嘘つきの定義
SF

連載中:4話

更新日:

嘘つきの定義

  • あらすじ

     ――嘘つきを嘘つきと思うのは、いったい誰が考えたのか。
     ――それは、きっと、ただのエゴだったとすれば。
     
     「きっとそれはエゴだったのだろうか?」「そんなわけもない。エゴのようでエゴでない。強いて言うならば、嘘をついたと決めつけられなければいいことだ」「……何を言っているのか、さっぱりわからないや」
     
      ――嘘つきの定義は、いったい何なのだろうか?
     
     ※本作は、ラノベジェネレーションにて2013年8~11月に掲載された作品に加筆修正を加えたものです。
      ≪パラドックス≫シリーズ第二弾、開幕。

    キーワード

「嘘つきの定義」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品