クラス転移~最強の勇者って言われたんだけどそんな事よりせっかくきたんだからこの世界を楽しもう!~

折紙ヨウ

プロローグ~異世界転移したんですけどこれからどうしよ?

高校2年の2学期中間が終わり俺のクラスは帰りのホームルームをしていたはずだった…

なのに今俺達は真っ白な空間にいた

「ここ…どこ…だ?」

名倉優日だったかがふと呟いた言葉をきっかけに固まっていたクラスの奴らが騒ぎ出した

「ちょっとどうゆう事よ?今から私仕事あるんだけど!?」

彼女は朝倉蘭高校生をしながらモデルをしているいわゆる勝ち組である

「なんだ?何かのドッキリか!?」
「それはないと思う」
「確かに」

こいつら3人は俺らのクラスの三馬鹿こと
松田俊・竹田潤・梅田心という松竹梅コンビである

「ねえひー君?何が起こってるの?」
「さあなただあいつが答えてくれるんじゃないか?」

俺に話しかけた奴は俺の幼馴染みの出雲凛神社の娘である
で俺は十六夜響運以外は基本的にいい普通の高校生だ

『何人か僕のこと気づいたみたいだしそろそろ話を聞いてくれるかな?』

そんな事をいえば普通は何か聞かれる筈だがあいつの威圧におされて誰も体を動かせ無かった

『今から言うことはホントの事だからちゃんと聞いてね。まず僕は神様ってやつだよまぁ簡単に言うとキミ達は異世界の勇者召喚に会いました
まぁ君達は勇者としてそれなりにステータスは高くなってる筈だし1人1つはユニークスキルっていうスキルも渡されてるけど僕は優しいからキミ達にサービスをしてキミ達のステータスを1つだけ上げて上げるだから何のステータスを上げるか決めてね決めた人から来ていいよー何か質問はあるかな?』 

「あのその自分のステータスが分からないんですけどそれを見てみないと分からないんですけど…」

確かあいつは剣道部主将の神無月蓮だったか?あいつはいつもクラスのリーダーみたいな存在だからな頑張ってるな

『僕とした事が忘れてたよキミ達はみんな鑑定スキルがあるからステータスが見れるようになってるよ
でーもスキルとユニークスキルと職業は見れないようにしてるから理由はあっちに行ってからのお楽しみってね♪あと魔法とスキルはほぼ才能だけどユニークスキルと魔法は1つだけあげるねそれとエクストラスキルって言うのもあるけどこの中には4人しか持ってないからスキルについてだけど何個かあげるからこれはみんな一緒のやつね』
『あと職業は勇者か勇者じゃなかったり○○の勇者とかになってたりするからあと勇者は級があって初級から中級になるにはLv.50中級から上級者になるにはLv.100になっていくからちなみに最低は初級で中級、上級、最高級、英雄級、伝説級、神級だね』

『鑑定』

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

名前:十六夜響
種類:人間
性別:男
称号:召喚された勇者 クールビューティー 天賦の才能
Lv.1
HP480
MP6980

攻撃力980
魔法防御力7860
防御力3859
器用性195
俊敏性285679
運80

※これ以上は見れません

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

運が欲しいなどう考えても

「俺はもう決めたから先に行くぞ凛」
「ちょっとだけ待ってひー君!」
「はいはい」

何人かがどのステータスを上げるのかを決心して進んでいく中凛のように少し迷っている子の8人が何かを決心したようにステータスを上げに行ったり
最近はライトノベルとかである異世界転移ということで何人かの男子(4人と1人)がステータスを上げに行っているのを見ていると俺と凛には馴染み深い声が聞こえた

「よーう探したぜ!」
「大和お前はどれを上げるんだ?」

あれの名前は神無木大和俺と凛のもう1人の幼馴染みで小3からずっと同じクラスという腐れ縁だ

「俺は攻撃力だなお前は?」
「俺は運だな」
「なかなか変なものを選ぶな」
「そうか?」
「まぁお前だし大丈夫だろ」
「よし!決めたって…大和くんいたの?」
「凛それはちょっとひどいだろ大和にたいして」
「まぁ集中したら周り見えなくなるもんな昔っから」
「えっそう?」
「まぁとにかく行こうぜ俺ら最後だし」
「うん!」
「だな」

