話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第168話】北の幸27




 「痛っつー……。あ、ありがとうございます」

 差しだされた手を握り、壁から離れて立ち上がる。
 どうやら封印らしきものは解けたようだが、棺は消滅しなかったみたいだ。とけない氷で作られているのだろうか?

 「あなたが私を助けてくれたのね。ありがとう、感謝してるわ」

 「「「「「!!!?!???」」」」」

 そう言うなり俺の頭に手を回し寄せ、がっつりマウストゥマウスでキスをしてきた。
 その人は、さっきまで氷の中で寝かされていた(?)女性そのものだった。

 「ふふ。有り余っているのね。少し回復させてもらっちゃったわ」

 「この……め……」

 姉さんが激おこぷんぷん丸でいらっしゃる。
 なんて言ってるのかも微妙なところで、口からシュコーって白い息が出てそうだ。
 腰に下げた剣に触りながら近付いてくる。

 「ぬっ!?」

 しかしどんなに力を入れたところで、剣と鞘がくっ付いてしまって離れないようで。

 「しーっ」

 淫魔サキュバスのお姉さんが唇に指を当てて、種明かしはしちゃダメだよとの合図。
 妙に人間らしい仕草だが、人の精気を吸って生きると言われる性質上、人に取り入るためにはそういうのも必須スキルなのだろうか。

 「おほん。単刀直入に聞くけど、貴方は何者なの?」

 「まずは自分の自己紹介がこういう時は先じゃないかしら?」

 「…………、ここの洞窟付近で魔物の活動が盛んになってきたってことで、調査に来たアリスよ」

 「わたしは……そうねぇ、フェリ。フェリ・アナスタシア。以前は氷の女王のアナ、なんて呼ばれていた気がするわ。アナと呼んでくれて構わないわよ」

 いや、それはダメだろ通り名付けた人……。
 完全にアナと○の女王じゃんか。意識するじゃんか。

 「フェリさんと呼ばせてもらうわね」

 アリスさんも同様の懸念を覚えたのだろう。
 見事にアナ呼びを回避した。

 「で、フェリさん。貴方はここで何をしていたの?」

 ズバッと本題に入る。

 「わたしが何をした、と言うよりはされていたというのが正しいわね。あなたたちも見たでしょ? あの氷の檻を。そこの彼が助けてくれなかったら、何時まで眠らされっぱなしになったか分かったもんじゃないわ。それで……」

 フェリさんはひと呼吸置いて。

 「数多くあったであろう試練を乗り越えてわたしの封印を解いたんだ。君はわたしと契約しに来たんだろう?」

 どうしよう。偶然、二分黙ってただけなんて言いづらいんだけど。
 目線をローズへと向ける。

 「契約って、何のことですか?」

 悪びれることなく、臆することなく妹は言い切った。

 「えっ?」

 むしろフェリさんの方がビックリきてるような。

 「わたしと契約しに来たんじゃないの?」

 「はい。わたしたちはフェリさんについて何も知らないままここへ来ただけですから」

 「本当に!? それなのにわたしは独りで契約とかなんとか言っちゃって盛り上がってたなんて……」

 「ちょっ、フェリさん! 微妙な感じになったからって棺に戻ろうとしないでください!!」

 「止めないで! 久しぶりに人と会ったからって舞い上がっちゃうなんて精霊失格だもの!!」

 俺はフェリさんの話を無視して、羽交い締めにして棺から引きずり出した。

 「はーい、契約成立ネ♡」

 「「「は?」」」

 一同、ポカンである。
 こんな良くわからない不当な契約もそう無いと思うのだが。

 「わたしとの契約の条件は一日以内に二回以上、身体を重ねることよ」

 「なっ!?」

 姉さんが初心うぶな反応を見せる。

 「いや、言い方よ」

 俺は生前高校三年まで生きていたし、この程度で心は揺らがない。

 「……、具体的にはどういうこと?」

 ふとサニーさんが尋ねた。

 「職業病というかなんというか、わたしたちは人の精気を糧にしなきゃいけないわけなんだけど。一度目は生きるために。でも、二回戦までいくのは本気になった人だけ。同じ女なら、何となく分かるんじゃないかしら?」

