レイニー・デイズ・ストーリー

神城玖謡

進展→デレッ!

  7

「どう、面白い?」
「もちろんだよぉ~」

 7月の終り頃、小雨が降る放課後、文芸部の部室での会話。

 って言うか、20日。

 例の本の発売日だ。放課後になってすぐに買って来たのだが……

「いやぁ、大変だったよ」
「うぅ、ありがと………」

 買いに行こうとした私に、『私が行くよ』と言い出したのだ。





『いや、私が行くからいいよ』
『そんな事言わないで。第一、1巻から33巻持ってるのも私だし。
 それに、君は全巻揃えたいタイプじゃん』
『それはそうだけど……』
『何より、こう言うのは彼氏の役目でしょ?』
『う~ん……そ、それじゃあ、お願いしようかな?』
『ウンウン』
『じゃあ、気を付けて、ね……』
『っっっっくぅ! デレ頂きっ!!』
『でっ、デレてないっ!』


 最後のは余計な気もするが……と、兎も角。歩いて30分もする本屋まで、買いに行って貰ったのだ。

 しかも、苦労して買った本を、自分が読む前に他人ひとに貸すのだ。………私だったら発狂してる自信がある。

「──そうして私に恩を売ってしまったのであった…………」
「うっ……」

 軽率な行動を取ってしまったか…………………アレ?

「……何か今更じゃないか?」
「ん?」

 思い返しても見れば、私は幾つも願いを叶えて貰っている。

「あぁ、確かに」
「って事は、今までと大して変わらないな」
「そうだねぇ」

 ──────となると………

「結局の所、恩は一杯有るんだから、何かあるなら言ってよ」
「う~ん……あっ」
「思い付いたか?」
「……あのさぁ、私達恋人じゃん?」
「うん」
「けど、やってる事と言えば……」

 手を繋いだりする程度だ。

「つまり、もうちょっとスキンシップをしたいって事か?」
「そうそう。………細かく言うと、部活中は私の膝に座って欲しいのと、自由に頭を撫でる権利と、自由に抱き締める権利と、さらにキスをする─────」
「ちょっ、まっ、ストーーーップ!!」
「え、何?」

 キョトンとする彼氏役。

「どんだけ言うつもりだよっ?!」
「どんだけって……こんだけ?」

 子供のように手を広げる彼氏。

「いや、そう言うのはいいから」
「良いの?」
「違うっ! 言わなくていい方のいいっ!」
「はいはい。それでキス──」
「だからストーーーップ!!」
「もう、だから良いのか悪いのか言ってよ」
「う、う~んと……そ、そう言うのは もっとお互いをよく知ってからと言うか…………」
「な~に俯いて真っ赤になって言ってるのさ」

 はっきり言って、そろそろ次の段階に進みたいとは思ってる。
 けど、勇気がいまいち湧かない……

「い、いや……えっと…………」
「ん?」
「だから、その……」

 落ち着け私! 今こそ勇気を出す時だ!






「…………キス以外のなら、良いよ」

 ごめんなさい、ヘタレで……

「っっっやったぁーーー!!」
「うへっ!?」

 しかし、何故か興奮して目を耀かせる彼氏役。

「いやぁぁ、これぞツンデレの極み! 萌え~だよっ!!」
「え? え?」
「じゃあ、早速お願い」

 な、何? 何が起きたの?!

「どうしたの? ボケボケして」

 ボケボケって……

「まずは、私の膝に座って?」
「え、あっハイ」

 慌てて彼氏役の膝に座る。と、ギュッと抱き締められた。

「って、何やってるのっ?」
「何って、ギュッてしてるだけだよー」

 と言いながら、今度は頭を撫でて来た。

「あ、暑いんだけど……」
「大丈夫! 私達の愛の方が、熱いからー」
「ちょっ……!」
「んー、何ー?」
「そ、その………わっ、私もそう思うっ!」
「っっっっっ!!」

 さらに強く抱き締められる。
 は、恥ずかしい! きっと顔は真っ赤だろう。
 けれど抱っこされていて、顔は見えないだろうし……良かったぁ。

 そんな事を思う彼女役だった。

「レイニー・デイズ・ストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く