話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Result 12 激動の残滓


 この日、聖女を騙った者が死んだ。
 憤怒に満ちた群衆によって殺されたのだ。
 名残みれんたらしく縋り付こうとした栄光も、悲哀も、彼女を救いはしなかった。
 そうして、非難と嘲笑の的となった。

 彼女自身が手中に収めていたと思っていた全ての存在に背かれた。

 彼女の病的な承認欲求の裏側には様々な要素が事実としてあるものの、人は暴君を求めたがるものである。
 或る者は停滞を打破する救世主として。
 また或る者は英雄譚の生け贄として。
 彼女もまた、その例に漏れず悲劇を背負ったのだ。

 煙を生じる炎が少しずつ登ってくる。
 いずれ全身を覆うだろう。
 四肢を骨折させられて動けないために、抜け出せない。

「どうして、どうして! ゆぅいは、人の役に立ちたかっただけなのに! どうしてゆぅいを、あたしを、誰も認めてくれないの!? こんな終わり方、嫌だよぉ! 熱い、熱い、ああああぁ! やめ、あ、嫌だ! やだ、や、あ、あっ! あぁああああああッ!?」

 絶叫の声は、彼ら断罪者たちの笑顔をより一層凄絶にさせるだけだ。
 今更、この段階に至って再び信じようなどと誰も言い出したりはしなかった。

 プレイヤー名“ゆぅい”。
 本名、笠江優愛衣かさえ しるく
 彼女の成そうとしたあらゆるものは、水泡に帰したのだ。

 ギルドの再興は不発に終わった。
 ログアウト不可――尚且つデスゲーム状態からの、圧倒的な組織力の誇示も離反されては形無しだ。
 脱出方法の独占化も、人員を奪われてしまえば内密に処理することもできないし、暗殺が明るみに出れば糾弾は免れ得ない。
 意図的に作り出した“制御可能な反抗勢力初夏の旅団”も、こうして制御不能に陥った。

 強力な敵対NPCとして認知される黄衣のガンマン……そのオリジナルを召喚して使いこなしてみせるというデモンストレーションは、亀裂の入った幹部会を恐怖で縛り上げるには至らなかった。
 それらのマッチポンプを用いて英雄的存在として君臨したかったとしても、無駄だ。

 復讐相手のロナを洗脳し手駒としたかと思えば、単なる偽者だったという。
 では偽者に罪をなすりつければ成功したのかといえば、否。
 ――結局、それも失敗してしまった。

 優愛衣はビヨンドを、呼び出しては情報を集め、集めては殺害した。
 協力者として名乗り出た女――ジェーンはビヨンドの中でも腕利きの呪術師を生業としている者を呼ぶと言っていた。
 報せを受けて、そのビヨンドから送られてきたのは、確かにロナの姿をしていた筈だ。

 初めから、成功の目は無かった。
 ジェーン・ブルースも黄衣のガンマンも、騙していたのだ。
 どうして見抜けなかったのだろうかと、彼女は自身を責めたりはしなかった。
 責める相手は周りにいくらでもいるのだから。

「くそ、くそおああああああ! どうして、どうしてみんな、最後には台無しになるッ!! あっ、がああぁああああッ!!」

 怨嗟の声を上げて絶命した彼女の魂が何処へ向かったのか、それを知る者はいない。
 誰も興味を示さなかった。

 灰と化した彼女は翌日もそこに晒されたままだった。
 が、ややあってから変化が起きた。

「ああ、ちひろ。こんなところに、いたのね。おとうさんがまってるわよ。かえりましょう」

 やつれた女性が、抑揚のない声で灰をかき集める。
 夫を娘の亡霊に殺され、たった一人だけ生き残ってしまった彼女は、完全に正気を失っていた。
 或いは夫と娘が存命中の時から既に、兆しはあったのかもしれない。

 壊れた心は、現実を拒否し続ける。
 たとえそのあと、自らが慰み者にされる運命にあるとしても、虚無を漂う彼女の精神には何ら興味を示すものではなかった。



 ―― ―― ――



 今回の戦いにおいてナイン・ロルクは、自身の働きは脇役程度としか認識していなかった。
 が、召喚システムの調査班を連れ帰った事は、英雄的行動との賞賛を受けるには充分過ぎた。

 持ち帰ったデータに拠れば、十人分の帰還ログアウトに必要な魔力は数ヶ月ほど魔力を蓄えれば賄えるらしい。
 術式に改良を加えれば、効率化もできるだろう。

 また他の国では、それぞれの世界を繋ぐ通信網の研究を進めているという。
 元の世界ではゲームマスターをしていた者が、情報交換の為に接触を求めた。
 脱出の準備は着々と進められていた。

「今度こそ、間違えたりはしない……絶対に……――」

 人知れずつぶやく彼は、自らを“ただの人間”と定義した。
 そうでなければ、どこで慢心するか想像もつかなかったのだ。
 秩序を守るのが街道警察の役目だった筈なのに、いつの間にか自分は秩序を破壊する――破壊した側に回ってしまった。
 その自己認識が、静かに彼を苛んでいた。


 後に彼は、英雄ではなく、英雄の卵を見守る存在として成長を遂げる。
 だが、ダーティ・スー達がそれを観測することは無い。
 その頃には、この世界に呼ばれる理由が無いのだから。



 ―― ―― ――



 実験結果報告
 From:  Lhaptherik Van Daznasch
 To:  Z.N.

