8月31日の冒険

巫夏希

8月31日(日) 10時 <another side>

 ちくしょう。あと一発で仕留められると思ったのに……。

「しゃーないだろ。あの時はあっちもこっちも手詰まりだった。とりあえず車内に戻って回復するしか無かったのさ」

 運転しながらアッシュは言った。
 確かにそうかもしれない。だが、あいつはあと一発で死ぬ。そこまで甚振った。心臓になかなか当たらなかったのは、ほんとうにムカついたがな。

「……だが、なんだかすっきりいかん」
「お。なんかあったかい?」
「疑問に思わないか?」

 俺はアッシュに気になっていたことをぶつける。

「ずっと考えて……でも解らなかった。なあ、ほんとうにあいつらは俺たちが助けるべき存在なのか? ああ、少年じゃないぞ。少女のほうだ」
「おまえ……何を言ってる?」
「ちょっと照会したんだよ……そしたらさ、衝撃の事実が入ってきてな……? これは確認しなかったお前が悪いよなあ」
「おい、これって……」

 ニヤリと俺は笑みを浮かべる。












 さあて、この落とし前……どうつけてくれる?

「8月31日の冒険」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く