崩壊の兆しある世界にて(自主的に更新停止中)

辛味噌

セーフハウス買う(後編)

「そちらの初老の男性から自己紹介して貰おう。職種と名前だけで結構。」
初老の男が一歩前に出て
家令スチュワードのリュークスです。御館様マイロードに代ってこの屋敷内の全てを統括する管理職と思っていただければと。必要であれば御館様マイロードの財産管理なども行います。以後宜しくお願い致します。」
隣の中年男性が一歩前に出る。
執事バトラーのシャガードです。酒造の管理、御館様マイロードのお世話、リュークス殿の代理、男性家事使用人フットマンの教育と監督を担当します。以後宜しくお願い致します。」

男性家事使用人フットマン3名とも人族で年齢は20歳未満。農家とか商家の三男坊とか極潰し枠ので食い扶持減らしの為に出てきたけど冒険者をやる度胸も才能もないが肉体労働は問題なさそうな体格はしている。力仕事担当ではあるが、従者サーバントを兼ねる場合などもあり背が高く美形であることが一種のステータスであるせいか皆それなりに長身で美形ぞろいだ。
冒険者家業の俺には正直微妙な気もするが・・・・・。
カルロスとキースは細身だがそれなりに筋肉がある。相棒ほどではないが自慢できるくらいには美男子だ。
しかし・・・・クレイ貴様は何だ!ゴリマッチョで暑苦しい風貌とか普通に冒険者で良いだろ!
取りあえず挨拶は聞き流した。

そして驚いたのが女中管理人ハウスキーパーだった。ど~みても子供です。
「もしかして幼人族リトナーか?」
「はい。ナレアと申します。女中メイド歴30年になります。各女中メイドの教育と人事権と屋敷の維持管理の全責任を負います。宜しくお願い致します。」
幼人族リトナーは寿命が人族の倍ほどあり、見た目も子供なら精神も子供というトラブルメーカーなんだが、目の前のナレアという幼人族リトナーにはそういった雰囲気は感じられない。
80歳くらいまで人族の8歳児くらいの姿をしていて、それから急速に老け込んでいくせいか、幼児性愛な変態紳士や淑女に奴隷として売られることも結構あるとか。
しかし見た目8歳児のメイド長だと・・・・・。

各種女中メイド11名・・・・。おや?当初よりかなり増えてる。
客室女中チェインバーメイドのメリナは寝室と客室の管理を担当。19歳でそれなりに美人だ。
客間女中パーラーメイドのラエルは給仕と取次ぎ、接客担当で19歳。職柄だろうか、かなり美人だ。
食品室女中スティルルームメイドのルーナはお茶やお菓子の貯蔵・管理を専門職とする。自らお菓子を作り、パティシエのような仕事もこなす。22歳。ふくよかだがなかなか魅力的な笑顔だ。

ここまでがいわゆる上級女中メイドか。

家女中ハウスメイドは2人。レナとリナは双子の17歳。特にこれといった専門担当を持たず、文字通り、家中の仕事をひととおりこなす。最も一般的な種類のメイドだ。食品室女中スティルルームメイドのルーナは彼女たちの姉でもある。
台所女中キッチンメイドのターニャは料理人コックの補佐担当で下ごしらえや仕込み雑務担当の17歳。裏方担当はワザと容姿を非凡にしたのか?
洗濯女中ランドリーメイドのチルトは洗濯担当だが、この国は魔導機器の普及率が高く空き時間は家女中ハウスメイドを兼任する。25歳。主婦でもあるので通いである。
兼任女中トゥイーニーメイドの4名はまだ14歳でいわゆる見習いである。仕事は家女中ハウスメイド台所女中キッチンメイドを兼任である。
ナターシャ、レイラ、ニーシル、イロアは奴隷として売られていたところをロナルド会頭が買取り自由民にしたらしい。まだ礼儀作法も未熟で教育も兼ねてこっちに廻したらしい。

料理人コックのコーナン中年の男性で、ロナルド会頭のマネイナ商会の系列料理店で12年修業したとかで会頭曰く何処へ出しても恥ずかしくない腕前との事。
庭師ガーデナーのマイトは派遣された面子の中で最高齢で60歳になる。仕事は庭を一つの造形空間として設計施工&製作し、庭の植物の生育を管理し、定期的に剪定したりする管理の仕事もする専門家である。

これで全員だな。
「他の職もいずれ必要でしょうから必要になりましたら仰ってください。」
最後にロナルド会頭・・・マネイナ準男爵と呼ぶべきなのか?が締めた。

「これから君たちの雇用主となるヴァルザスだ。出自故に名字ファミリーネームはまだない。仲間がいるが散らばっているのでそちらは後日紹介する。仕事に関しては管理職の者に一任する。この館には何もないので君たちの最初の仕事は必要なものを購入及び搬入だ。」

家令スチュワードのリュークスを呼び、時空収納インベントリ付きベルトポーチから袋を出し彼に渡す。
「支度金として100万ガルド入っている。現場の意見を聞きつつ必要なものを購入してくれ。なんせ君らの個室どころか女中メイドの部屋すら何もないからな。残った分はリュークスが管理してくれ。今は金の出入りは相棒に任せているが、相棒がこちらに来たらすべて任せる。」

もっとも非常用の資金までは管理させないけどな。まだ彼らを信用しきれないし。
一通り揃って落ち着いたら神聖帝国に挨拶に行くか。


「崩壊の兆しある世界にて(自主的に更新停止中)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く