花嫁、高額買い取ります!

いぬがみクロ

8.


 柱に掛けられた時計を見れば、午後の三時を回るところだった。ラグスットたちが出発してから、ようやく四時間経過したことになる。

 ――もう大丈夫かな。大丈夫だよね……。

 これだけ時間が経っても、誰もなにも言ってこない。ということは、ラグスットたちの結婚式はつつがなく終了したか、もしくは進行中なのだろう。
 気を抜いてはいけないと思うが、心が軽くなったことは否めなかった。
 外の空気を吸おうと、窓辺に立つ。朝、自分がピカピカに磨いたガラス窓を開けて、爽やかな風を頬に受けた瞬間、ラシャはあっと声を上げた。外側の窓枠の横に、見知らぬ男が立っていたからだ。

「!」

 向こうも驚いたのだろう。男は泡を食って逃げ出した。ラシャは素早く窓を開け放ち、庭師の名を呼んだ。

「小太郎!」

 男の前方に黒い影が降り立つ。この家の庭師で、元忍者の小太郎である。

「くそっ! どけっ!」

 男は文字どおり降って湧いた庭師に、全速力で突っ込んでいった。
 小太郎は男とぶつかる直前、ひらりと身をかわし、走り抜けようとする男の片腕をすれ違い様に掴んだ。その腕を男の背中側に捻り上げ、体重をかける。男はどっとうつ伏せに倒れ、小太郎は素早くその上に乗った。

「ありがとう、小太郎! 流石だね!」
「たいしたことはない」

 東国の恐るべきソルジャー、ニンジャ・小太郎。それほど力を入れているわけでもなさそうなのに、組み伏せられた男は逃げるどころか、体を動かすこともできない有様だった。
 ラシャは小太郎たちのところへ向かおうとする。そこへようやくマハが戻って来た。

「はー……。すっきりした」

 憑き物が落ちたというのか、マハの表情は妙に清々しい。

「お帰りなさい。おなか痛いんですか? お薬をお持ちしましょうか? 今、温かい飲みものを頼んでありますから」
「いやいい。逆に健康なくらいだ。ところで、なにかあったのか?」
「その、怪しい者が……」
「怪しい者?」

 ラシャと並んで窓の前に立つと、マハはひょいと外を覗き込んだ。晴れやかだった顔つきが、倒されている男を見た途端、険しくなる。

「どうしました?」
「いや……。小太郎殿、すまない。そいつを離してやってくれないか? そいつは、俺の従者だ」

 思いがけない言葉を聞いて、ラシャは目を瞠った。

「従者って! 確かここに来るまでの途中、食当たりを起こしたと……」
「そんなマヌケな従者がいるか。ま、人の家にのこのこ忍び込んで、とっ捕まるっていうのも、相当マヌケな話ではあるがな……」

 小太郎は男を解き放った。その後男は、マハたちの控える窓辺へ、ふらふらと駆け寄った。

「マハ様。やはり――来ました。年齢や姿格好は、聞いていたものと一致します」
「そうか……」

 従者だという男の報告を聞きながら、マハは神妙な顔をしている。

「店主が、もうこれ以上は『彼女』を足止めできないと申しております。店の評判に関わると。あと一時間は待つが、それ以降は通常どおりの対応をする、とのことです」

 先ほどラシャが時間を確かめた柱時計を、マハも仰ぎ見る。

「そうか、もうこんな時間か。店主には悪いことをしたな。店主の言うとおり、一時間以内に俺が連絡をしなければ、客の望みどおりドレスを売ってくれて構わない」
「かしこまりました。お伝え致します」
「ああ。お前たちは引き続き、首都で待機しておけ」

 嫌な予感がする。ラシャの鼓動は早くなった。
 マハたちの会話には、聞き流せない単語がちらほら混じっていた。
「ドレス」、「首都」。今まさにラグスットは、「ドレス」を買うために、「首都」にいるはずだ。なにか関係があるのだろうか。
 一礼して去っていく自分の従者を見送ってから、マハはラシャと小太郎に詫びた。

「手数をかけたな」

 小太郎もなにか察したのだろう、指示を仰ぐように、庭からラシャの顔を見上げている。ラシャは小さく首を振り、窓を閉めた。
 ふたりきりに戻った応接間には、沈黙が重く横たわっている。
 こうしていても埒が明かない。先に口を開いたのは、マハのほうだった。

「こうなったら仕方ないな。この家に今、令嬢はいない。違うか?」
「えっ……!」

 あまりに単刀直入に切り込まれて、ラシャは咄嗟に答えられなかった。

 ――見破られていたなんて。

「なんだ、バレてないとでも思ったのか? どんな阿呆でも、これだけ待たされれば気づくだろ、普通」

 顔色をなくすラシャの前で、マハは困ったように笑っている。

「俺と従者はガヌドゥ家に来る前、ついでに首都の取引先へ届け物をしてな。――知ってるか? 『プランラン』という店なんだが」
「……!」
「やっぱり、知ってるみたいだな」

