話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Task6 囚われのお姫様を依頼主に提出しろ


 俺はパンツ姫を担いで、ロナと共に“赤い狗鷲亭”に辿り着いた。
 来客用の勝手口を通るや、二人組の店員に地下室へと案内された。

 食品類の倉庫を通り過ぎた、その更に奥。
 そこには鉄格子の牢屋があった。

「ボスをお呼びします。その間はお任せします」

 店員コンビの片割れがパンツ姫を牢屋に入れて鍵をかけ、鉄格子越しにバケツで水をぶっかける。
 そのまま、元来た道をそそくさと帰っていった。

「ここは……そうか、ダーティ・スーに捕らえられて……!」

 目を覚ましたパンツ姫は、鉄格子をがっしり掴む。
 耳障りな金属音が地下室に鳴り響いた。

「ボクをどうするつもりだ!」

 おまけに凄まじい形相で睨んできやがる。
 まったく、いい気味だぜ。
 これで少しは頭を冷やせるってもんだろう。

「それは依頼主が決める事さ」

「そうですね。あのヒゲ女はどこで油を売ってるのやら」

「ごめんよ、ロナ……ボクはキミを救い出せなかった……」

 かと思えば、ロナを見て悲しい顔をする。
 面白くなってきやがった。
 是非とも期待以上の反応を見せてもらいたい。
 俺がロナに目配せすると、ロナは念話も無しに俺の意図を察してくれた。

「何を勘違いしているのか存じ上げませんが、あたしは一度も、スーさんの奴隷とは言ってない」

「えっ」

「まず前提からして間違ってたって事。このクソ野郎は面白がってあんたの妄想に付き合ってただけ。
 あたしは、この人を利用してるんですよ。自分の居場所を作る目的でね」

 前半は正解だし、後半もロナ本人から最近聞いたばかりだ。
 近頃はよりいっそう、俺の真似に磨きが掛かってきている。

「迷惑極まりない話だぜ。いい世界に引っ越せと何度も思ったんだが」

「まあその“いい世界”ってのがスーさんの隣だったってだけの話ですね、単純に。
 不幸に溺れる毎日は、それなりに気持ちいいですよ?」

 悪趣味な奴だぜ。
 そのオナニーを目の前で見せられるこっちの身にもなってみろ。

「ロナ……キミを射止めるまでボクは諦めない」

「おぇっ。勘弁してくれよ。あんたはタイプじゃないんですよ。人と人との約束を守らない奴なんて……」

 パンツ姫を冷たく見下ろすロナは、顔に見合うこれまた冷ややかな声で吐き捨てる。

「やく、そく……」

「負けたんでしょ。決闘に。しかも自分が救った筈の人達を賭けに出して。
 ……あんたが条件を出された時点で引き下がるような奴だったら、あたしだって少しは考えた。
 必ず勝つ? 思い上がらないで下さいよ」

「でも、ダーティ・スーだって、約束を守るような奴には……」

 反論するパンツ姫の声は、ロナが眉根を寄せて悲しく微笑むのを見て、尻すぼみになっていく。

「よくそれで“風の解放者”なんて名乗れますね……」

 ロナの奴はただでさえ辛気臭いのに、余計に湿気ちまった。
 パンツ姫は、それでも未練たらしい眼差しを送る。
 どうしたものかと思った時、地下牢の扉が開かれる。

「話は聞かせてもらいましたぞ!」

 ようやく、あのハラショーエルフのお出ましだ。
 奴の手元には、拳大の金属ケースがあった。

「ボクをどうするつもりだ」

「ほむ。やはり、見た目は完全に別人ですな……もう少し、ジョジアーヌ殿の事を理解していれば」

「質問に答えてよ」

「ああ失礼。聞きたいですかな?」

「俺も気になっていた」

 ロナの視線が「ホントかよ」と問いかけてくるが、俺は本気だ。
 これだけ回りくどい真似をしくさってきたんだ。
 色々と思い当たるフシはあるが、一応は確認しておきたい。

「錬金術士なんて名乗るんだ。ホムンクルスでも作るつもりかい」

「正解ですぞ! その材料集めを、ジョジアーヌ殿に協力してもらう予定だったのですな」

「けど、奴隷にしてたんですよね?」

「込み入った事情がありましてな。お家騒動から救い出す為に匿う必要があったのですぞ。
 錬金術士といえば黒い噂は絶えませんぞ。その奴隷になれば命の保証もない。敵はそれで納得して、手を引いて下さったのですな」

「綺麗事はせよ、冬将軍」

「いやいや、本当の話ですぞ~!」

「だったら、雪ヘビ云々なんざほったらかして、さっさと本題に入れば良かったのさ。だが、何らかの理由でそれができなかった」

「同志が依頼通りに動いてくれるかどうかを試す必要があったのですな」

 ヒゲをいじりながら、ハラショーエルフは涼しい顔で嘯く。
 ロナは一瞬だけ首を傾げたが、やがて納得したのか、小さく頷いた。

「……まあ、筋は通ってますね」

 ああ、その通りだ。
 だからこそ、これは嘘だ。

「……狐と狼の区別くらいはつく。両手に穴を開けられるのが怖くないなら、踊ってやってもいいぜ。ドブの女神様」

 消される前に捕まえたかった。
 腕が良くて無茶振りにも対応できる奴に頼みたかった。
 となれば、答えの候補はそんなに多くはない。
 だが――。

「万一、答えが間違っていたら、それはそれで癪に障る。
 だから俺は何も言わない。お前さんが何かを企んでいる事以外は」

「さすが、お見通しですな。では、とりあえずターゲットが本物かどうかを確かめますですぞ!」

 ハラショーエルフは手元の金属ケースから、棒状の赤黒い宝石を取り出した。
 それを見たパンツ姫は突然苦しみ始め、その場にうずくまった。

「あっ、うぐ……な、何を……!?」

「奴隷に苦痛を与え、全身の筋肉を弛緩させる術式ですぞ。
 まだ効果はあるようですな。という事は、やはりこの金髪がジョジアーヌ殿と……」

 厭らしい笑みを隠そうともせず、ハラショーエルフは牢屋を開けて中に入った。
 そして、パンツ姫の服を脱がす。
 下着は……上下ともに黒のレース付きか。
 いい趣味してやがるぜ。

 胸は歳相応で、小ぶりだな。
 サラシで平たくしているものかと思ったが。

「お前さん自身は、その身体についてどこまで知っている?」

 俺は壁に寄りかかりながら、インタビューでも決め込むとしよう。
 ハラショーエルフはパンツ姫を仰向けに寝かせて、何かを探しているようだしな。

「し、知らない……気が付けば、この身体、でっ、この世界に、あぐっ、くっ……」

 パンツ姫は痙攣していた。
 ハラショーエルフはといえば、理解が追いついていないようだった。

「い、一体、ボク、どうなって……!」

「それは我輩の台詞ですぞ。このような事は初めてですからな」

「ナターリヤさんもご存知ない? じゃあ、何が起きてるんです?」

 ロナも眉根を寄せる。
 まあ見てろよ。
 古今東西よくある話だ。

「とある作家が言っていたが、悪魔的な奴は時に善を装う。または完全に善となる。
 奴隷解放を謳うのは結構だが、花畑がどこまでも広がっていると信じて目隠ししながら歩けば、そのうちガケから真っ逆さまだって事を、考えないようにしてきた」

「その結果がこれですか」

「ああ」

 ……さて。
 あとは、幸運にも転がり込んできた、こいつに関する真実を突き付けてやるだけでいい。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く