話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Task12 グリッド・ライナーを引き付けろ


「依頼主サマがお前さんに顔見せしてこいとさ」

 こっちには紀絵とロナと元カレくんもいるんだ。
 まさに、そうそうたるメンバーだろう。
 出方次第じゃ話し合いから初めてやってもいいぜ、チェック野郎。

「えェ゛い、構えろ! ブッ殺せ!」

 チェック野郎の合図と共に、視界を埋め尽くさんばかりに飛んでくるのは、燃やした豆みたいな火の飛沫だ。
(しかも奴らときたら、スプレー缶みたいな洒落た触媒で飛ばしてきやがる!)

 こいつはご挨拶ですこと!
 とりあえず煙の壁でガードしながら、このベイビーちゃん共をあやしてやるか。

「早漏を恥じる事はないぜ。遅漏で互いの腰を痛めて、とっとと終わらせたいと思いながら出し入れする奴よりは」

「噂通りのクソみてェ゛なボキャブラリーだなァ゛、おい! こォ゛の、ダーティ・プー・・がよォ゛!」

 プーだとよ。
 笑わせやがるぜ。
 クソに触る気が起きないのは、古今東西どこに行ってもそうだろうよ。
(少なくとも八割ぐらいは。残りの二割はやむを得ない事情・・・・・・・・って奴だ)

 幼稚な口喧嘩をしようってんなら、俺もやぶさかじゃあないぜ。
 付き合ってやろうじゃないか。

「ァガァラガラガラガラ、グゴロロロロ! あ、お前さんの真似をしてみたが、どうだい、チェック野郎。
 話し合いをしようともせず喧嘩しようとするのは結構だが、それも作戦の一つなのかい」

「がァ゛アアアアアアッ!! ブッ殺せブッ殺せブッ殺せブッ殺せェ゛!」

 騒音もここまで極めちまったらある種の個性だ。
 耳栓を用意しておく必要まで出て来るとは、難儀なもんだね。
 で、お決まりの火の粉の雨。
 俺は煙の壁でそれを防ぎながら、少しずつ前に進む。

 その間に、チェック野郎は少しずつ出入り口に近付いている。


 ズドン!
 プラズマカートリッジの強烈なビームの一撃だ。
 進行方向にぶっ放してやるだけで牽制には充分だろう。

「悔しかったら、俺達を消し炭にする秘密兵器でも用意しやがれ」

 ズドン!
 ズドン!
 天井を狙って、削り取る。

「――散開だ」
「了解です!」
「了解ですわ!」

 俺は正面突破。
 紀絵は側面の雑魚共を魔法で一掃する。
 ロナは、紀絵の派手な技に隠れるようにして、チェック野郎との距離を詰めていた。
 元カレ君は、ああ、どうやら頑張って進んでいるようだ。