『キミ達3人で最後だね1人ずつ来てくれるかな』
「じゃあ俺から行くわ」
「いってら大和」
「おう!」
『きみはどうしてそれを選んだんだい?』
「俺は強くなりたいからかな」
『そうなら向こうへ行って待機してね全員揃ったら自動的にあっちの世界に行くから』

『きみはどうしてそれを選んだんだい?』
「私は彼に置いて行かれないようにあしをひっぱたらないように」
『僕はそうゆうの好きだよ頑張ってね♪』
「はい」

『きみはどうしてそれを選んだんだい?』
「まぁ1番は感かなただ他の数値はレベルを上げれば何とかなりそうだが運はそうも行かないと思ったし1番は低かったからな」
『君面白いね君みたいな選び方をした人を見たのは初めてだよ!』
「なあ1ついいか?」
『なんだい?きみは面白いから質問を答えてあげるよ!』
「さっきの説明的にステータスを上げてくれる量は個々で違うと考えていいんだよな」
『!きみはホントに面白いよ!そのとおりだランダムで決まって僕が増やしたりするんだよ!』
「そうかじゃあな」
『僕を楽しませてね♪』
「いやだねめんどくさい」

俺は神と話終わるとその奥にあった扉を入った

『全員揃ったみたいなので送りますね』

そう言われると俺達は光に包まれて目を開けるとさっきとは違う所にいた

「よく来てくれた勇者どの単刀直入に言うと魔王達を倒して欲しい」

俺は少し疑問に思った事を王様であろうあいつに聞いた

「魔王達ってことは複数いるのか?」
「ああそうだ今現在魔王は5体いてそのどれもが封印されているが何者かによって封印が解かれかけているそこで来るべき時のために力を貸して欲しいのです」
「魔王同士で争いはしないのか?」
「魔王は5体いるがそのうちの1体に4体の魔王を従えているある時魔王が5体同時に生まれたそして魔王達は誰が魔王にふさわしいか戦った4体の魔王はほぼ互角だったがある1体の魔王には誰にも勝てなかったそして4体の魔王はその1体にしたがい世界を闇に溢れさせ用とした
そんな時勇者を呼んで魔王達を封印したということだ」

なるほどだから魔王を倒してほしいのかまあ理にかなっているな
 
「質問はそれだけかなではこの水晶に1人ずつ触ってくれるかな勇者殿たちは自分ではステータスは見えるが我々は見れんのでな」

出席番号順ってことは俺が1番か


 ♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎


名前:十六夜響
種族:人族
職業:???の勇者(伝説級)
性別:男
称号:勇者 クールビューティ 天賦の才 
Lv.1
HP 500/500
MP7680/7680

攻撃力1280
防御力4269
魔法防御力8997
器用性246
俊敏性296958
運7777

スキル
身体強化Lv.1 魔力操作Lv.3 瞬足Lv.3 鑑定Lv.☆
自動HP&MP回復 全語源理解

武術スキル
剣術Lv.1 双剣術Lv.4 体術Lv.1 槍術Lv.1
銃術Lv.2 弓術Lv.1

魔法スキル
風属性魔法Lv.2  雷属性魔法Lv.4
氷属性魔法Lv.4  聖属性魔法Lv.4

ユニークスキル
聖剣召喚 無限不明箱ガチャガチャ 瞬間記憶
 無限収納空間アイテムボックス 無詠唱

エクストラスキル
創造 

加護
創造神の加護
異世界の神の加護

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

何か凄くなってね?みんなこんなんなの?まあいいや

「…………」
「あのーすいません!」
「はっ!すまん……あまりに凄くてなみんなこんな感じなのか?」
「さぁ?ユニークスキルと魔法スキルが1つづつとスキルは何個かは増えるって言ってましたけどね」
「そ…そうかありがとうおい!」
「はい!」
「彼を部屋に送ってくれ」


俺はメイドさん?に部屋まで送ってもらった
「こちらでございます」
「ああ、ありがとうえーときみはなんてよべばいい?」
「クロエと」
「そう俺は響でいいからあと用があれば呼んでね」
「はい!わかりました!ヒビキ様!」
「様はちょっと」
「じゃあヒビキくんで」
「わかったそれでいいじゃ」
「それでは」

俺は部屋に入ってからスキルを調べた鑑定が使えると思ったから

まずは職業???ってなんだ?

