祖父母乱舞

とびらの

祖父母乱舞

 むかしむかし あるところに
 おじいちゃんと おばあちゃんが いっぱいいました

 そりゃあもう山のように 
 あっちを向いてもおじいちゃん
 こっちを向いてもおばあちゃん

 あっちもこっちもそっちもどっちも
 おじいちゃんとおばあちゃんだらけでした


 ある日 おじいちゃんは山へ しばかり に
 おばあちゃんは川へ せんたくに
 みんなでぞろぞろ行きました

 ところがおじいちゃんはいっぱいいっぱいいるものですから
 山はあっというまにツルッパゲ

 おばあちゃんもいっぱいいっぱいいるものですから
 川はせんたく汚れでドロッドロ

 なんかもう
 どうしようもありませんでした


 あるとき 1人のおじいちゃんが言いました 

「都では 鬼があばれて こまっているらしい。わしが行って、鬼どもみんな退治してやる」

 おじいちゃんたちは言いました。

「なるほど」「そりゃあいい」「わしも行くぞ」「わしも」「わしも」
「みんなくるんかい!」

「あたしもいきますよ」「じゃああたしも」「あたくしも」
「ばあさんたちもくるんかい!」

 そしてみんな仲良くごいっしょに、鬼退治へ出かけたのでした

 でもおじいちゃんとおばあちゃんは、ちょっと足腰が弱いので
 鬼が島に着くまでに 4年と8カ月 かかりました

 おじいちゃんはますますおじいちゃんに 
 おばあちゃんはますますおばあちゃんになりましたが

 みんな元気で何よりです


 そうして いっぱいのおじいちゃんと いっぱいのおばあちゃんは
 鬼のいる島までたどり着きました


 といっても みんなおじいちゃんとおばあちゃんなので
「たぶん無理だろうな」
 って 実はみんな思ってました


 そう思いながらもたどり着いてしまいました

 するとそこには鬼がいっぱいいました
 だけど鬼も おじいちゃんとおばあちゃんばっかりでした

 おじいちゃんな鬼と おばあちゃんな鬼と
 どっさりいっぱいいるおじいちゃんたちと うずたかき山のようにものすごくいるおばあちゃんと

 どっちかというと 人間のほうが勝ちでした

 おじいちゃんたちとおばあちゃんたちは無事に鬼を退治して
 金銀財宝と 宝箱をもって帰りました

 行きより荷物がふえたので 6年と4カ月かかりました

 それでもお元気そうで何よりです


 里に帰ったおじいちゃんたちとおばあちゃんたちは

 宝箱をあけました

 すると中から……

 うわーっ! これまたやまもりどっさりと いっぱい いっぱいの
 ちいさなおじいちゃんとおばあちゃんが あとからあとからどんどこどんどこ

 うわーーっ! これでもかというほどに
 いっぱいいっぱい 出てきました


 そうして たくさんのおじいちゃんと たくさんのおばあちゃんは
 みんな仲良く たのしく暮らしましたとさ


 めでたしめでたし



 

「祖父母乱舞」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く