満月の美しい夜に…

ノベルバユーザー173744

ブランド立ち上げで、光来財閥もファッション業界に進出するようです。

 すよすよと寝入っていた琉璃りゅうりだが、夕食の時間だと起こされ、りょうに手を引かれて食堂に向かう。

 琉璃は知らないが、この屋敷には大小二つの食堂があり、家族や親しい人との語らいに適した小さい……と言っても、20人が充分くつろげる空間でもある。
 食堂に入ると、義父になった承彦しょうげんが穏やかな顔で、隣に座る女性と語らっている。
 服装は、清楚で上品……その上……。

「る、瑠璃るりおばちゃま!!」

 振り返った美女は目を見開き、口を覆う。

「りゅ、琉璃!!」
「おばちゃま!!」

 てててっと駆け寄ると、抱き付く。

「おばちゃま……おばちゃま……ふああぁぁぁぁん!!」

 泣き出した琉璃に、こちらも泣きながら、

「ごめんなさい……ごめんなさいね……おばちゃまのせいで……」
「ちあうもん!!りゅーりはおばちゃまに会えなかったから寂しかったんだもん!!おばちゃまのせいじゃないもん!!」

 何度も首を振る琉璃に、

「良かった……嫌われたら……」
「りゅうり、きやわないもん!!瑠璃おばちゃま大しゅきだもん!!でも……おばちゃま……どうしてここにいゆの?もしかしゅてりゅうりのせいで……」
「貴方のせいじゃないの。……夫と別れる事にしたのよ」

 瑠璃は、モデルの『貂蝉ちょうせん』としての凛とした姿でなく、一人の女性として儚げに微笑む。

「おばちゃま……?」

「あの人……愛人との間に息子が生まれたのですって。しかも相手は夫のある人……呆れてものが言えないわ……」

 哀しげに目を伏せる…仕事上では、『ディーヴァ』という別称を持つほど、世界でも有数のモデルであり、オペラ歌手としても活躍しており、伏せ目がちの表情の妖艶な写真が多いが、この悲しげな顔ほど辛いものはない。

「で、離婚の話になると、私が切り出したことだ、勝手に出ていけ。家のものは全て自分のものだって……こういうわけなの……琉璃のせいではないわ」
「おばちゃま……」

 琉璃は背伸びをして、ぎゅっと抱き付く。

「りゅうりは、おばちゃま大しゅき!!だから……今日は一緒に泣いて……明日はお出掛けなの!!」
「お出掛け……?」

 キョトンとする瑠璃に、承彦が、

「あぁ、明日は、会社が株の殆どを所有している遊園地を貸しきりにして、会社の社員の家族や、お得意様の方を招待しておるのだよ。琉璃は、キャラクターたちと手を繋いだり、写真を撮るのだとワクワクしているらしい」
「まぁ、それは素敵ね!!琉璃」
「おばちゃまも行こう?りゅうり、め、メリー……んとメリーランド?に乗りたいな!!」

 琉璃の声に、

「あぁ、お馬さんに乗るの?馬車?」
「お馬さんは亮おにーしゃん!!白いお馬!!でね、りゅうりは、んと、馬車!!」
「え、私!?」

 急に名前を呼ばれ、驚く亮に、席についていた月英と均は、忍び笑う。

「白馬!!白馬だって……」
「あの無表情で、乗るの?大丈夫かな?」
「うるさいな!!こそこそどころか堂々と話すなよ!!」

 亮は琉璃に、微笑む。

「んっと……琉璃?白馬に乗れるのは王子さまか王様だから……お父さんに乗って貰おうか?」
「……っ……」

 うるうると瞳を潤ませ始めた琉璃に、

「だ、大丈夫だよ!!お、お兄ちゃんやっぱり、乗るよ!!でね、琉璃を見ててあげる」
「ほんとぉ?」

 すんっと息を吸った琉璃に、

「うん、約束」
「わぁぁい!!お兄ちゃん大しゅき!!」

 亮に抱きつく琉璃に…、遠い目をした月英は、

「おい、均……お前が教えたのか?あのタラシ言葉」
「そんなはずはないよ……でも、凄い威力だね……あの兄様を上手く手玉にとれる……小悪魔!?」

 バンバン!!

