レイニー・デイズ・ストーリー

神城玖謡

番外編 生理の回

   5.6

「大丈夫?」
「……大丈ばないぃ」

 7月の始め頃、雨が降る放課後、文芸部の部室での会話。

「じぬ……」
「薬飲んだんでしょ?」

 初潮を向かえた少女と、先輩少女との会話。

「朝飲んだのが、ついさっきに切れて……」
「あぁ、次飲んだのがまだ効いてないと……」

 下っ腹を擦りながら唸っていた俺に、彼女は色々してくれた。

「ほら、もう一回ナプキン替えに行くよ」

「保健室から、暖かいタオル貰って来たから、腰に当てておきなよ」

「はい薬」

「はい膝掛け」

 などなど。

「どう、少しは良くなった?」
「うん、ありがとう。大分楽になったよ……」
「それは良かった、けど……余り大丈夫そうじゃあ無いね」
「まぁ……」


 薬が効いてきたのか、何だか眠い……

「少し寝たら?」
「……そうするよ」

 気のきく彼氏を持つと、色々楽だよ……

 そんな事を思い、俺は机に突っ伏した。



「お休み」

「レイニー・デイズ・ストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く