アンリミテッドペイン

チョーカー

日常的な放課後

 家の戸締りを確認は―――OK
 学校へ向かうと、家の敷地から一歩踏み出そうとしたが、寸前で踏みとどまる。
 俺の目前、公道を歩く女の子がいた。
 同じ学校の制服。同じくクラスの少女。幼馴染。
 彼女の名前は春日あかり。
 「よう、あかり。おはよう」
 と俺はできるえだけ、フランクに話しかける。
 しかし、彼女は俺を無視して歩みを進めていった。
 「あはっはは・・・・・・」
 俺の口から乾いた笑いが漏れる。
 一瞬、彼女が振り返る。
 その視線は冷たさを内包した射抜くような視線。
 俺に対する多くの不満を、視線だけで表現しているかのようだった。
 俺は、彼女の姿が見えなくなるまで、その場から動けなかった。
 いつからだろう?彼女に嫌われるようになったのは?
 彼女の家は俺の家から数件先。幼い頃は、普通に遊んでいた。
 当時は、一緒にいるのが当たり前の間柄だったはず・・・・・・。
 今となっては、蛇蠍の如く嫌われている。
 彼女が今みたいな態度をするのは俺に対してだけだ。
 普段は明るく、同級生にも面倒見がいい。加えて、成績優秀で容姿端正ときたもんだ。
 間違いなく、彼女は違い現実に生きている。現実社会で生を全うしている。
 俺とは違う・・・・・・。
 だから、彼女は、俺みたいな『現実にリアルティを感じない』世代の代表格が嫌いなんだろう。
 ぶっちゃけ、俺はあかりの事が好きだったのだけどなぁ。
 そんな、気分がダウナー状態になって登校したところで、学校についてクラスに入れば春日あかりは、そこにいる。
 当然、クラスメイトだからだ。
 もう、俺には見せない笑顔を振りまいて、そこに存在している。


 やがて、学校中に鐘の音が鳴り響く。
 担任が教室に入ればホームルームの開始となる。
 妙に立てつけよく、自動ドアのように滑らかに、無音で開くスライド式のドア。
 そこから担任の小淵先生が入ってきた。
 普段とは違い、一瞬のざわめきが起きる。
 小渕先生の横に、見慣れぬ少女が立っていたからだ。
 彼女は先生に促されるまま、前にでて自己紹介を始めた。

 「始めまして。向里佳那むこうざとかなです。分からない事が多くあると思いますが、よろしくお願いします」

 どうやら、彼女は転校生のようだ。
 淡々した口調での自己紹介。それだけで内包している精彩さがわかる。
 女子にしては背が高く、背筋も伸びていてスタイルがいい。
 新しい自分の席へ向かって歩く動作ですら、凛々しさを感じてしまう。
 一瞬、彼女を目が合う。
 その鋭い視線から、朝の出来事を連想してしまい、俺は逃げるように目を逸らしてしまった。

 休み時間。
 向里佳那が質問攻めにあっているのは、転校生の通過儀礼なのだろう。
 いつの時代だって、それは変わらない。
 しかし、女子生徒に混じって男子生徒が混じっているのは、やはり彼女が鍾美な容姿の持ち主だからかもしれない。
 それを横目に、俺は机に伏せる。
 やはり、睡眠時間が足りていない。
 話題の転校生よりも、睡眠欲が優っている状態だ。
 そのまま、ゆっくりと意識をフェードアウトさせて・・・・・・
 なんだ? 誰か、俺の正面に立っている気配を感じる。
 次の授業の先生か?
 おいおい。いつから、休み時間に睡眠で休むのを禁止したんだ?
 俺は顔を上げ、正面の人物を見る。
 その人物は、転校生である向里佳那だった。
 「何か、用事でもあるのか?」
 「そうね。放課後は空いてます?」
 一瞬、考えるも
 「・・・・・・いや、空いてない」
 と答える。
 「そう、では放課後に学校の案内を頼みますね」

 反射的に「おい」と声を荒げてしまった。
 気が付くとクラス中の生徒は、俺と向里佳那の2人に注目している。
 「クソッ」と口の中で小さく悪態をつき、勢いよく椅子に座る。
 そのまま頭を伏せて眠りについた。

 そして、放課後。
 無視を決め込んで帰ろうと算段するも、終業の鐘と共に彼女は俺の正面にいた。
 「さぁ行きましょうか?霞くん?」
 当然ながら、俺は自己紹介した覚えはない。
 普通に考えれば、他のクラスメイトが教えた、ということなのだろうが・・・・・・
 どうやら、それ以外の選択肢に答えがあるのだろう。  
 彼女の表情に意味深な笑みが浮かんでいる。

 「ここが理科室で、次が実験室。この反対側に見えるのが社会科教室だ」
 場所は説明の通り特別教室棟。何事もなく、普通に学校案内を転校生にしていた。
 「まさか、本当に案内してくれるとは思ってもみませんでした」
 「ふ~ん、じゃお前の目的ってなんだ?」
 俺と向里佳那は階段を登りながら話す。
 場所は学校とは言え、放課後の人気の少ない時間帯。
 理系の部活連中をすれ違う可能性はあるが・・・・・・
 例え、彼女の目的が何であれ、学校で、それもリアルの学校で戦闘を行う事態にはならないだろう。
 そう思っていた。俺はそんな甘い考えをしていた。
 彼女はまるでスキップでもするかのように階段を上がっていく。
 一歩、一歩跳ねるような動き。彼女は俺よりも先に階段を上がり終える。
 学校案内という使命を受けた手前、彼女に先頭を譲るわけにはいかない。
 俺も彼女に追いつこうとスピードを上げて登ろうとする。
 しかし、登れなかった。
 なぜなら、階段の上で振り向いた彼女が


  蹴撃を繰り出してきたからだ。

  

「アンリミテッドペイン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く