プラネット、アイラブユー

巫夏希

冬の話


「……帰ることになった」

 宇宙船の修理が完了したと同時に、そのはなしを聞いたのは雪の降り積もる、ある寒い日のことだった。
 こたつに入ってみかんを食べていた、そんななんでもない日常だった。

「……帰っちゃうの?」
「うん。宇宙船も直ったし。ずっとここにいるのも悪いでしょ」
「いいや」

 私は首を振る。

「そんなことないよ。別にいつまでだって、ここにいてもいいのよ」
「それはダメだよ。僕と種族も生まれた星も違うんだ。ずっと居続けるのはよくない」

 なんでよ。
 私は気が付けば、そうつぶやいていた。
 今までの思い出はなんだっていうの?










 春に初めて出会ったとき、まだあどけない少年の表情がとても眩しかった。
 文字を教えてあげたとき、平仮名を見て真剣に悩む少年の表情を見て楽しかった。







 夏に海に行ったとき、少年と一緒に海水浴できたことはとてもよかった。かき氷を食べて、一緒に頭を痛くして、スイカ割りをして……あれほど楽しい海水浴というのも、本当に久しぶりだった。









 秋には焼き芋を食べた。食欲の秋、読書の秋。その頃にはもう少年も地球人らしくなっていて。








 そんな――そんな、今までの楽しかった、様々な思い出はどうなるというのだろう。

「僕も辛いことだけど」
「私だって辛いよ。だって――」


 ――君のことが、好きなんだから。


 私はその言葉を言ったあと、すごい身体が熱かった。自分の身体ではないくらいに、熱かった。
 少年はそれを聞いてクスリと微笑む。

「……あーあ、言っちゃった。そして、僕はそれを聞いちゃった」

 そう言って、少年は近づいて、私の前に立った。
 少年と私の身長は頭一つ分くらいの差がある。だから少年の頭がちょうど私の胸あたりにくる感じだ。
 少年は私の顔を見て、目を瞑った。

「……それって、どういうこと?」
「それを言わせるんですか……今この状況で?」

 顔を赤らめて言う少年は、とても可愛かった。
 ああ、お持ち帰りしたいレベルだ。
 あ、でも今ここにいるんだっけ。
 そんなことを思いながら、私は少年と口づけを交わした。




「……ねえねえ、それでそのふたりはどうなったの?」

 私の話を聞いていた少女は、私にその続きをせがむ。
 私は、それを聞いて、小さく笑った。

「それは今、あなたの目の前の世界のことよ」

 私はそう言って、彼女の、父親譲りの艶やかな金色の髪を優しく撫でた。



終わり

「プラネット、アイラブユー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く