レイニー・デイズ・ストーリー

神城玖謡

ポキー&プリーツ・デイ・ストーリー

「じゃーん」
「………どうしたの、急に」

 11月、雨が降る放課後、文芸部の部室での会話。

「わからない? ポキーだよ」

 たった二人しかいない文芸部、部員の男が言う。

「あー、そういえば今日、ポキー&プリーツの日か」
「そそ。というわけでポキーゲームしようよ!」

 そう提案する彼は、いつも楽しそうに微笑んでいる。



「ね、ねえ、ほんとにやるの……?」
「なあに、はずかしいの?」
「あ、当たり前じゃん……」

 普段は小さな部長の少女が、大きな部員の少年の膝に座りダラダラとしているのだが、今日は違った。
 椅子を2つ、向かい合うように並べ、2人は見つめ合いながら座っているのだ。

 カーディガンの袖からのぞく指をにぎにぎとし、俯きがちに顔を染める少女。
そんな少女を可愛がるようににやける男は、ポキーを1本取り出した。

「さあさあ、男なら覚悟決めなさいよ」
「も、もう女だし!」

 クスクスと笑う彼氏に、少女は必死に反論した。

「はい、あーん……」
「ん……」

 しかし、チョコ側の端を差し出せば素直に口に咥える。
 それを確認した彼氏は、生地側を咥える。

 チラチラと少年の目を見たり、恥ずかしそうに逸らしたりと忙しない少女に、彼氏は「よーい、ふぉん」とスタートを告げた。

 ──カリカリカリカリ

 結果、少年の顔ではなく、2人の間のポキーに目線を落とし、小口にかじり始める少女。
 一方の彼氏は、それをにやにや眺めるまま動かない。

(うわー、毎度の事ながら、本当に元男だったのか信じられないほど可愛いなぁ)

 そう思いながら、リスのようにカリカリと食べ進める少女を眺めていると、その動きが鈍くなった。
 どうしたのかと思ったら、少女の目線はポキーから、その先で待ち受ける少年の口に移されていた事に気が付いた。

 少女の顔は、ゆでだこの様に真っ赤になっていた。


 プチン


 はたしてそれはなんの音か。
 頭の中で何かが切れる音がしたかと思うと、少年はパクりパクりと一気にポキーを口に収め、そのまま少女の口に吸い付いた。

「〜ッ!?!?」

 声にならない悲鳴をあげる少女。そんな彼女の顔を両手で挟み込み、舌を伸ばす彼氏。

 んっ、んっと高い声をあげる少女は、いつしかとろけるような表情に変わっていた。


「っふぅ……ごちそうさまでした」

 つやつやとした顔でそういう彼氏。
 一方の彼女の顔は────彼氏によって、そっと隠されてしまった。

「レイニー・デイズ・ストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ミツキ

    いい作品だなと思って全部見させてもらいましたがまさかあなたの作品だったとは!?
    これは嬉しい誤算(*^ω^*)
    良い小説をありがとうございます。

    0
コメントを書く