話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Task6 早草るきなと接触せよ


 特訓を始めてから二十日間。
 お嬢様もロナも、ようやくサマになってきた。

 体力、反射神経、どっちもいい具合に仕上がってきている。
 ここまで存外に早かったからスケジュールに余裕ができた。


 そこで、黒幕を気取るならやっておきたい事がある。
 偵察だ。

 お嬢様にはその間に、奴自身が一番必要と思ったものについて勉強させている。
 補佐役としてロナを付けさせた。
 流石にボディガードや召使い共にその仕事をやらせるのは、俺が仕事したうちに入らないからな。

 ありがたい事に、今のお嬢様にはこの世界に関係する重要な知識がある。
 それは、いずれ相手するだろう魔法少女共の活動範囲だ。
 曰く“そういう設定だから”で片が付くそうだ。

 早草るきなは、この時間はよくお友達と遊びに行く。
 閃きが丘商店街という所が、奴の目的地だ。
 臥龍寺財閥諜報部からお嬢様経由で知らされた俺は、早速そこへ向かう。


 程なくして、俺は早草るきな――つまりレジェンドガールを見つけた。
 お友達の女の子が一人、それと……。

「なあ、暇してるなら遊ぼうぜ~?」

「俺、車持ってっからさ! 車!」

 面白そうなオマケが二人。
 オマケコンビは髪を染めていて、俺に負けず劣らず派手な服を着ている。

「えっと、その、予定があるんで……」

「逆に? いいじゃん、夏休みだよ? 思い出作りしなきゃ!」

 たじろぐ乙女達に、お構いなしのクソガキ共。
 ……出やがったぜ、このお約束。
 じわじわと裏路地に追い詰めたりなんかして、一体全体何をしようというのかね。

 これでパンツ姫だったら颯爽と登場して助けに入るんだろうが、そいつは俺のやり方じゃあない。
 俺は俺のやり方で、この小さなタスクにケリを付けよう。

 クソガキ共は俺に背を向けている。
 俺は路地に入り込み、その背中に軽く触れる。

「お前さん達、やめといたほうがいいぜ」

「は……? 何調子こいてんの? ぶっ殺すよ?」

「邪魔しないで欲しいんですけど~?」

 振り向いたガキ共は、いかにも怒っているふうな顔を作ってやがる。
 生前の俺なら容赦なく殴られていただろう。
 残念だったな、今の俺で。
 一度くたばってからは、肝が据わっちまったんだ。

「そいつは魔法少女だ。不屈の魔法少女、るきな。化け物共と云十年も戦い続け、親玉をぶっ殺した、正真正銘のレジェンドだぜ」

 俺は、るきなを指差す。

「奴は、かの臥龍寺財閥が手に入れる予定だ。お前さん達みたいなドブネズミが食っていいチーズじゃないのさ」

 みるみるうちに、奴らのツラが青ざめていく。

「は!? いや嘘でしょ! そんな魔法少女がすぐ近くに――」

「――それとも、揉み消しの手間をかけさせるつもりかい」

 奴の言葉を遮り、銃を取り出して目の前で弾を一発ずつ装填してみせる。
 おもちゃの銃と思われちゃ面倒だし、こうして弾を見せたほうが早い。
 もちろん銃刀法違反だが、奴らがそれを言いつけたとして誰が腰を上げてくれるのか。

「最近ご無沙汰でね、手が滑るかもしれん」

 銃口を突き付ける。

「ひっ……やべぇ! に、逃げろ!」

 一目散に走り去っていくガキ共を見送り、俺はるきな達に視線を戻す。
 奴は、まるでドブの中のイトミミズを掴むような目で俺を見ていた。

「……おじさん、臥龍寺財閥の関係者ですよね?」

「あいにく、名刺を持っていない」

 俺は愛銃をくるくると回し、コートの裏のホルスターに入れる。

「さっきの不良をけしかけるなんて、臥龍寺財閥ならお手の物。
 以前もそうやって、配下の魔法少女が私の危機に駆け付けたと装って、勧誘してきました」

「だったら、お前さんが変身すれば済む話さ。何故やらない」

 そもそも「魔法少女って何の話ですか?」とすっとぼけりゃ丸く収まっただろうに。
 だが、そんな余裕は無さそうだ。
 両手の拳を強く握って、わなわなと震えるこいつには。

