話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Final Task スナージとの賭けに勝て

 俺は今、いつものうらぶれたバーにいる。
 スナージの拠点で、俺達ビヨンドの拠点でもある。

 カウンター席に、俺は座っていた。
 依頼はまだ継続中。
 俺じゃなくて、ロナにやらせている。


「やられたのかよ、情けねぇな」

 スナージがグラスを磨きながら、横目で俺を嘲笑う。
 別に恥ずかしい事じゃあないと思ったので、俺も笑顔で返してやった。

 そしたら周りで呑んでいた同業者は、俺を見るのをやめた。
 失礼な連中だぜ。

「実際、手詰まりだったぜ。相手が悪かった。クラサスとかいう野郎だ」

「あいつか……」

 どうやら、たっぷりご存知らしい。
 スナージは大げさに左手で額を覆いながら天を仰ぐ。

「ロナの内臓をぶち抜いたクソ野郎は、あいつだろ。金を積まなくてもペラペラ喋ってくれたぜ。ご丁寧に長講釈まで付けてくれた」

「俺が苦労して守秘義務を守ったのに、あの野郎……まあいい。
 それで? ロナお嬢ちゃんはどうしたんだ?」

「まだやらせて・・・・いる。色々放り投げて、あいつに一人でものを考えさせてみようかと思ったのさ」

「あのお嬢ちゃんがねぇ……だがよ、ダーティ・スー。あいつはお前が思っている以上に、お前に依存している」

「知ってるよ。だが俺は“ライナスのタオル”じゃねぇんだ。
 だから選択肢を与えてやった。依頼をこなすか、手を引くか。どっちでも俺は構わない。クソッタレな依頼だったしな」

「そういやお前達が受けた依頼は……あ! 殺しじゃねぇか!
 お前、ロナに人殺しをさせようとしてるのか!? サイテーだな!?」

「サイテーだろ? 惚れた弱みに付け入って、悪い事をさせちまうのさ」

 思わず俺は肩をすくめた。
 ああ、まったくのクソッタレだ。

 相手がゾンビだとしても、洋館で戦ってきた奴らと違ってまだ意志はあった。
 つまり、一線を越えちまうんだ。
 たとえビヨンドという選択肢を与えたとしても、それはあくまで保険だ。

 俺が望んでいるのは、ゾンビの勇者様がクラサスと協力してロナを蹴散らし、俺と一緒に行動すればどうなるかをロナに思い知ってもらう事だ。
 或いは落とし所を見付けて、自分で答えを作る・・事。

「マジでサイテーだ! 死ねばいいのに!」

「もう死んでる」

「そうだった……!」

「まあ聞けよ。前者なら俺はあいつのタオルだ。後者なら、俺はもう必要ない。あいつは自分自身の正義を、てめぇで検証できる。
 俺は……そろそろ後者にしてほしい。後者に賭ける。罪を背負うのは俺だけでいい」

 カイエナンでの依頼で、俺のやり方は見せた。
 俺が何を考えて、どういう戦いをするのかも。

「俺は前者だ。現実を見ろよ」

「見た上でそう願った・・・のさ。僅かでも可能性があるなら、そっちに転ぶ事だってある」

 憎まれ口を叩いているうちは、まだ後戻りできる筈さ。
 頼むよ、ロナ。

「ロマンチストめ……で? 何を賭ける?」

 指輪に収納していた馬鹿でかい鉄塊を、カウンターテーブルに乗せる。
 戦利品はたとえしくじって帰ってきても、提出できるシステムだ。

「俺が勝ったらこの大剣を壁に飾ってくれ」

「それくらいならいいぜ。俺が賭けに勝ったら……そうだな。あのお嬢さんの気持ちに応えてやれよ」

 こいつは驚いた。
 仲良しな男女を見かけるや嫉妬心を露わにするあのスナージの口から、そんな台詞が出て来るとは。

「てっきりいかがわしい格好でもさせてストリップショーでもやらせるのかと思ったが」

「なんだと!? 俺を何だと思ってやがる!? 紳士のいる異世界数あれど、ここまで紳士的な奴は俺を除いて他にはいねぇ! ロナの胸がもうちょっと大きかったら少しは考えたかもな! そう、F以上なら! だがそれならストリップショーじゃなくて、俺が個人的に楽しむぜ! ざまぁみろ!」