 マハがここに来る前に寄ったという取引先の名は、首都の有名ブティックだ。
「プランラン」。
 そして、この家を出たラグスットが、ウェディングドレスを買いに行った――いや、買いに行くように、ラシャが手はずを整えた店でもあった。

「届け物をした際に、店主と軽く世間話をしてな。俺がガヌドゥ家に婿入りするかもしれないと言ったら、驚かれたんだ。店主が言うには、今日その『プランラン』に、俺の婚約者である『ラグスット・ガヌドゥ』を名乗る人物が、ドレスを買いに来るそうじゃないか」

 そのとおり、ラグスットは「プランラン」を訪ねただろう。秘密が漏れているとも知らないで。そしてそのあと、どうなったのか――。

「同姓同名の別人かとも思ったんだがな。だが今日これだけ待っても、ラグスット殿が姿を現さないということは、やはり……」

 誰を責めるでもなく、マハはぽつりぽつりと話し続けている。怒っているのか呆れているのか、その語り口からは窺い知ることはできない。
 マハはつまり最初から、「婚約者はいない」という疑惑を持ってこの家の扉を叩いたのだろう。

「お、お供の方が、食当たりで倒れたというのは嘘だったんですね? 先ほどの話では、首都で待機していると……。その方たちは、なにをしていらっしゃるのです?」

 薄氷の上を渡るように慎重に、ラシャは尋ねた。

「従者には、『プランラン』に詰めてもらっている。『ラグスット・ガヌドゥ』を名乗る人物が店に現れたまでは、報告を受けているぞ。店主と従者たちはあれこれ口実をつけて、彼女を穏便に足止めしているのだ」
「……!」

 なんということだ。
 今まで皆で必死になってマハを引き止めていたというのに、マハはマハでラグスットを拘束していたということか。
 つまりラシャたちの工作は、全くの無駄だったわけだ。
 あまりに滑稽ではないか。ラシャの目の前は、真っ暗になった。

「そろそろあちらも限界らしい。お前が本当のことを言わないなら、俺がひとっ走り首都へ行って、直に確かめて来ようか? 馬を借りていけば、半時もかからず着くだろう」

 マハは今にもここを飛び出して行きそうだ。

 ――どうしよう、どうしよう。

 背中を冷たい汗が伝っていく。
 自分にできることはもうないのか。自身の激しい鼓動を聞きながら、ラシャはなんとか頭を働かせた。

『一時間以内に俺が連絡をしなければ、客の望みどおりドレスを売ってくれて構わない』

 マハは先ほど、従者にそう指示していた。
 つまりあと一時間なんとか踏ん張れば、ラグスットはドレスを得て、マハの従者たちの手からも解放されるということだろうか。

「なあ、頼むから、真実を教えてくれないか。なんでこんなことをしたのか、事情を聞かせてくれれば、悪いようにはしないから」

 思い詰めた表情をしたラシャを慮ったのか、マハは憐憫の情をにじませ、訴えかけてくる。
 なんと答えようか。ラシャが迷っているうちに、誰かが扉を叩いた。先ほどマハのためにと頼んだ温かい飲みものを、同僚のメイドが届けてくれたようだ。

「あ、ありがとう……。あとは私がやるから」

 メイドからコーヒー入りのポットを受け取り、部屋の隅にある給仕用の小机へ運びながら、ラシャは懸命に考えた。

 ――マハ様に洗いざらい告白したら、どうなる?

 本当は全部ぶちまけてしまいたい。嘘をつくのもマハを騙すのも、もう嫌だ。しかし、なんと言うつもりなのだ。
「あなたの婚約者のラグ様は、別の男性と結婚します。だからあなたがたの計画した、貴族や富豪相手の商売は、おじゃんになるでしょう」。
 そんなこと、許してもらえるわけがない。マハはもちろん、彼の実家であるマカルカ家が黙ってはいないだろう。
 きっとラグスットは連れ戻される。そして当初の予定どおり、意に沿わぬ結婚をさせられて、不幸な人生を歩むことになるのだ……。

 ――それくらいなら……!

