レイニー・デイズ・ストーリー

神城玖謡

エピローグ 

  

 9月、良く晴れた放課後、文芸部の部室での日常。────話。

 部室には、部長である少女が、1人本を読んでいる。

 そこに、背の高い男子高校生が入って来た。

 すると、少女は椅子から立ち、男子高校生を座らせ、その膝の上に、自ら座った。

 男子高校生は、左腕で少女を抱き、右手でその頭を撫でた。


 どうやら2人は、恋人の様だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 あの後、目を瞑らされた私が目を開くと、彼女は彼になっていた。

 ネコっぽい目や、その笑顔は変わらなかったが、少し背が高すぎないかと文句を言うと、恋人の身長差は、これ位の方が良いと言われた。フム………。


 そしてその後聞いた話は、耳を疑うモノだった。

 何でも、彼女の一族は魔女の家系で、魔力を使い切らなければ18才で死んでしまう。
 後他人の願いを叶える事以外では、魔法を使えない事。
 更に魔の子は魔女に成ってしまうので、男に成りたかった──なんだとか。


「ごめんね、何だかんだでキミを利用してた……」
「大丈夫。私はお前の事が好きだし、お前も私の事好きなんだろう?」
「もちろんっ!!」
「ほら、じゃあ良いじゃん」
「……うん」
「──ただ、その姿で“私”はキモいぞ」
「えぇっ!? ひどい……」


 男に成れば魔法は使えなくなるが、使ってない魔力はそのまま……結局18で死んでしまう。

 それに子供は、魔女の運命に巻き込みたくない……。

 この状況では、自分が男に成って欲しいと願われ、そして叶える瞬間に魔力が尽きるのが必需条件だったのだ。

 彼女は、それをやり遂げた。……並みじゃない苦労をし続けていたのだろう。





 その事を思い出していると、彼が部室に入って来た。

「遅かったな」

 と言いながら、私は席を避ける。

「掃除当番だからね。がまんしてよ」

 と言いながら、彼は空いた席に座った。

「それは良いけど…………」

 と、言いながら彼の膝に座った私の頭を彼が撫でる。

「~~~♪」
「ご機嫌だね」
「キモチイイからね」

 最初こそ、恥ずかしさから嫌がっていたが、1度身を委ねてみると、以外と気持ち良い……。

「ふぅ…………そう、そう言えば、男の体に成った感想を聴こうと思ってたんだよ」
「感想かあ……うん、まずトイレだね。……つい女子トイレに入った時のビンタはイタかったし……でも、一回一回、おしっこの時に座らなくて良いのは、思ったより楽だったな」
「へぇ、……他には?」
「そうだねぇ……おしっこの度拭かなくて良いのは……」
「トイレネタは、もう良いよ」
「やっぱり?」

 そう言って笑い会う恋人達。

「そうだな…………ブラをしないのは、少し違和感あったな……………」
「あー、今なら分かる」
「でもムレないのは良いよ!」
「……」
「…………プッ、あははっ! 懐かしいね、この会話」
「そうだね」

 ……2人でそうやって話していると、雨が降ってきた。

「……結構土砂降りだけど、帰るまでに止むかな」
「…………止むよ」
「ん、何で?」
「だって……私が女に成った日も、帰る時には止んだから」
「…………そうだね」

 2人は窓の外を見た。

 そこには、あの6月の中場の、あの日と同じ雨空が広がっていた──。

「レイニー・デイズ・ストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く