話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Task5 サイアンとの決闘に勝利しろ


 約束の日の夕刻、ギズウィックの街にある“蒼天の柱”にて。
 大げさに柱と銘打っちゃいるが、二階建ての建物に囲まれただけの、四方が100メートルくらいの大きさの広場でしかない。
 その建物にしたって、赤レンガのありふれた造りだし、足元の石畳は灰色で代わり映えしない。

 そしてどこから集まったのか、大勢の観客共が広場の端に陣取っている。
 何故かバニーガールがシルクハットを逆さに持ちながら、その観客共から金を集めていた。

 広場の中央を見れば、王子様気取りのパンツ姫が仁王立ちしていた。

「約束通り来てくれたね……評判では、もっと不誠実な奴だと思っていたけど」

「あたしとしても思い当たるフシがありすぎて、気になりますね。どんな噂が?」

 俺の隣を歩いているロナが、首を傾げた。
 どうせ碌でもない噂だろうよ。
 大歓迎だぜ。

「山賊を馬車に詰めて焼き、その匂いで魔物をおびき寄せたとか」

「いいねえ。くたばっても惜しくねぇ連中だ」

 おびき寄せたのは衛兵だし、燃やしたのは依頼主の商売道具だがね。
 今思えば、勿体無い事をした。

「一流の冒険者が集まる街を一夜で滅ぼしたとか」

「あー……多分アレの事ですかね。誰がこの世界に伝えたのやら」

 ゲームの世界での事なんだが、同業者がこっちで広めやがったか?

「鍛冶屋から一品物の武器を奪う為に娘をさらって、塔の上から突き落としたとか!
 衛兵が嘔吐するまで腹を殴り続けて、止めに来た人を腐りかけの杭で突き殺したとか! 全部が全部、極悪非道だよ!」

 観客共は口々に「そうだそうだ!」と喚き立てる。
 いいねえ、まさしく公開処刑にふさわしい舞台だ!