 念のため、前回の実験結果も併記しておく。

 No. F8-3537(前回)
 被験者:加賀屋紀絵(アナザー・アース6535/管理番号28375)
 目的:条件限定化による変異への影響力の検証、及びキャリアーの遠隔操作時における能率検証
 汚染条件:キャリアーに設定されているキーワードに罪悪感を覚える

 手順:
 対象に接近、分離札を貼り付ける。
 このさい、臥龍寺紗綾を分体a、加賀屋紀絵を分体a’、残りを分体bとする。
 対象を転送魔法陣へと運搬。
 転送先にて分体aと分体a’への分離を確認後、所定のポイントまでそれぞれを運搬。
 分体bは施設にて保管、のち能力譲渡済みのビヨンド“グリッド・ライナー”のもとに届ける。
 分体bを人型化、及び能力付与し、キャリアーとして加工する。
 監視員は連絡を取り合いながら分体aおよび分体a’の経過を観察。
 分体bを操作し、分体a’の周辺を撹乱。
 その後、接触。

 結果:
 出身世界における一定期間の滞在に伴う、中度の概念汚染による変異が認められる。
 これにより被験者の精神に変調をきたしている。
 接触および条件を満たしたことにより、本来なら緩やかに変異が進行するところを早回しにしただけと思われる。
 身体能力の向上は前回の試験より24%ほど上回ったが、知能の低下は前回同様、ほぼ壊滅的。
 通常なら制御不能に陥る筈だが、“DS”が何らかの効果を及ぼしたのか、彼の指示にはある程度、忠実に従っているようにも見えた。



 No. F9-0001(今回)
 備考:
 今回よりF班は、世界改変に関わったC班や黒魔術中心のR班を統廃合し、スタッフを大幅に増員していることに留意されたい。
 それに伴い、実験のアプローチもかなり変更が加えられている。

 被験者:古ヶ崎ちひろ(地球966号/管理番号18533)
 目的:世界改変および詳細な条件設定による変異への影響力軽減率の検証、及びキャリアーの自律行動時における能率検証
 汚染条件:生前、キャリアーの素体と関わりのあった人物が、五感にて分霊の接近を感知する

 手順:
 オークションより、被験者の心臓を落札する。
 “Sound of Faith”のプログラムを改変、ログアウト不能状態にする。
 その後一定期間内に術式を作動、地球966号からSound of Faithを切り離す。
 旧R班の出資でグリッド・ライナーを召喚し、能力を譲渡した上で前述の心臓を提供。
 “アナザー・ワン”(グリッドはこれを“ハッピーエンド・カムトゥルー”と呼称)を用い、疑似平行イミテイテッド世界転移者アナザーを生成、キャリアーとして自律行動させる。
 エージェントJ、被験者に接触し、依頼受諾へと仕向ける。
 ゆぅいにキャリアーを譲渡、そのさい、ゆぅいにはキャリアーを「洗脳したロナ」と説明。
 被験者と生前に関わってきた人物と接触させて回る。
 被験者本人、およびその家族と接触させる。

 結果:
 出身世界における一定期間の滞在に伴う、中度の概念汚染による変異が認められる。
 被験者の精神は変調したものの、知能の低下は前回ほど顕著には見られず、理性を保っている。
 旧R班がこれまで行ってきた実験から、疑似平行世界転移者とオリジナルを接触させた場合の精神的な悪影響は他のアプローチに比べて非常に大きく、最悪の場合は廃人となることは周知の事実である。
 意識を保持できたのは世界を切り離すことによる汚染率の軽減効果と推測される。
 この環境を再現するためには、コストの関係上6ヶ月程度は待たねばならない。
 なお“アナザー・ワン”未回収のため、次回の実験はグリッド・ライナーから回収するまで休止とする。
 二つ目の“アナザー・ワン”作成は効能を著しく損なうリスクがあるため、厳禁である。


 それにしても、いまどき紙媒体での送信とは。
 毎度のことながら、不便な時代になったことを痛感させられる。
 この手紙が検閲されていないことを祈る。



 ―― 次回予告 ――



「ごきげんよう、俺だ。

 今回は依頼主サマいわく、女を連れて一緒に逃げろとの仰せだ。
 ところがそこに、横から雑多な連中が次から次へと首を突っ込んできやがる。
 見覚えのあるツラも、そうでないツラもだ!

 女を追いかけに来た木っ端冒険者共!
 行き場のない女共の駆け込み寺“双月の盃”!
 緑衣の殺し屋、ナボ・エスタリク!
 極めつけには、デュセヴェル管区長殿もお出ましとは!

 そうそうたるメンバーには恐れ入ったね。
 有名になるのも考えものだ。

 レクリエーションに、ナイトレースなんてどうだい。
 パトロンは我らが偉大なる依頼主サマが名乗り出てくれるとさ。

 ……ところでお前さん、遠路はるばる何をしに来たんだい。

 次回――
 MISSION13: 代償の乙女

 さて、お次も眠れない夜になりそうだぜ」


「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く