君が好き

些稚絃羽

君が好き

君になりたい訳じゃない。
僕は僕。
そんな事は分かりきっている。


君になりたい訳じゃない。
ただ君の隣に居たいんだ。


この広い世界の狭いところで
たった一人の君に出会った。


それだけでも奇跡だって分かってはいるけれど。


それでも望まずにはいられない。
君の隣に僕がいて。
僕の隣に君がいて。


流れる車窓に情けない顔を映す、
こんな僕じゃ駄目だろうか。


誇れるところは生憎見つかってはないけれど。
誰より君が好きだとも言えないけれど。
君の為でも何でもは出来ないけれど。


それでも僕は君が好きで。


君を想えば苦手な朝も割とちゃんと起きれるし。
苦手な人とも話す努力をするし。
苦手な野菜も真っ先に取り除いたりはしないし。


きっと笑われてしまうけれど。
伝わらないかもしれないけれど。


そのくらい僕は君が好きで。


出会った奇跡ついでに、
ちょっとこっちへおいでよ。

「君が好き」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

  • 須田ロイ

    好きだわこれ・・・

    0
コメントを書く