「頼むから、下手な茶番は止してくれよ。チェック野郎」

「チェック野郎じゃねェ゛! グリッド・ライナーだァ゛!」

「何? グリッ・ライーだって?」

「てめェ゛エエエエエッ!!」

 ふはは!
 挑発に乗ったな、この三下め!
 ……なんて、俺がそんな茶番に最後まで付き合ってやるとでも思ったかい。

 このタオルはサービスだ。
 ライオンのあくびみたいな口で受け止めてくれ。

「むぐごご……」

「――ん」

 チェック野郎が砂になって消えやがった。
 つまりダミーだ。
 ほらね。
 やっぱり対策してくる。

 と、いうことは、次は俺達の誰かを狙って近付いてくるか、或いは逃げる。
 それとも他の手でやってくるかもしれん。
 例えば挑発だ。


 ハウリングのキーンとした音と、ノイズが交じる。
 スピーカーなんて御大層なもんを設置しやがって。
 ここは博物館じゃないんだぜ。

『よくもまァ゛、俺の領土にズカズカと踏み込んで来やがったよなァ゛!!』

「ダチ公の家に遊びに行くのがそんなに気に入らないのかい。バーベキューに使う肉でも持ってくるべきだったかね! ふはははは!」

 俺様が仁王立ちの高笑い。

「オーッホッホッホッホ!」

 紀絵は扇子を開いて、腰に手を当てて高笑いだ。

「……」

 ロナは気まずそうに顔を背ける。

「ロナ」

「す、すみません……頑張って笑います」

 ああ、実にぎこちない笑顔だ。
 引き攣ったような、口の端をひくつかせて釣り上げたツラは……ああ、まったく。

「お前さんのやりたいようにやればいい」

 気は引けるが、肩に手を置くくらいの事はさせてもらう。
 ゲスに餌を与える必要は無いんだぜ、ロナ。
 俺の頼みを無理して実行しなくても、俺はお前さんを受け入れる。

「ひ、怯むな、撃て!」

 子分どもは涙ぐましくも、掃射を再開する。
 しかし、それにしてもスプレー型火炎魔法放射器か。
 いい武器オモチャじゃあないか、俺にも一つ寄越せよ。

 ……だが交渉は万に一つもありえないだろう。
 何せ、出会い頭にブチかましてくれやがった連中だ。
 今は亡き依頼主サマから俺のようなツラ・・・・・・・をした連中を根こそぎ掃除するよう頼まれていたに違いない。

 慈愛溢れる紳士的なこの俺様としては実に心苦しいが、ブン取るとしよう。
 煙の槍を大量に展開だ。

 パチンッ!
 さながら、マグロの泳ぐ水槽だ。

「ふぐぉ!」
「あぁう!」
「げぇえ」

 周りの被害を気にしなくていいなら、こういうやり方も悪くないのかもしれん。
 竜巻が出来上がったせいで、あちこちに本のページの切れ端みたいなもんが舞い散ってやがる。

 角度を計算して足元に転がらせたスプレー缶を拾って、指輪に収納だ。

「さて、後半戦をおっ始めようぜ」

 手分けして探すにしたって、時間が掛かりすぎるかね。
 いや……そうでもないか。

 まず俺の足元に、煙の槍を展開だ。

 こいつを使って飛び回る。

「ちょ、ま、スーさん、三人も抱えて行くつもりですか!」

 飛び回って、

「スーさん! 曲がり角! ぶつかる!」

 飛び回って、

「先生、今の小部屋に人影が!」

 飛び回って――、




 そして、へばる。

「疲れたぜ。休憩しよう」

「あの、スーさん……? うん、まぁいいや……」

「ちょっと、先生……? 流石に、意図を読みかねる以前に、少々乱暴すぎませんこと?」

「罠を張って出迎えてくるかと思ったんだがね。アテが外れたか」

 これで俺も三下のフリだ。
 調子付いた若造が、偶然手にした力を振り回した挙句、結局は力に振り回されるというオチが付く。
 俺みたいなぽっと出・・・・に対する世間様の評価なんざ、そんなもんだろう。

「なに、俺達をつまみ出すつもりなら、もっと万全の体制で出迎えてくれる筈さ。
 それがないなら、そもそも大した連中じゃないって事だ。前祝いに、くつろいでいこうぜ」

 サングラスを装着だ。
 サーマルセンサーで透過できる範囲は限界がある。
 が、それなら“目”を広げりゃいい話さ。

「お前さんたちも休んどけよ。この要塞も、ゲームと違ってトイレくらいは作ってあるだろう」

 まずはロナが俺の意図を察したようだ。
 早々に離れていく。
 紀絵はそれを見て、少し迷ってから歩いた。
 元カレ君は所在なさげに辺りを見回してから、ゆっくりと立ち去る。
 哀れなもんだ。