???勇者(伝説級)
???の内容はまだ見れません
全てのステータス1.5倍
スキルレベルアップ速度2倍

使えるな
次は称号か

勇者
経験値獲得量が2倍上がる
レベルが上がると普通の1.3倍ステータスが上がる
クールビューティ
氷属性、雷属性魔法の成長速度が上がる
レベルアップ時MPと魔法防御防御が1.4倍上がる
天賦の才
全てのスキル(ユニークスキル以上以外)がある条件をクリアすると獲得できる
スキル全体の成長速度が2倍になる

なるほどなすげーな勇者いらねーじゃん!
まぁいい次だな次…えーとスキルだな

身体強化
身体能力を魔力を使い上げることができる
レベルにより使う魔力は減る
魔力操作
魔力を体外に出し操ることができる
武器に纏わせることも出来る
瞬足半径100メートルまで一瞬で進める
レベルアップでメートル数は増える
鑑定
全ての物の能力・ステータスなどを見ることが出来る
レベルが最大(☆)になるとその物の特性もわかる
自動HP&MP回復
HPとMPを普通のスピードより早く回復できる
HP1秒25・回復MP1秒50回復
全語源理解
全ての生物(ランクC以下の魔物以外)の言葉を理解でき話せる

で次が武術スキル

武術スキル
剣術
剣技が使えるようになる
レベル
1~3初心者 4~6中級者 7.8上級者 9剣聖級
☆伝説級
双剣術
双剣技が使えるようになる
レベルは上に同じ
体術
体術が使えるようになる
レベルは上に同じ
槍術
槍技が使えるようになる
レベルは上に同じ
銃術
銃技が使えるようになる
弓術
弓技が使えるようになる

で魔法スキルが
風属性魔法
風属性魔法が使える
1~3初級魔法 4~5中級魔法 6~7上級魔法
8~9超級魔法 ☆伝説級魔法
雷属性魔法
雷属性魔法が使える
上に同じ
氷属性魔法
氷属性魔法が使える
上に同じ
聖属性魔法
聖属性魔法がつかえる
上に同じ

次はユニークスキルか
聖剣召喚
勇者・巫女が使える
称号に勇者がある転生者もう使える
その道を極めたものは専用武器召喚が使えるようになる
無限不明箱ガチャガチャ
ポイント又はチケットを使い引くことができる
武器・防具・スキル・魔法のどれかが当たり
ごくまれに魔物や精霊・魔道具が当たることがある
カプセルの中に使える事が紙に書いてある
カプセルの上がレアリティでカプセルの下が種類
レアリティ黒→青→水→緑→黄→銀→赤→白→金→虹
種類 武器が紫 防具が朱 魔法が銅
 魔物や精霊・魔道具は全体が虹色ででる
ス○ホの画面みたい
瞬間記憶
見たもの聞いたものを一瞬で覚えられる
無限収納空間アイテムボックス
全ての物を入れることが出来る
また生物を飼うことができる
無詠唱
詠唱無しで魔法が使えるがどんな魔法が知らないと使えない

もう驚かねえなエクストラスキルか
創造
魔力を使い物を作ることができる(錬金術の伝説級)
ある条件を達成すると魔法を新たに作れる

なるほど俺はいわゆるチート野郎になったわけだな
とりあえずガチャが気になるなえーとどうすればいいんだ?とりあえず『無限不明箱』
あっ出た
ん?なになに?初回限定!上が虹確定ガチャ!
魔道具ってのが欲しいな…とりあえず引くか
おっ上下とも虹じゃん!

魔道具マジックアイテム:猫耳戦闘メイド(神級レア)

はっ?ナニコレ?
……………とりあえず鑑定するか

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎
魔道具マジックアイテム:猫耳戦闘メイド(神級レア)
名前:無し
種類:人型(小型化可能)
HP無し(魔力があれば再生可能)
MP0/99999
Lv.20