 「分かるかもしれない……」

 「嘘だろおいっ!?」

 妹のまさかの呟きに、動揺を隠せなかった。

 「わたしだって女の端くれなんだからね、お兄ちゃん。女心ってやつだよ!」

 「大した妹さんなのね」

 「将来大物になりそうですよね、ほんとに……」

 「お兄さんも色々大変なのね」

 「ほんとに……」

 「そこは否定するところでしょ!?」

 フェリさんとの軽快なやりとりに、ローズがつっこむ。
 いや、実際お前の兄貴ってのは色々大変なとこもあるよ?
 例えば、食事に行った店に後日顔出して頭下げて、店の手伝いさせてもらったりのアフターフォローとか……。

 「ん、んっ。話が逸れた。本題にそろそろ戻ろう」

 姉さんが咳払いと同時に普段より声のトーンを下げていた。
 さっき動揺したのが気になっているのだろうか。

 「えっと、なんだったかしら?」

 「契約の話っすね」

 「ああ、そうだったわね。ついついおしゃべりが楽しくなっちゃってしまったわ」

 「まるでババ」

 ズバチィ!!!!
 と目の前に紫電一閃。目の前の地面が抉り取られていた。

 「二度目は無いわよ? 精霊に年齢のことは禁句よ? 特に女性の場合はね。覚えておきなさい?」

 「は、はい!」

 「で、契約についてだけど。これは特に書類を交わしたりするものでもないし、ましてや命を共有したりなんてこともないわ。ただわたしが、この人が気に入ったから付いて行こうっていうだけ」

 なんだよ。桃太郎とその家来たちとさほど変わらないくらいの関係なのかよ。

 「さらっと告白みたいな事言った……」

 サニーさんが呆然と呟く。

 「え!? あ、いや、別にそういうのじゃなくて! うぅー……」

 「だー! 待て、だから棺に戻ろうとすんじゃねえよ!」

 「あっ……」

 「手が触れただけで照れるなよ!? あんたさっきいきなりキスしてきてるんだからな!?」

 「はわわわ……」

 フェリさんがもうこれまでにないくらい茹で上がった。

 「淫魔サキュバスなのに案外初心というか、純情ピュアというか……」

 困惑した様子でアリスさんが言う。

 「と、とりあえず契約内容の確認をしましょ」

 失態を取り繕うかのようにフェリさんは背筋を伸ばして正座した。
 ので、俺らも各々地面に腰を下ろした。

 「わたしは貴方に絶対服従。やれと言われれば出来ることは全てやるわ」

 絶対服従の相手に向けてさっき凄い雷飛ばしてきたんだな……。

 「もちろん、夜のお供もね?」

 「……」

 今までこんなに大きく唾を飲む音が感じられたことは無かった。

 「……、その代償は?」

 死神と契約すると寿命半分持ってかれる、なんて話もどっかで聞いたことあるしな。

 「子種の提供」

 ド直球過ぎてさすがに軽く引いた。

 「と言いたいところだけど、見たところまだ成人もしてなさそうだし。活動するのに最低限必要な魔力マナを供給してくれればそれでいいわ」

 「魔力の供給?」

 アリスさんが尋ねる。
 大概サキュバスの魔力供給と聞いて思い浮かべるのは大抵アレだ。だからこそ確認すべきと判断したのだろう。

 「そ。感情の昂りによって活性化された魔力をちょこっと吸わせて貰うのよ。美味しいもの食べて幸せ! って時に魔力を貰えばわたしも幸せな気分になるしね。勿論淫魔らしく淫夢を見せて無理やり昂らせて魔力を貰うこともあるかもだけどね〜」

 でも昂った状態のところからその感情を吸われたら、ある種の賢者モードみたいな感じになるんじゃないのか?
 淫夢はたまにでいいや……。

 「そしたら、これはご主人様の周りの人に対しての話なんだけど……」

 「ちょっと待ってて」

 「どうしたの、ご主人様?」

 一旦、CMです。


「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く