話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Task2 カイエナンを探索し、作戦を立てろ


 俺は何度かロナを止めた。
 それこそ、斜面を滑り落ちる丸太を、今までそれらを縛っていた縄をたぐり寄せるようなものさ。

 結局、止まらなかった。
 ロナは頑として俺に付いて行くと言って聞かなかった。

 勘弁してくれよ……。
 俺は一人で動くほうが気楽なんだ。
 どうせアンデルトとやらの中身(つまり元カレ)を捨てて、その埋め合わせが俺だろう。
 さっさと新しい男でも見付けて、過払い金を取り戻して何処へなりとも転生しちまえばいい。

 確かビヨンドを引退する時に転生先を選べると、スナージが言ってたな。
 実に素晴らしいシステムだ。
 俺には縁のない話だというのが、実に素晴らしい。


 今回の依頼は、冬将軍と名乗る錬金術士からか。

 ■概要
 依頼名:冒険者陽動
 依頼主:錬金術師“冬将軍”
 前払報酬:0Ar
 成功報酬:8000Ar
 作戦領域:ラエダン公爵領カイエナン
 敵戦力:冒険者 
 作戦目標:別働隊の目標達成までの時間稼ぎ

 依頼文:
 ダーティ・スー殿を優秀なビヨンドと見込んで、依頼する。
 貴殿を指名したのは他でもない。
 この小さくも度し難き悪業を、貴殿ならば成し遂げてくれるだろう。
 我々の派遣する別働隊が“雪ヘビ”の素材を回収する。
 が、商売敵の冒険者共が問題だ。
 奴らは既に“雪ヘビ”討伐依頼を請け、作戦区域にて活動を開始している。
 貴殿には奴らの足止めをして頂こう。
 具体的な方法は貴殿に任せよう。 ← (ボンセム・マティガンの件同様)
 以上だ。
 期待している。

 ■枠外追記
 世界管理番号:26855
 世界名称:ファーロイス


 商売敵から獲物を横取りするから、その時間稼ぎがしたいとは……随分と刺激的じゃないか。
 面白い事に、具体的な方法は任せると来た。
 しかも“ボンセム・マティガンの件同様”というコメントも枠外に添えてだ。

「管理番号が26855……履歴を見ましたけど、スーさんが初仕事した所と同じ世界に呼ばれるんですね」

「なんでも数字を付けさえすれば管理しきれるっていう、お偉方の悪い癖さ」

 別に、剣と魔法とピザの世界でいいだろうに。
 七面倒臭い管理番号なんざ要らねぇ。
 そんなのは、宝くじだけで充分だぜ。


 このラエダン公爵領カイエナンの町並みは、石畳に白い壁が立ち並ぶ中に、色とりどりの花が添えられている。

 行き交う人々も、バラエティに富んでいる。
 人間だけじゃなくて、背の低い寸胴の奴、耳の尖った奴、何かしら犬やら猫みたいな耳と尻尾を付けた奴、トカゲ野郎と様々だ。

 固有の種族名称が有ろうと無かろうと、俺が呼ぶ名前は俺が決める。

『えっと、確か町の外にある巨人の井戸って所に、二足歩行する二枚貝の怪物が現れたんですよね?』

 重要な情報は口に出さず、こうやって念話で伝えてくる。
 流石にロナも、伊達にアマチュアのインターネットブートキャンプで鍛えちゃいないらしい。
 サプライズを一人で演出できねぇのは残念だが、そこは自立支援への先行投資として諦めるしかあるまい。

『依頼書の通りだ。相手がハメようとしてくるか、とびきりの間抜けじゃなければの話だが』

『うわぁ……やっぱりここでも、のっけから疑って掛からなきゃならないんですね』

『職場なんざ何処へ行っても同じさ。口に合うか合わないか。それが重要だ』

『あ、そこはヒネらないんだ』

『今回は素材の味を活かした調理だ』



 ―― ―― ――



 宿屋でも探しながら町を散策していると、何やら他とは雰囲気の違う建物を見つけた。

「“バズリデゼリのお店”ですか。看板の割には、可愛らしい名前ですよね」

 剣に金槌を打ち付ける絵柄の看板がある。
 武器屋ないしは鍛冶屋らしい。
 或いはその両方かね。
 直売店なら金をかけるのは材料と設備と人件費くらいだから、原価も安く済ませられそうだ。

