話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Task8 隠しボスとして君臨せよ


「お前は……あの時の、ダーティ・スー……!」

 レジェンドガールが憎々しげに顔を歪める。
 そうだ、その顔だ。

「いやぁ、いい絵になってたぜ、お嬢様がた! お陰で手間が省けた」

 第二ラウンドは、これからだ。
 手負いの獣をいたぶるのは紳士的じゃあないが、黒幕っていうのはそういう事を平気でやるもんさ。
 せいぜい頑張れよ。
 お前さん達のような魔法少女共は、俺みたいな奴を倒さなきゃいけないんだから。

「爺!」

 顔を上げたお嬢様は、爺さんを見る。
 ロナに手振りで示し、しきりに呻く爺さんをお嬢様の隣に置かせる。

「お嬢様は、お前さんを保護しようとしていた。不器用すぎて空回りしていたがね」

「ちょっ、待っ……いえ、お待ちになって! 先生、そんな話……――」

 お嬢様の頭を踏みつけて黙らせる。
 爺さんは鬼の形相で俺を睨む。

「“そんな話、どこで知ったのか”って? そんなのちょいと調べりゃすぐさ!」

 “そんな話、聞いてない”なんて言わせないぜ。
 お前さん達には話さなかったからな。
 最後の最後で、とっておきをぶっ放すというのが俺のプランなのさ。
 後で爺さんに叱られて慰められとけよ、お嬢様。

「このジジイは俺の邪魔をした。後で殺す」

「こんな真似をして、何をしようとしているの!?」

 レジェンドガールが吠える。

「いいかい。俺が特別に長講釈を垂れてやる。
 最強の魔法少女を見つけ出し、その力を奪う。それこそが俺の目的だ」

「どういう……」

「面白くもない話さ。女の、それもガキ共が、大人の男である俺達より優れた力を持っている。しかも!」

 レジェンドガールを指差す。

「才能のある奴がそれを持て余しているとくらぁ! 
 下を見てみろよ。ああっ、可哀想に! あいつらはその花がしぼむ最後の瞬間まで、日陰で咲き続けるしかないのさ!
 蝶も寄り付かない、徒花あだばなとして!」

 俺は片手で目を覆い、天を仰ぐ。
 実に芝居がかった仕草だが、今に始まった事じゃあない。
 周りの連中がくたびれ果てて俺に手出しのしようがないなら、演説は続けるべきだ。
 奴らが再び牙を剥く、その時まで。

「……そんなの、黙って見てられるかい? いいや無理だ、我慢ならん。
 だから俺はそいつらの力を吸い取って、世界中に売り捌く!」

「不可能だよ、そんなの!」

「果たしてそう言い切れるかね。このお嬢様だってついこの間までは、金と地位しか持っていなかったぜ?」

 足元のお嬢様を、もう一度蹴飛ばす。
 くぐもった呻き声が俺の胸を痛めるが、そこは我慢すべきだ。

「研究を進めれば、男が持つのも不可能じゃない。るきな。お前さんは既に目の当たりにしている筈だ。俺の、力を!」

 指をパチンと鳴らして、煙の槍をいくつも呼び出す。
 降り注ぐ煙の槍に、魔法少女共は為す術もなく地に伏した。

 可哀想な連中だぜ。
 口々に月並みな台詞を喚いても、みんなして餌食になっちまった。
 目論見通り・・・・・、お嬢様は爺さんをしっかりかばってくれた。

「これを世界中の男が持ってみろ! 男の支配する正しい世界に戻せる!」

 ……ただ、レジェンドガールだけは上手く避けやがった。
 奴の見開いた両目から感じ取れる感情はただ一つ。
 それは、憎悪だ。


「そしてもう一つ、夢のある話を聞かせてやろう」

 演説には、まだ続きがある。
 続いてのサプライズだ。
 俺は、ロナを顎で示す。

「こいつは、ロナ。俺が改造、洗脳して作り上げた、人造魔法少女の兵士だ!」

 ロナはそれに応じて、前に出た。
 こいつは空気を読んでくれているのか、一言も発さない。

 顔を上げたお嬢様は、声を絞り出す。

「う、嘘……!?」

 重苦しい雰囲気が、曇り空をより暗くさせている。
 にもかかわらず、ロナは気楽だ。

『……アドリブに付き合わされる身にもなってくださいよ』

 なんて、念話で毒づいてきやがった。

『いい演技ができたら、主演女優賞をくれてやってもいい』

『帰ったらベッドな』

 ロナは念話を打ち切ると、すぐに切り替えた。
 まるで操り人形のように、

「私はマスターに従い、あのように演じていただけです。マスター、次のご命令を」

 と、感情の篭もらない声で俺に問うてくる。
 即興劇にしては上出来だ。

「お嬢様を捕まえとけ。次の素体・・にする」

「はい、マスター」

「せいぜい、わたくしを捕まえて、いい気になっていなさいな……! 配下を勝手に使った借りを返してやりますわ!
 たとえ人形にされても、いつか、必ず……!」

 羽交い締めにされたお嬢様は健気にも、枯れた声で憎まれ口を叩く。
 奴も大概、役者だからな。
 どこまでが本心なのかは俺にも解らん。
 ロナは無表情のまま、そんなお嬢様を屋敷のほうへと引き摺っていく。

