piece

些稚絃羽

piece

ばら撒いたパズルのピース
手元の箱には1つとして残らず
やがて軽い音を無数にたてて
つるりとした床に落ちる


或いは床を掴むように
或いは床を撫でるように
或いはそれらに重なるように


所構わず散らばったピースの1つを手に取り
不要になった箱は投げ捨て
ただ手にあるピースの隣人を捜す
何度も繰り返し繋げてきたそれは
いとも簡単に瞳を吸い付かせる


ひんやりとした床は体温を奪う
それでも気にせず
目の前の散り散りになった者達を出会わせる
でこぼこ
インクで付けられた模様があるだけのピースが
四方を埋められ全身を喜びのために輝かす


小さく切り取られた景色はみるみるうちに大きくなり
やがて床が何処かへの旅の入り口になる


はずだったのに


大きな四角の中
小さく一点床の色が浮かび上がって
そこだけやけに現実的リアル
そこだけやけに鮮明クリア
隣合う者達は心成しか色を失くす


乾いた笑いが飛ぶ
欠けた僕にはお似合いさ
失ったピースは捜さぬまま
床に非現実シュールを広げて
何もできずに横たわる
落とした雫はつるりとした景色の上に
大粒の雨となって1つ、2つと降り注いだ


僕の欠片ピース
君は何処へ行ったのか


「piece」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く