「私は……! 普通の女の子でいたいんです。普通に学校生活やって、普通に、恋をしたりして」

「お前さんの意志は関係ない。世界中の悪意はお前さんに釘付けだ。
 今に、雑巾絞ったバケツを水槽にぶちこむより酷い事になるぜ」

 その問いかけから数十秒。
 返答は無かったが、代わりに奴の眉間には深いシワが刻まれていった。

「……行こ、あいり」

「う、うん」

 やがて、奴はお友達の手を引いて俺の横をすり抜けていく。
 無視するのは感心しないな、レジェンドガール。
 俺は指をパチンと鳴らして、奴らの進路上に煙の壁を作る。

「……っ!?」

 振り向いた奴らの表情は、様々な感情を含んでいた。
 侮蔑。
 懐疑。
 そして、恐怖だ。

「――平穏、栄光、恋人、友人……何もかもを手に入れた今、お前さんは自由だ。
 路傍に転がる石を蹴飛ばす事も、放っておく事もできる」

 俺は足元の石を拾って、ゆっくりと歩を進める。
 一歩進むたびに、奴らは目を見開いていく。

「だがもしもその石がいたずら好きで、馬車を転がす事を喜びとしていたら?
 間もなく馬車がやってきて、そこに貴婦人が乗っていたら?」

 俺の問いに、奴は答えない。
 答えをそもそも持っていないのか、或いは考えているのか。
 だが、それでこそやり甲斐がある。
 初めから悩まない奴はよっぽどの馬鹿か、運の良かった奴だ。

「御者は石に気付かない。哀れ、貴婦人は馬車と一緒に真っ逆さま。
 貴婦人は己の不幸を呪うだろう。あそこに石が無かったら、と」

 レジェンドガールの足元に石を放り投げ、そして指差す。

「どうする、レジェンド。石はすぐそこにある」

「そっと掴んで、どかせばいい」

「なるほど。それもいい。結果としては蹴飛ばすのとさして変わらない。
 それじゃあ、やってみな。よく灼けた石だ。注意深く掴む必要があるぜ」

「……おじさん、名前は?」

「ダーティ・スー」

「へぇ。クリント・イーストウッドには似ても似つかないね」

 レジェンドガールの声は震えているし、作り笑いも引きつっている。
 精一杯の虚勢を張る程度でも度胸があれば充分だがね。
 “今日はツイてるか”ってか?
 ……いい趣味してやがるよ、まったく。

「そいつぁダーティ違いってもんだぜ。俺はあいつほどナイスガイじゃあない」

 煙の壁を解除して、俺は手を振りながら踵を返す。
 奴らは来なかった。

 収穫は上々だ。
 お嬢様の二番煎じにもなりかねないが、そこはいい。

 俺の顔を覚えさせた。
 奴は、俺を恐れた。

 コートを羽織った露出狂の連中にも聞かせてやりたいぜ。
 ナニを見せるより遥かに効果的だ。

 しかも、この世界での警察は臥龍寺財閥に心臓を握られている。
 汚職、揉み消し、何でもやりたい放題だ。
 実に素晴らしいね。
 お陰で、後からどうとでもできる。


 さあ、これから忙しくなるぜ。
 あのレジェンドガールの正義を検証し、お嬢様から見せ場を奪う。
 誰一人として、俺のシナリオを邪魔はさせない。

 この世界は、俺がイニシアティブを握る。
 つまり賭けに勝つのは、この俺さ。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く