「お嬢様! くそ、だから私は反対だったんだ! 紗綾お嬢様を返せぇッ!!」

 いつの間にか轡の外れていた爺さんが、絶叫する。
 ……心の底から慕っているんだな。


 俺はレジェンドガールが落としていた杖の所まで歩き、それを拾い上げた。

「早草るきな。お前さんの力は頂いた」

 ペン先のように、くるくると回す。

「ついでに言えば、お前さん達はくたばっていようが関係ない。どうせ別の世界で人生をやり直すだけさ!」

 あからさまな挑発だ。
 それでもレジェンドガールは、へたり込んだまま動こうとしない。
 杖で肩を叩きながら、俺はバスタード・マグナムをホルスターから抜き取り、構える。

 狙いは奴の心臓だ。
 実際に撃つつもりは無いが、奴らからすりゃあそんなの知るよしもないだろうな。

「――あばよ、レジェンドガール!」

 と、そこに。


「「――待て!」」


 レジェンドガール達の背後から現れたのは、ミカン&タピオカだ。
 わざわざ二人して自転車でやってきたのか。
 まぁ、タクシーよりは近道がしやすいか。

「早草さんは、渡さない!」

「紗綾様を返してもらう!」

 レジェンドガールは思わぬゲストに驚く。

「た、滝岡君!? それに、御剣先輩まで……」

 もちろん、俺にとっては想定の範囲内だ。
 何故ならここに来るよう仕向けたのは、他ならぬ俺だからさ。
 使用人の一人に、電話させた。
 だから次のタピオカの返答も予想通り。

「非通知で電話が来たんだ。早草さん達が危ないって」

「俺も電話が。まさか、こんな事になっているなんて」

 ミカンの奴は爺さんの縄を解く。
 タピオカ野郎は震える足取りながらも、ゆっくりと俺に近付いて来る。
 泣かせるね。
 だが、だからこそ歓迎する必要がある。

「随分とお早いご登場で。もう宴もたけなわだぜ」

「知った事か!」

 勇ましいタピオカ君を、レジェンドガールは足を引きずりながら追いすがる。

「待って! 滝岡君じゃ勝てないよ!」

 そして、這いずったままタピオカ君のズボンの裾を掴む。
 タピオカの奴は振り向いてしゃがみこみ、レジェンドガールの両肩を掴む。

「早草さん……いや、るきな。僕だって、張りたい意地の一つくらいはある。
 商店街の時はごめん、僕が臆病だったばかりに……けど、もう逃げたくないんだ」

「無理だよ……お願いだから逃げて! 私は、どうなってもいいから!」

「僕も、るきなを守れるならどうなってもいい。お揃いだね」

「こんなのお揃いでも、私、嬉しくないよ……!」

 レジェンドガールはついに、嗚咽を漏らす。
 頬を伝う涙に、嘘は感じられない。

『あー、妬けますね、まったく。あたしも最初からああいうのと付き合ってたら、こんな歪まなかったのかな』

 見れば、ロナは屋敷の扉に爺さんを座らせていた。
 仁王立ちで辺りを油断なく見回している。
 使用人共は縛ってあるから、おいそれと増援は来ないと思いたいが。

『出来上がった壺の形は変えられないぜ』

 俺は杖を収納して、代わりにバーボンのボトルを取り出す。
 余興は酒を片手に見るのが一番だ。

『よし、後であたしを慰めろ』

 ……わかった、わかったよ。
 お前さんは主人の帰りを待つ犬か何かかね。
 まったく、世話の焼けるお嬢さんだぜ。

 それよりも、レジェンドガールを見ろよ。
 奴ときたら、光に包まれて何かおっ始めるつもりだぜ。

 ボロボロの制服姿が、あっという間にピンクと白のフリフリドレスに早変わりだ。

「あ、あれ……!? 変身、できた……!?」

 レジェンドガールは自分の両手、続いて自分の姿を見て驚愕する。
 ……奇跡を起こす、真実の愛って奴だな。
 そう来なくっちゃ、主人公ってのは務まらない。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く