「冷やかしに行こうぜ」

「いや、買えし」

「やなこった」

 どうせ大したものは無いだろ。
 戦利品にするなら奪わなきゃ駄目だ。


 店内は薄暗くて、まるで小さな火山だ。
 熱くて、喉が乾いちまう。
 その中に並べられたのは、大小様々な武器だった。

 ロナは店内を落ち着きなく見回す。

「すごい……どれも……」

 どれも本物だって?
 そりゃそうだ。

「やめておけ。その辺のは委託販売の奴だ。あんまりいいものじゃない」

 奥から声が聞こえてくる。
 低いダミ声だ。
 沼の真ん中で太鼓を叩いたかのような。

 俺は声の主を覗きこむ。
 そいつは立派な髭を蓄えた、よく日焼けした寸胴野郎だった。
 壁に立てかけてある何本もの剣を、何やら仕分けしてやがる。

 見ろよ、あの上腕二頭筋……切り取って焼いたら旨そうだぜ。
 食人鬼だったら、そのように評価するに違いない。

 とどのつまり、こいつがこの店の親父さんなんだろう。
 折角だから冷やかしついでに物申してやるとしようか。

「いいか悪いかは問題じゃない。合うか合わないか、だろ」

「……まぁ、それでも買うってんなら、別に止めはせんが」

 振り向きもせず、親父さんは剣の仕分けを続ける。
 下手くそな商売をしやがる。
 男がになっていいのは、風呂の時と女を抱く時だけだ。
 少なくとも取り引きでやるのは悪手ってもんだぜ。


「お! こいつは?」

 展示されているうち、一振りの剣を指差す。
 ようやく親父さんは俺を見たが、すぐに首を振って仕分けに戻った。

「それは非売品だ。弟子に打たせた代物でな。受取人がいる」

「へえ……」

 素人目で見ても、見事な出来栄えだ。
 他とは明らかに違う。

 柄は絶妙な装飾が施されていて、美術にうるさい専門家共のメガネがカチャカチャとざわめくのを、俺は自分の鼓動の中に見出した。

「そいつも、そんなにいいものじゃない」

 だったら何故、ここぞとばかりに飾るんだ?
 なんて間違っても訊くべきじゃない。
 気難しい奴にこそ歩み寄れ。

「だが、その弟子はいい腕をしているぜ。“課題”に合格したって事だろ?」

「……よく解ったな」

 親父さんが両目に一等星を宿すのとは対照的に、ロナは淀んだエメラルドグリーンを更に困惑で濁らせた。

『? どういう事です?』

『わざと難しい形のものを作らせる事で、モノ作りの技術を鍛えるんだろうさ』

『これだけの情報量で、よく結論に辿り着けましたね』

『この俺の推理力については、話せば長くなるから説明はしない』

『ええ、別に話さなくていいですよ。頑張って察しますから』

 そうしてくれ。
 そのほうが楽でいい。


「邪魔したな。何か材料を持ってきたら、この俺、ダーティ・スーの為に一本こしらえてくれ」

 俺が入り口の扉に手をかけた時に、親父さんはカウンターから身を乗り出した。
 何を始めるのか。

「クズ鉄なんざ寄越すなよ。鉄敷が汚れちまう」

 これだよ。
 ぶっきらぼうに言い放ちながら、親父さんは作業に戻る。
 まあ、そうだろうよ。

『感じ悪っ』

『まあ、そう怒るなよ』

 とびきり洒落た返し方を、俺は知っている。

「クズ鉄を拾ったら、その時は他所様に頼んでみるよ。とんがり耳の鍛冶屋とか」

 歓迎されないお客人を満足させるためには、どうすればいいか?
 ……然るべき場所を用意してやるものさ。

 世の中、それさえやれば全てが上手く行く。
 見ろよ。
 親父さんは髭面を歪めて目を細めている。
 俺にもドワーフジョークの才能があるって事さ。


「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く