ!てか王女様妖精の器ってどうすりゃいい?」
「すみません……取り乱してしまいました
18大妖精は属性魔法に入りますので氷の妖精オルガの場合はヒビキ様の氷属性魔法でなにか作れば契約成立です」
「なるほどな」

俺は王女に言われた通り氷のとりあえず剣を作るとオルガはその中に入ったあと俺の中に入っていった

「これでいいか?」
「はい以上になります」
「じゃあ俺疲れたから部屋戻るわ
晩飯になったら凛と大和に呼んできてもらうよう頼んどいてくださいねー」
「わかりました」
「ルビーさっさと戻れ」
「わかったのじゃー!そのかわり後でまた撫でるのじゃ!」
「わーったよ」

俺は部屋に戻るととりあえずガチャを開ける
一日一回!無料ガチャ黒〜銀(稀に透明)
武器・防具ガチャ!初回限定10連無料!一回無料

と書いてあったのでとりあえず10+一連回すと
白 虹 金 赤 黄 黄 金 金 赤 虹 虹
紫 紫 朱 朱 紫 紫 紫 朱 朱 朱 紫

が出た中身は
オリハルコンの剣
純白の神細剣
アダマンタイトの甲冑
ブラックコート
ダイアモンドの剣
ダイアモンドの短剣
黒猫暗器セット
黒猫シリーズ コート
白銀ブーツ
伝説のメイド服 (黒猫シリーズ)
魔剣レーヴァテイン
だったよくわからんやつがあったのでそれを鑑定

純白の神細剣
神々の作った剣で主を認めると能力の効果が上がる  聖属性付属
攻撃力+600→1200
黒猫シリーズ
黒猫とよばれる伝説の鍛治職人が作ったシリーズ
神々の武器シリーズと同じく世界一とされる
伝説のメイド服・伝説のコート・伝説の暗器セット
など自分のメイドのために作ったとされている
魔剣レーヴァテイン
火焰を纏う伝説の魔剣
主を認めない限り体に炎が牙を向く
主を認めると火焰の衣が纏える様になる
攻撃力-900から攻撃力+900と防御力+500になる

いつも通りチートだった

「クラス転移~最強の勇者って言われたんだけどそんな事よりせっかくきたんだからこの世界を楽しもう!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く