話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Intro 不穏なる者達


「マキト、この道で間違いないのだな?」

 女騎士イスティ・ノイルは、隣に立つ魔法使いの少年に尋ねる。

「地図によれば、その筈だけど……」

 魔法使いの少年津川巻人つがわ まきと――マキトは、首を傾げる。
 その視線は地図と、緑の生い茂る遺跡とを行ったり来たりしていた。

「リッツとリコナは、どう思う? この辺の地形は詳しいと思うんだけど」

 エルフのリッツ、猫人のリコナは互いに顔を見合わせ、それから同時に首を振った。

「わたくしは、あくまで故郷が森の中というだけで、ここの土地勘は無いです」

「残念ながら、アタイも……ガキの頃は奴隷だったし、その後は街でこそ泥やってたし」

 五人のうち四人は、どんよりと淀んだ空気を纏う。
 先が思いやられるとは、まさにこの事だった。
 だが、残る一人は違った。

「情けないのう! 儂ならどんな鉱山でも瞬時に見抜いてやるぞい」

 ふさふさのヒゲを揺らし、ドワーフはカラカラと笑う。
 その様子を面白く思わないリコナは、耳と尻尾の毛を逆立てて牙を剥く。

「あ゛? 今は森の中の話をしてんだろうが。ケツに鉄鉱石ぶっこんでろよ」

「あぁん、マキト! 儂、いじめられてる! 助けて!」

「喧嘩を売ったのはブロイじゃないか」

 身体をくねらせて、ドワーフ――ブロイはマキトに泣きつく。
 マキトはそれを冷ややかに横目で見やり、リッツは溜息をつきながら肩をすくめた。

「窘めたって無駄ですよ、マキトさん。“オラモンドのブロイ”は忘れん坊の代名詞なんですってね」

 一同は苦笑交じりに進んで行く。
 遺跡は広範囲に作られており、終りが見えない。
 そろそろ引き返そうかとマキトが振り返るが、獣人リコナがそれを手で制した。

「あー、ちょい待ち。声、聞こえて来ない?」

「ですね。行ってみましょう」



 ―― ―― ――



 一行は、その声の元をたどる。
 そこには幾つもの切り株に腰掛ける複数の人々と、ひときわ大きい切り株を壇上にして教えを説く者の姿があった。

「――不穏なる陰が近付きつつありますが、決してそれに応じてはなりません。
 罵る声があれば優しく諭してあげましょう。武器を手にやってきたなら、泉へ案内してあげましょう。
 飢える者には食事を与え、肥え太った者には寝床を与えましょう。
 悪逆を為す者達に施す事は悪ではありません。静寂の尊さを教え、そして私達の家族として受け入れる事こそが、森の神々の教えであり……」

 リッツはその演説の内容に耳を傾け、やがて確信したように頷いた。

「“森教もりきょう”ですか……」

「リッツ、何か知ってるの?」

「ええ」

 マキトの問いに、リッツは頬を緩める。
 残る三名はリッツの長講釈の予感に、揃って顔を見合わせながら肩をすくめる。

「故郷の近くの村に、そういう教えがありました。わたくし達エルフを人間が崇めるっていう教えです。
 もう百年も昔に途絶えた筈……珍しい事もあったものですね」

「興味深いのう。儂も崇められてみたい。“石教”とか名乗って」

「硬そう」

 ブロイが冗談めかして言うのを、リコナが更に茶化した。
 水を差されたブロイは、人差し指を咥えて首を傾げてみる。

「えー。駄目かのう」

 マキトは彼らの緊張感のなさに辟易しつつも、今は声を荒げるべきではないと考えた。
 今この場で出せる、自分なりの最適解は何か。

「……とにかく、目的の村である事を祈ろう」

 マキトにとってそれは、ここまでのやり取りを放り投げて、前に進むよう促す事だけだった。


 一行が森教の者達へと近付く頃には、司祭らしき老人が長い顎髭をなでてくつろいでいた。
 だが、老人は一行の姿を見ると、すぐに立ち上がり一礼する。

「よくぞお越しくださいました。皆様を歓迎します。皆様の旅路に、森の加護のあらん事を……」

 老人は胸の前で指を動かし、上向きの矢印のような軌道を描く。

「「「森の加護のあらん事を……」」」

 信徒達もそれに倣う。
 リッツは興味津々といった様子だが、他の四名は呆然と見ているだけだった。

「“樹霊章”……世界樹を象った、祈りの印ですね?」

「よくご存知で」

 リッツの問いに、司祭の老人は満足気に頷く。
 呑気な会話に痺れを切らしたイスティは、司祭を睨んだ。

「日が暮れる前に本題に移りたいのだが、よろしいか?」

 マキトは彼女の肩を叩いて、それを諌める。

「イスティ、訊き方が良くないよ。えっと……ごめんなさい、司祭さん。その、僕達の来訪には理由がありまして……」


 彼らがここへ来た、ただ一つの理由。
 それは、とある人物を打倒する為だった。

 盗賊ギルドを離反した者達による麻薬密売騒動。
 ギズウィックから脱走し、森に迷い込んだ奴隷。
 ルーセンタール帝国から派遣された帝国兵団先遣隊の失踪。
 遺跡に近寄る者達を次々と葬り去る“キラーラビット”と呼ばれるモンスター。

 それら全てを辿っていくと、どれもが彼に辿り着いた。
 今や多大な恐怖と共に“落日の悪夢”の異名を轟かせる、ダーティ・スーという仇敵。
 彼を、今度こそ仕留めねばならない。


「よし! 盟友に恥をかかせた罪、償わせてやるぞ!」

「イスティ。落ち着いて。森教の人が見てるから。不穏がどうとかって言われてるから」

 マキトはイスティの決意を理解しつつも、胃薬が恋しくなっていた。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く