 さて、散歩でも決め込むとしよう。



『随分な余裕ぶりだなァ゛! ダーティ・プー! 猿芝居で俺を誘い込もうってかァ゛!? この、ホモ野郎がよォ゛!』

「そんな陳腐な挑発じゃあ、市民団体の反対を受けるだけで終わるぜ」

『おォ゛!? ならずモンがポリコレ談義かァ゛? お利口さんぶりやがってよォ゛! 去勢したかァ゛!? カマ野郎がよォ゛!』

「空を回してガリレオを日干しにするくらいの想像力だ。恐れ入ったよ。
 お前さんのオツムは何世代前かね。物持ちがいいのも考えもんだ」

『バカにしやがってェ゛! クソが! この俺が直々にブチのめしてやる!』

 ようこそ、俺の隣へ。
 お前さんは俺の好みからかけ離れているが、たっぷりブチのめしてやろう。
 正義を検証するのは、他のやつで済ませた。
 要するに、お前さんはただの消化試合だ。

「ようこそ。何度でも小麦粉にしてやるよ」

 ある気配・・・・を背中から感じる。
 懐かしいね。
 生前から久しく味わっていなかった感覚だ。
 つまるところ“自分より格下の相手を徹底的にいたぶってやろう”という意志を、あいつは持っている。
 仕返しはただひとつ。


「増援は呼んであるかい。何せ、場外逃げは通用しないぜ」

「うるせェ゛! くたばりやがれェ゛!!」

「「「「「であぁぁあああ!!」」」」」

 手下共も一緒に、揃って押し寄せてくる。
 囲い込むようにして――、

 ――いや、こいつらは囮だ。

 銃をクルクルと回して、背後を確認。
 ざっと25人、障害物に隠れながらゆっくりと近付いてくるのが見て取れる。

 ズドン、ズドン!
 後ろの天井を崩す。

 ズドン!
 前の床を壊す。

「今までにない長丁場なんだ。給料分以上の仕事をさせないでくれよ」

「駄目に決まってンだろォ゛?」

 天井からぶら下がってやってきやがった。
 目にも留まらない速さで、一気に距離を詰めてきたかと思えば、俺の首根っこが押え込まれた。

 壁にデコを打ち付けられた感覚、そこから上手く仰向けに寝転がる。

 そうとも。
 俺はここにいる・・・・・・・

「俺の油断を誘ったようだがなァ゛、こういうのもあるんだよ」

 懐から取り出したのは拳銃じゃあなくてリモコンだった。
 レーザーで作られた壁が、俺の周りを囲んでいる。
 なるほど、伊達にAランクじゃあないらしい。
 だが悲しいかな。

「てめェ゛の連れどもの目の前で、じっくりといたぶってやるよ!」

 ……俺の相棒ロナを見くびらないことだ。
 あいつは俺のを通して、ここを見ている。

「てめェ゛が二度とこの世界に来なくなりゃあ、ここは俺の天下――」

「――冗談はその化粧だけにしてくれます? 床みたいな模様しやがって」

 茶番かマジなのか、チェック野郎はロナに後ろから掴まれた。
 絵になる構図だね、まったく。

「な、に……!?」

 サプライズはまだあるぜ。

「ちょっと詰めが甘かったわね、実際」

 ジェーンが天井に穴を開けて飛び降りてきた。
 現地人やら降り人やらと一緒に。

「ジェーン! てめェ゛!?」

 可哀想なグリッド・ライナー。
 お前さんの戦略は、梯子を取っ払っちまえばご破算パーになる。
 まったく、ジェーンもひどい真似しやがるぜ。

 俺の見立てじゃあ、こいつらはグルだった。
 ジェーンは何かしらのデータ収集をしていた。
 その実験にグリッ・ライーも付き合わされていたんだろう。

 用が済んだらさようなら。
 男女を問わず、よくある話さ。
 ろくなもんじゃないぜ!

 ここまでは全て、どうせ茶番だ。
 読み違えていなけりゃあ、俺もお縄になる手筈だろう。
 だがそうはならない。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く