話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Final Task 真実を突き付けろ


 さて、パンツ姫。
 種明かしと決め込もうぜ。

「サキュバスにヴァンパイア、管狐くだぎつね、更にはウサギの獣人の血まで混じった、吸精のサラブレッド……」

「やめろ、それ以上は……!」

 パンツ姫はハラショーエルフを突き飛ばし、頭をかきむしりながら苦しむ。
 もちろん、俺はやめない。

「その強烈過ぎる副作用に、理性は耐え切れなかった。サボテンを胃の中で育てるようなものさ」

「――! う、ぐ、あぁぁぁあっ!」

 蜂蜜のような金髪は長く伸びながら、血を薄めたような薄紅色へ。
 日焼けしていない綺麗な肌は更に色が抜けて、屍蝋のような白へ。
 見る奴が見ればそそる・・・光景に違いない。

「心が破裂して廃人になる寸前のところに乗り移った、一つの魂……それが、お前さんだ。
 可哀想に……お前さんの魂が典型的な男だったなら、素直になれただろうに。
 残念ながら、お前さんはユニークな女だった。苦悩も人一倍ってわけさ」

「やめて、やめでぇ……! ぼ、ボクが、ボクじゃなぐなっぢゃうぅ……!」

 奴が頭を抱えながら膝をつくと、すぐに頭の左右から二本の巻き角が伸びていく。
 耳は変形して狐とも兎とも付かない形に。
 同時に、背中からはコウモリの羽が、腰の後ろからは狐の尻尾が生えてくる。

「――本当に解放されるべきなのは、お前さん自身じゃあないのかい?」

 スレンダーな体つきも少しずつ膨らんで、有り体に言えばすっかり“オンナ”の身体だ。
 小ぶりだった胸は大きくなり、ブラは今にもはちきれそうになっている。

「んっ、うくっ……」

 汗で濡れたロングヘアを揺らしながら、パンツ姫が顔を上げる。
 両目の黒く細長い瞳、そしてその周りには夕暮れのような紫色に縁取られた、金色が囲んでいる。

「ほむ。サラブレッドというよりも、キメラですな」

 ハラショーエルフは値踏みするようにパンツ姫を眺め、対するパンツ姫は長く伸びた牙を剥き出しにする。

「全部……思い出しちゃったよ。前の持ち主、ジョジアーヌが何を思って、心を封印したのかを……キミ達のせいでその封印が解かれてしまった!」

「人のせいにするのはやめようぜ。どっちにしろ限界だったんだ。
 あの時、俺達の接近に気付かない程に熱中するくらいだったからな」

「それでもジョジアーヌは、ずっと封じ込められていたかった。心が融け合った今なら、それが解る」

「その代償に乙女の下着を味わうってか? 足掻いても無駄さ」

「無駄かどうかは、ボクが決める!」

 無手でありながら、パンツ姫は牢屋から出てきて俺に襲い掛かる。
 まったく、世話の焼けるお嬢さんだぜ。

「カァアア!」

「おおっと」

 なりふり構わない一撃が、俺のすぐ横を掠める。
 なるほど、人間の姿を捨てたんだ。
 並の人間じゃ不可能な事ができてもおかしくはない。

「ボクは、勝ちたい……勝たなきゃいけない!」

 奴は手の平を水平にし、突きを放ってくる。
 それも、何の力も借りない奴からすればきっと目に見えないほどの速さで。
 俺はそれを次々と弾く。

「ロナを、ボクに、寄越せ!」

「嫌だと言ったら?」

 両手を掴む。
 さて、どう出たものかね。
 さっきまでの俺の余裕が嘘みたいだ。
 こいつが目覚めてからの動きが読めない・・・・

「無理やり奪ってみせる!」

 俺の手をひねってからの、回し蹴り。
 これには驚いた。
 もちろん、奴の言葉にも。

「お前さん……時を遡って今までの言葉を自分で聞いてみろよ」

「その必要が? ボクの心はブレてなんかいない!」

 自分で何を言ったか、それを解った上でそれを信じて疑わないのか。
 つまり最初から、こいつは自分の欲望に忠実である事を認めていたわけだ。
 故意犯にして確信犯と来た。