攻撃力 99999
防御力 99999
魔法防御力 99999
器用性 99999
俊敏性 99999
運 100

スキル
魔力回復

エクストラスキル
戦闘メイド 完璧家事 完璧隠密 小型化 獣化
契約主:十六夜響

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

マジか…俺より強いじゃん

「ねえ!ひー君!ひー君!ってば!」
「凛に大和いたのか」
「おい響それ何だよ」
「あーこれは俺のユニークスキルで出たメイド?」
「いや意味分かんねーよ」

俺はこの2人にガチャスキルがあってそれを引いたら出たことを話した

「へー凄いねひー君は」
「そうだお前らのステータス見ていいか?」
「いいぞ俺は」
「私もいいよその代わり見してね」
「俺も見るぞ」
「おう」

とりあえず凛から

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

名前:出雲凛
種族:人族
職業:巫女(英雄級)
性別:女
称号:勇者 天使の笑顔 
Lv.1
HP300/300
MP5640/5640

攻撃力 380
防御力 480
魔法防御力 1980
器用性 1080
俊敏性 980
運 79

スキル
身体強化Lv.1 魔法操作Lv.5 鑑定Lv.☆ 
自動HP&MP回復 語源理解

武術スキル
短剣術Lv.1 弓術Lv.3

魔法スキル
水属性魔法Lv.3 聖属性魔法Lv.2
精霊魔法Lv.3

ユニークスキル
聖剣召喚 神楽舞 無詠唱 
無限収納空間 複数精霊契約

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

へーって低くね!?いや俺が高すぎるのか…次は大和だな

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

名前:神無木大和
種族:人族
職業:聖拳士(上級)
性別:男
称号:勇者 剛力

Lv.1
HP480
MP150

攻撃力 1980
防御力 1030
魔法防御力 860
器用性 99
俊敏性 780
運 56

スキル
身体強化Lv.5魔力操作Lv.1 怪力Lv.2 鑑定Lv.☆
自動HP&MP回復 語源理解

武術スキル
剣術Lv.3 体術Lv.6

魔法スキル
火属性魔法Lv.3 聖属性魔法Lv.2

ユニークスキル
聖剣召喚 瞬間防御 瞬間剛力

♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎♠︎

とりあえず凛の分からなかった奴は
天使の笑顔
味方の回復力を2割上げるまた成長速度1.2倍する
精霊魔法
精霊の力を借りて魔法が使える
神楽舞
味方のステータスを10%上げる
複数精霊契約
契約精霊が2体以上に増え
全種類の属性の精霊と契約ができる

で大和が
剛力
力が20%上がる 攻撃力がレベルアップ時1.4倍
怪力
魔力を使い力を上げる
瞬間防御
一瞬何の攻撃も効かなくなる
瞬間剛力
一瞬力を5倍にする

へーなるほどな

「ひー君凄すぎ」
「お前はホントに規格外だな」
「なんで?お前らも十分凄いじゃん」
「お前に比べるとな」
「確かにね」
「そ、そんなことよりコイツだ」

俺は話を逸らすついでに魔道具を起動させた

「魔力がありません魔力を入れて下さい」

俺は手から魔力を出した

「主の登録完了しました名前を決めて下さい」
「名前か…凛どうすればいいと思う?」
「可愛い名前がいいと思う桜とか雪乃とか」
「なるほどな桜雪乃うーん何かな~
決めた!雫にしよう!」
「それいいね!」
「認証しました
私は戦闘メイド雫ご主人様の為に誠心誠意務めさせていただきます」
「よろしく雫」
「ご主人様そちらの方々はどちら様でしょうか」
「こいつらは俺らの幼馴染みでこっちが出雲凛
でこっちが神無木大和だ」
「よろしくね」    「よろしく」
「よろしくお願いします凛様大和様」
「この質問は聞いていいのかわからないんだが
雫は機械なのに意識があるのか?」
「はい私はご主人様の世界にあった機械ではなく五感も感情もございます人と違うところは空腹を感じないことと血がないのと死んでもご主人様の魔力があれば再生できることですね
でも殴られたりすれば痛いと感じるんですよ」
「そうかならお前も人と同じなんだなあとご主人様は堅苦しいから響でいいよ」
「では響様と呼ばせていただきますこれ以上は譲れません」
「分かったよとりあえず小型化と獣化を見せてもらえないか」
「わかりましたまずは小型化」

そう言うと雫は俺の手のひらサイズになってからチワワくらいの大きさになって元に戻った

「これが獣化です」

雫は白猫になって俺の肩に乗ったり部屋を動き回ってから元に戻った

「こんな感じでいいでしょうか?」
「ああありがとう」

コンコンコン

「ヒビキ君お昼の準備が出たので呼びにきまし、た?
他の勇者様達もいたんですね…そちらの獣人は誰ですか?」
「こいつは俺のスキルで出た魔道具マジックアイテムの雫だ」
「よろしくお願い致します」
「よろしくお願いしますね」

「クラス転移~最強の勇者って言われたんだけどそんな事よりせっかくきたんだからこの世界を楽しもう!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く