レイニー・デイズ・ストーリー

神城玖謡

ある日

            1

「俺さぁ、女体化願望があるんだ」
「……へぇ、どうして?」


 6月の半場、雨が降る放課後、文芸部の部室での会話。

「いや、何と言うか、性欲の延長と言うか……強いて言えば“隣の芝生は青い”って言うか」

 たった二人しかいない文芸部、部長の俺が言う。

「ふ~ん、……つまり漠然とした憧れを持ってるって事? 女の体に」
「まあ、そんなとこだ」

 俺の発言に真面目に返してくるこの少女は、もう一人の文芸部員。
 真っ黒な髪をストレートでたらしている彼女は、いつも楽しそうに微笑んでいる。

「でも、君が思っているより不便だと思うよ?」

 もちろんそんな事言われなくても……
「……わかってるよ、もし本当に女体化したら、すんごい生活しずらくなることは」
「ふーん……」

 じゃあどうして? と無言で問いてくる彼女に簡単に説明する。

「別にオカマ……性同一性障害って訳じゃ無いんだ」
「だろうね、彼ら……彼女らは、本当に心が女の子なんだもん。でも君は、ちゃんと男の心で女になりたいって思ってるみたいだし」
「まあな……」
「…………変態?」
「ぐふっ」

 言われたくない単語を言われた。
 キズついた俺を見て、彼女はせらせらと笑う。

「冗談だよ、わかってる。それが男の宿命さがだって事は……」
「絶対わかってて言ってるだろ、それ」
「ふふっ、どうだろうね?」

 尚も楽しそうに笑う彼女を尻目に、閉じてた本を開く。



「もし……私が君を女の子にしてあげるいったら……どうする?」

 再び本を閉じる。本意を確かめようと彼女の表情を窺うが、そこには変わらない笑みあるだけだ。

「……そうだな、お願いするかな」

 すると少し驚いた顔をして…………また笑った。

「へぇ……それって軽い気持ちで言ってたりする?」
「いや、そんな事はない」

 そう言って、俺は語りだす。


「──よく、小説の中でこう言う会話をして、……そして実際に女にされてギャーギャー騒ぐ。定番だろ?」
「うん」
「…………つまり“フラグ”だよ。こう返せば、本当に女にしてくれるかもって」
「へぇ、……じゃあ、本当に成っちゃう?女に」
「出来るものならやってみろよ」

 安いフラグをわざとらしく立ててみた。

「それもフラグ?」
「もちろん」
「ふーん、………じゃあ始めるよ? 目つぶって」

 本気か? と思いながらも、言われたとうりに目を閉じた俺の頭に手が乗せらる感触。
 そして──





「よし! 良いよ♪」

 許可もらったので、目を開ける──

「女に成ってる…………」

 少し高くなった声と共に俺の目に飛び込んで来たのは、セーラー服とスカートを身に付けた己の躰。

「へぇ、無くなってる………ブラ着けてる…………………貧乳なのは、仕様か?」

 感心しながら女になった事を確かめていると、彼女が珍しく不思議そうな顔をして聞いて来た。

「うん、そうだけど……あんまり驚かないんだね?」
「ああ、何かお前ならやっちゃいそうだったからな」
「もしかして、それって私の事信用してくれてるってこと?」
「どうだろうな? ……そう言えば、もう男に戻れないとか?」

 気になったので、聞いてみる。

「いや、いつでも言ってくれれば、いつでも戻れるよ。もう戻る?」
「まさか。
 しばらく女の体コレで過ごしてみるつもりだけど……親に上手く誤魔化せるかな」
「ああ、それなら大丈夫。最初から女の子だって事になってるから」
「へぇ、便利だな」
「でしょ?」

  彼女は笑っていた。

「レイニー・デイズ・ストーリー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く