「月英!!均!!下らぬことを言っていないで、食事の席に移りなさい」

 承彦は微笑む。



 まだナイフとフォークも違いが解らない琉璃に、亮が横に付いておしえつつ、口に運んであげたり、汚れた口の回りを拭いてあげている。
 そして、瑠璃と共に語らいつつ、瑠璃の仕事について、承彦が新しい事業について話している。

「まぁ…!!琉璃のブランドを?素敵ですわ!!もしかして、今日の衣装も?」
「そうなのだよ。ブランド名は『LIULI』と言う。琉璃の子供服と言うのも良いかもしれないが、少し、月英が悩んでおるのだよ」
「そうなのですか?とても素敵なのに……」

 瑠璃は、月英を見る。

 駆け出しのデザイナーでもあり、小さい頃からあちこちのショーを見に行ったり、一時期は少女モデルとして活動してきた月英にとって、瑠璃は尊敬するモデルであり、お近づきになることすら躊躇う大きな存在である。

  緊張しつつ、月英は、

「は、はい。琉璃はモデルと言っても、私の妹ですから、厳しいモデルの世界に入れるのは躊躇うんです。それに……私は、ショーに入れてほしいと頭を下げることはせず、私のブランドで、ショーを成功させたいと思います。ですから、琉璃……子供服……だけでなく、女性服に、紳士服もオールマイティーに展開していきたいのです」
「え?でも、それは……」
「母と娘のペアと言うのはありますが、私のブランドのコンセプトは家族です。琉璃が娘なら、父、兄である私に、母を。家族で、揃いすぎはおかしいでしょうが、もし、琉璃の今日の衣装も、七分丈のパンツの、裾をおった部分の布で、私が、ラフなシャツを。と言う風に。高級ではなくても良いんです。カジュアルさと清潔感、そしてちょっとお出掛け……とかも考えているのです」

 瑠璃は目を丸くすると、見たこともない、可愛らしい笑いがおになる。

「何て素敵!!家族で、ピクニックに行こう!!とか、バッグや帽子、小物も揃えるのも良いと思うわ。私……あぁ、私、お母さんとして、モデルになりたいわ!!専属の」
「えっ!?『貂蝉』さんが!!お、恐れ多いです!!で、でも、あぁぁ……瑠璃さんとして…出てこられると、とても母性的で、琉璃と並んでも親子!!二人のデザインが描きたい~!!あ、あのあの!!この場で言うのも嫌かと思いますが、私は、そんなに報酬は……トップモデルである貴方のご存知なあぁ言う世界では、異端になると思います。でも、きっと……将来は!!」

 拳を握る月英に、

「良いのよ!!私も、ちょっと楽しみなのよ」

 パチンッとウインクをして、微笑む。

「私は、そんなに高いだけで気持ちのこもらないドレスは嫌いなのよ。ショーでは、服が主役なの。それなのに、服よりも、モデルの顔や足を見ているようでは駄目。そして、今回は逆に、服と家族がコンセプト。とても良いと思うわ!!」
「瑠璃さん……」

 感動する月英に、

「じゃあ、琉璃?明日着るお洋服を見せて貰いましょうね?おばちゃまも似たような雰囲気のカジュアルな格好で、遊園地に行きたいわ」
「わぁぁ……!!嬉しい!!」

 嬉しそうな琉璃だが、おやつのプリン・ア・ラ・モードが、口の回りに付いている。
 亮が拭くのだが、大好きな瑠璃とお出掛けのお話に夢中らしい。

「琉璃?ちゃんと食べないと、大好きなプリンが美味しくなくなるよ?」
「あ、ごめんなさい!!」



 賑やかに…楽しげに、日は更けていくのだった。

「満月の美しい夜に…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く