「大した面の皮だ」

 俺は煙の槍を何本か空中に呼び出し、顔面を狙う。

「伊達にしてやるぜ、お姫様!」

「当たるもんか!」

 奴は上体を左右に逸らしながら、一気に間合いを詰めてきた。
 俺は組み付かれ、首筋に何かが刺さる。

「初黒星、といいたい所だが……臆したな、お前さん」

 それは、奴の牙だ。
 俺が奴のツラを片手で押しのけると、その表情は驚愕に彩られていた。

「どうして……効かないの? 記憶が正しければ、これが一番の筈……」

「俺がことわりの外側にいるからさ。
 俺を消せばロナが悲しむとでも思ったようだが、その理屈が通用するのは普通の人間だけだぜ」

 容赦なく殺して奪えば、本人の気持ちはどうあれお前さんのモノにできただろうに。
 俺を魅了しようだなんて、浅はかな奴だぜ。

「ダーティ・スー……!」

 奴の恨みがましい視線は、すぐに消えた。
 どうやら無理が祟ったらしく、その場に倒れちまった。

「ボス、ご無事で!?」

「レンタル品のブツをお持ちしました! 檻に使う奴も!」

 おそろしく早いタイミングで、店員共が拘束衣と何らかの装置を運んできやがった。
 その口ぶりからすると、どれもあらかじめ用意していたらしい。

「ご苦労! すぐに実行するのですぞ! ダヴァイダヴァイ!」

「「了解!」」

 すぐさま、パンツ姫は拘束衣を着せられた。
 檻が閉ざされ、入り口に装置が付けられる。
 ハラショーエルフはその様子を見ながら、赤いハンカチで冷や汗を拭った。

「ふう……一時はどうなるかと。追加報酬として、ジョジアーヌ殿……いや、サイアンの処女を貰ってはくれませんかな?」

 取ってつけたような言い方をしやがる。
 どうせ、最初から利用するつもりだろう。

「……もともと、こいつを連れ戻せればそれで良かった契約だ。用は済んだ。帰らせてもらうぜ」

「然様ですか。勿体無い」

「ホムンクルスを作る為に、どうにかするって算段だろう。てめぇの穴で試す事さ」

「おお! それもやぶさかではありませんな!
 我輩も三百年の間、独り身でしたからな。欲望は全て研究のほうに振り切っておりました。
 がっつり熟成! エルフの辞書に売れ残りという言葉は存在しませんぞ!」

 ……どうだか。

「気が向いたらな」

 俺とロナの懐中時計が光る。
 ハラショーエルフのしょげかえったツラを拝みながら、俺達は帰った。



 ―― ―― ――



 いつものうらぶれたバーにて。

「別にいいんですけどね。あの雌豚共よりも前に……最初にあたしとシてくれるなら」

「なんだって」

「言いませんでした? 元カレとは“そういう関係”になる前に、フラれちゃったんです。
 つまり、あたしも未使用って事。男の人ってそういうの好きでしょ?
 いいですよ。あたしの事、滅茶苦茶にしてくれても」

「……どういう風の吹き回しかね」

「だってあたし、奴隷ですし。破滅的な関係って、燃えるじゃないですか。
 その後は誰かに寝取られてくれても、いや、そのほうがそそる・・・
 悲劇のヒロイン、可哀想なあたし。内なる心の王子様が、夢のなかで慰めてくれるんですよ」

 笑っちまっていいのか?
 深刻そうな顔でもすりゃいいのか?

 ふざけやがって。
 こんなのって、ありかよ。

「あー、お二方。お楽しみのところ悪いんだが、そういうのは個室でやってくれるかな」

 頭を掻きながらやってきたのは、無精髭の憎い奴。
 スナージ様のお出ましだ。

「俺は何も悪くない」

「いや、お前が全面的に悪い。爆発しろ」

「やなこった」

 くだらない押し問答の末に、俺はやっとの思いで酒にありつけた。
 スナージの野郎、俺がDランクに上がった事をついでのように抜かしやがって。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く