話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

8月31日の冒険

巫夏希

8月31日(日) 8時

 バー、ドゥートを出た俺はタバコに火をつけた。あ、話し手が変わった? そんなことどうでもいいんだよ。というか、今は俺の物語だろうが。
 夏の終わりだというのに今日はとても暑い。夏の季節がどんどんずれている証拠とも言えるだろうな。こっちはほんとうに予想出来ないことばかりだ。早くあっちに戻りたい。
 そう言って俺は帽子をさらに深くかぶる。道行く人が俺を見て疑問を浮かべるだろうが、そんなこと知ったこっちゃない。

「やあ、エフ。待っていたよ」

 唐突に声をかけられ振り返る。
 そこに立っていたのは白いコートを着た男……アッシュだった。

「やあアッシュ。今日もいいコートを着ているね。どこのだい?」
「うるさいな……とにかく暑い。どこか入らないか」
「だったらコートを脱げばいいのに」

 そう言って会話を茶化す。
 だがアッシュにはそれが茶化したとは思っていなかったらしく、

「君だってコートを着ているじゃないか。それのどこが悪いってんだ。こっちではイカしたファッションなんだぜ? どっかの外科医も着ていた」
「もしかしてその外科医って免許持ってないんじゃないか? それに、その外科医のコートってたぶん黒……」
「ああ、もう! 黒のコートがなかったんだよ! しゃーねえだろ! おい、ほら、入ろうぜ!」

 そう言って、アッシュは指差した。
 そこにあったのは黄色い看板のファミリーレストランだった。名前は……デニーズ。

「ほう。ファミリーレストランか」

 俺は顎鬚を触りながら、呟く。

「ここならいろんなメニューを楽しめるからな。さ、入るぜ」

 そう言って俺とアッシュは中に入った。

「8月31日の冒険」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く