 追い詰められて、まともに回らないラシャの脳みそが弾き出した結論は、「無理矢理にでも、あと一時間乗り切る」。結局そんな乱暴な答えだった。
 もう手段は選んでいられない。ラシャは腰のバッグに触れた。
 ニンジャから渡された眠り薬が、ここには入っている。薬をくれた小太郎には止められたけれど、もうこれしか方法がなかった。

「お嬢様は、ちゃんとこの家にいらっしゃいますよ」

 マハに背を向けるようにして、ラシャはお茶の支度を始めた。さりげなくバッグの中を探ると、指先に小瓶の硬い感触が当たる。

「――ほう?」

 信じていないのだろう、マハは尖った声で応じた。

「お茶をお出ししたら、今度こそお嬢様を呼んで参りますから……」

 手の平で隠しながら、ラシャは小瓶を取り出す。緊張のあまり落としてしまいそうで、ハラハラした。
 蓋を開けて、小瓶の中身をコーヒーに混ぜて――。それだけに集中していたから、だから、気がつかなかったのだ。
 気配を感じたときにはもう遅い。ふわりと空気が揺れたかと思うと、後ろから抱き締められた。

「あ……!? な、なに……!?」

 ラシャが抵抗しようとしても、巻きついてくる腕の力は強く、動けなかった。
 マハ。マハが自分を抱き締めている。
 意識した途端、ラシャの体はカッと熱くなった。

「ウェディングドレスなんぞ買いに来たんだ。この家のお嬢様がなにをしようとしているのか、だいたいの想像はつく。怒らないから言ってしまえ。そのほうが、俺は――」

 自分を包み込む、彼の匂いも体温も不快ではなかった。――だから困る。

「俺は……」
「やっ……!」

 耳元で囁かれて、力が抜ける。その拍子にするりと、ラシャの手から小瓶が滑り落ちた。

「……?」

 マハはラシャから離れると、落ちた小瓶を拾った。幸い、いや不幸なことに、瓶は割れていない。
 マハは蓋を開けると、瓶の中身の匂いを嗅いだ。

「花の香りがする。そういえば、小太郎殿の守るこの家の庭には、薬の材料になる草花が豊富に揃っていたな……」

 マハはラシャを光る目で睨んだ。

「そうだな、そうだった。毒を盛るのは、ニンジャの常套手段だった」

 侮蔑の眼差しをラシャに向けながら、マハは笑っている。

「ど、毒なんて……! 違います! ただ眠らせるだけだと……!」

 言ってしまってから、ラシャはハッと口を押さえた。

「俺は正直に話せと言った。――お前の答えは、これか!」

 激しい怒りの表情を浮かべ、マハは怒鳴った。

 ――怖い。

 本気で憤ったマハの前で、ラシャは震えることしかできない。
 舌打ちすると、マハは扉へ向かった。

「ど、どちらへ……!」
「知れたこと。お前が答えないなら、本人に聞くまでだ。首都へ行き、ラグスット殿を連れ戻して来る!」
「そんな! それだけはやめて!」

 ラシャはマハの腕に縋ったが、彼はそれを邪険に払いのけた。

「俺のことを騙しているとしても、お前もほかの使用人たちも、悪い奴らじゃないと思っていた。なにかやむを得ない事情があるのだと」
「マハ様……」
「俺はお前たちを信じた。それなのに……! 相手と理解し合う手間を惜しみ、薬を使おうなんて、卑怯者のすることだ!」

 返す言葉がなかった。
 自分はこの人の信頼を裏切ってしまったのだ。
 ラグスットを大事に想うあまり、それ以外の人間の気持ちも、立場も、あまりに軽んじていた。

「待ってください! 今度こそ、本当のことを申し上げますから!」

 頼める義理でないのは承知している。だがここで引いたら、なにもかもが終わってしまう。

「今更信じられるか!」
「お願い……! お願いですから、お嬢様をこのまま行かせてあげて!」

 ラシャはもう一度、マハの腕に触れた。

「――そんなに、令嬢が大切か」

 マハは先ほどまでとはガラリと声の調子を変えて、目に涙をため、自分を引き留めようとしているラシャに、冷たく問いかけた。

「ラグスット殿には、ほかに男がいるんだな?」
「はい……」

 今度こそ正直に、ラシャは頷いた。

「ラグスット様はご両親の愛情に恵まれず、いつも寂しそうでした。これからは愛し愛される、幸せな生活をさせてあげたいんです……!」
「泣かせるじゃないか」

 皮肉たっぷりにそう言うと、マハは唇だけで笑った。

「お前の健気な忠誠心に免じて、もう少しこの屋敷にいてやってもいい」
「本当ですか……!?」
「さあ、時間を稼げ。先ほどまでと同じように。退屈になれば、俺は首都へ行ってしまうぞ」

 ラシャの瞳が期待に輝いたのは一瞬のことで、すぐに不安に曇ってしまう。
 マハはいったい、なにを求めているのだろう?





「花嫁、高額買い取ります!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く