「だが、その極悪非道なダーティ・スーに喧嘩を売ったのはお前さんだぜ」

「だって、ロナをそんな奴と一緒にいさせたくはないんだ」

「とか言って、どうせあたしのパンツの匂いを嗅ぎたいだけなんじゃないですか?」

「ふふ……その件については放っといてくれるかな……」

 前髪をかきあげながらあさっての方向を見て言っても、ちっともサマになりゃしねぇ。
 印象ってのは、それだけ大切なんだよ。

「さっさと始めようぜ」

「望むところだ」

 お互いが位置について、武器を取る。
 パンツ姫はレイピアを。
 俺は、ダガーナイフを。

「お前さんの正義を検証してやる。他の奴らと同じように」

 俺は指輪からバーボンのビンを取り出し、飲み干す。
 それを真上に投げた。

 くるくると回りながら、ビンは俺とパンツ姫の間で割れる。
 それが決闘の合図だ。

「――!」

「来いよ」

 決闘が始まるや、パンツ姫は踊るように華麗なステップで寄って来る。
 繰り出される突きを、俺は裏拳で弾く。

 なるほど、御大層な二つ名は伊達じゃあないらしい。
 隙のない動きは、それなりの手練れという事を感じさせる。

 俺が今まで戦ってきた相手は、みんな大振りの攻撃ばかりだったからな。
 こういう手数で攻めてくる奴は、新鮮でいい。

「検証って言ったけど、キミは誰かをいたぶって楽しんでるだけだ!」

「悔しかったら俺を牢屋にブチ込んでみな!」

 こいつも運が無いな。
 経験とはすべからく普遍的なものだぜ。
 大抵の料理に玉ねぎを入れても、そこそこサマになるのと同じさ。

 どんな戦いでも、得物は生命線だ。
 俺はなるべくレイピアの根元を狙って、ダガーをぶつけた。
 少しずつ相手の武器の重心をずらして、集中力を奪う。

 手数には手数を。
 奴の細い指じゃあ、できる事は限られている。

「そろそろ本気を出したらどうだい?」

 観客共は揃って葬式みたいなツラをしてやがる。
 いい顔じゃないか。

「ボクは最初から、本気だ……っ!」

 真正面から、突きが来る。

「獲った!」

「甘すぎるぜ、王子様」

 俺は左手に煙の槍を作ってレイピアを挟み込み、空間に固定した。

「――っ!?」

 その勢いに乗って、相手の右手首をひねる。
 指が緩んだところを、俺はレイピアを掴んで放り投げた。

った」

 レイピアは石畳に叩き付けられ、根元からポッキリと折れた。
 テーブルにフォークを転がしたような音が、石畳に響く。
 そして俺は煙の槍をありったけ、パンツ姫の腹に叩き込んでやった。

「げぅ、うっ……!」

「ゲームセットだ、王子様」

 俺は倒れそうになった王子様の胸倉を掴み、耳元で囁く。

「俺に出会うまでがイージーすぎたのさ。
 借り物の力で雑魚を蹴散らし、たくさんの女の子に“よく頑張ったね”って、よしよしされたいんだろ?
 残念だったな。その甘い蜜をすするのは、お前さんじゃなくて、この俺だ」

 そら、反論してみやがれ。
 お前さんの正義が本物なら「それは違う」と言える筈さ。
 言った上で、奴隷を寄越せ。
 正義の責任を負うのが、今お前さんに課せられたタスクなのだから。

「ああ、旅のお方、その辺にしてやっては貰えんかね……奴隷なら他にもいるじゃないか」

 決闘保証人のおっさんが、おずおずと前に出る。
 怖いもの知らずなのは結構だが、提案の内容は頂けないな。

「カーテンコール帝国だか何だか知らんが、御大層な看板を引っ提げて喧嘩を売ったんだ。落とし前を付けるのがスジってもんだぜ」

「だが……」

 言い淀む保証人。

「ダーティ・スー!」

 立ち上がって、俺を睨むパンツ姫。

「ボクは、まだ終わってなんかない……!」

 こいつは驚いた。
 まだやる気かよ。
 更に忌々しいのは、周りの連中も乗り気だって事だ。

「いいぞ! 頑張れ“風の解放者”!」

「“落日の悪夢”を倒すのよ!」

 どいつもこいつも……。
 敵役の俺が約束を守ったんだぜ。
 どうして主役のこいつが約束を破る?

 俺は約束には寛容で忠実だが、お約束・・・は大嫌いだ。
 神様がいつでも奇跡を起こしてくれると思ったら大間違いだぜ。

 俺はホルスターからバスタード・マグナムを抜き取り、構える。

「じゃあ、続きはベッドの上だ」

「あ、ぐッ……!?」

 そして、パンツ姫の足を撃ち抜いた。
 生かして捕えるのが依頼だし、そもそも殺すなんて選択肢は最終手段であるべきだ。

「ダーティ・スーを殺せ!」

「「「オー!」」」

 そこら中で、観客共がビンやら手頃な物を武器にして鬨の声を上げる。
 みんなしてご立腹だ。

『ロナ。ずらかるぜ』

『……そうですね』

 夕焼け空に一発の銃弾をブチ込んで、その上でみんなの王子様の口にアツアツの銃口を突っ込み、再び撃鉄を起こす。
 その長い舌が猫舌だったら申し訳ないが、我慢してくれよ。

「不本意な奴隷解放になっちまうが、それでもいいのかい?」

 奴らはそれだけで黙った。
 俺はパンツ姫を抱えながら、ロナと一緒にギズウィックを後にする。


 ……大したもんだぜ、魅了って奴は。
 あのクソッタレのハラショーエルフが欲しがるわけだ。

 ちなみに、どうでもいい話も一つある。
 パンツ姫を手土産にマロースブルクへ向かう道すがら、何故かロナは終始にやにやしていた。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く