 周りの客が「また始まったよ」と呆れてるが、大丈夫かね。
 存分に肌を露出したお姉ちゃんなんて、胸元を隠しながら顔を引きつらせてやがるぜ。

「あー、オーケー、矛を収めてくれよ、マスター。商売道具のグラスにヒビが入っちまうぜ」

「……ゴホン。まあ冗談はさておいて、俺は女を粗末に扱う奴は嫌いだ。
 お前が、お前なりの理屈であいつの為を思っているのは解るからこそ、それに応えたんだよ」

「俺は既に、石橋を崩した。揺れる吊り橋なんて、俺には似合わない。
 だから賭けは五分五分に近いんじゃ――」

「――あたしが吊り橋効果であんたに惚れた? 冗談はコートの色だけにしてくれませんかね」

 声のするほう、バーの入り口を見る。
 ロナはいつものシケたツラでやってきた。
 しかし、思ったより早かったな。

「おう。お帰り、お嬢さん」

「ただいま、スナージさん。で? 何を賭けたんです?」

「あー、そこのいけ好かないバナナ野郎がな? お前がターゲットを殺すか殺さないかを」

「……そうですか。スナージさんは、どっちに?」

「殺す方に」

「じゃあスナージさんの勝ちですね」

 ちくしょう。
 あのゾンビを成仏させちまったか。

「ヒイロさんも、ビヨンドになるらしいですよ。そろそろ、ここに来る頃じゃないですか?」

「もう来てるんだな、これがよ」

 スナージが、店の一角を親指で示す。
 真っ黒なテーブル席に突っ伏しているのは、ついさっき見かけた姿そのままだ。
 俺と違って、容姿に変化は無い。
 あいつが望んでいるからか。

「……ここは」

 元ゾンビの勇者様、ヒイロが起き上がる。
 そこに、ロナが歩み寄った。

「ビヨンドの拠点へようこそ、ヒイロ・アカシさん。さっきは、ごめんなさい」

「いいよ」

 俺も、ロナの後ろからついていく。

「俺としては、もうちょっと頑張ってもらおうと思ったんだが……命を粗末にするのは、あまり好きじゃなかったからな」

「諦めろと言ったのはお前だ。せめてもの当て付けに、俺は命を生け贄にした。どうせ、一度は死んだからな」

「額面通りに受け取ってくたばりやがって。俺も、ごめんなさいと謝ってやるべきか?」

「それで格好がつくかよ。事情は察している。お前はお前の役目を果たせばいい。お前が自分で、そう決めたんだろ」

 ヒイロ。
 ……すまねぇ。

「それに、俺も摂理の全容を見渡したくなったんだ。摂理の外側に立つ、ビヨンドになって。
 俺は他の世界で復讐を手伝うんだ。何も知らされないまま利用されて裏切られた奴に、力を与えたい」

 そう語るヒイロは、青白い顔のままだ。
 にもかかわらず、生き生きとしてやがる。

「そうかい。いつか俺と再びやり合う日が来ると思うが、その時はしっかり殺せよ。今度こそ」

「お互い、成仏まではまだ掛かりそうだ。
 それより、お前はロナの頑張りを評価してやれよ。ロナは、お前の為に俺を殺したんだぞ」

「えっと、ヒイロさん、謝って許される話じゃないですけど、その、あたし……」

「いいんだ。どうせ、そこのサイコ野郎が責任を取る」

 確かに、ロナの覚悟を思い知っちまった。
 ……いい加減、腹を決めるか。
 ただし、ナイショ話だ。

『ロナ。お前さんの罪は、俺が全て背負う。たとえ俺が命じたものでなくとも、俺が黒幕として振る舞おう』

 それが敵役である、俺の務めだ。

『あたしをそっち側に堕としてください』

 ああ、ちくしょう。
 砂糖菓子みたいに甘い台詞が、今の俺にはありがたい。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く