レイニー・デイズ・ストーリー

神城玖謡

ツン&天然

  6

「なぁ、34巻持ってきてくれたか?」
「いや、まだ発売してないから」

 7月の半場、雨が降る放課後、文芸部の部室での会話。

「え~、次何時でるんだ?」
「うーん、……多分今月中にはでると思うけどな~」
「うぅぅ……待ちきれないぃ」

 例の『定番かつ、ベタかつ、ご都合主義かつ、甘~いかつ、きらきらかつ……』の時代遅れな恋愛小説にはまり、「30冊位持ってるよ~」と、意外と続いているソレを2週間程で読みきってしまい、急に読む物が無くなってしまったのだ。

「ああああああ、暇だぁぁ」
「別の本読んだら?」
「それはイヤだ!」
「?」
「だって、今はまだこの小説世界に浸っていたいから……」
「ああ、成る程」
「それに、もうすぐ出るんだろ?」
「うん、毎月20日に発売してるから」
「20日、かぁ」
「それまで1巻から読んだら? 一回読んだんだから、発売日までに読みきれるんじゃない?」
「ああ、そうだな……じゃあ明日もって……」
「と、言うと思って、もう持って来てるんだ」
「お、おぅ……」

 こいつ、エスパーか……?

「今、私の事エスパーって思ったでしょ?」
「……まぁ」
「けどエスパーじゃないんだなー」

 さて何でしょうと聞いて来る彼女に、分からんと告げる。

「ふっふっふー、正解は『彼氏』でしたー!」
「は?」
「だからぁ、彼女の考えている事位、お見通しって事だよ」
「そ、そうなのか……」

 はっきり言われると、少し恥ずかしいと言うか……

「あれ、どうしたの、顔真っ赤にしてー。……もしかして照れてる?」
「う、うるさい!照れてなんか、いないんだからねっ!」

 あ、駄目だ。このセリフ──

「今のは……」

 そして彼女は一拍置き、

「ツンデレ頂「ツンデレ言うなっ!」」

 半分ほど予想していたので、声を被せて突っ込んだ。

「なっ、私の思った事が解るなんて……エs「エスパーじゃねぇよっ!」」
「……」
「……」

「…………君も案外、私の『彼女』だね」
「…………そうだな」

 彼氏の考えて事位お見通しってか……




「はい、1巻」
「ありがとう」

 手渡された1巻。

「……あれ?」
「どうしたの?」
「この本……」

 記憶にある1巻と、オーラが違う。

「?」
「私が前読んだやつと違わないか?」
「ん? ……あぁ、1巻は2冊持ってるから」
「何でだ?」
「いや、間違って買っちゃっただけだけど。……それより、よく違う本って分かったね?」
「そうか? だいたい誰でも分かるだろ」
「…………」
「どうした?」
「いや、普通分からないよ」
「そうか?」
「…………まさか、こんな所で天然とは」
「?」

 何言ってるんだ?

「私は天然じゃないぞ?」
「…………」


 それから1日、何故か微妙な顔をしていた彼氏だった。

「レイニー・デイズ・ストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く