竜と王と剣と盾

ノベルバユーザー173744

美少女可愛い系兄と、美形で変な弟の登場です(いつもこんな感じです)

 集まった家族は総勢19人。
 グランディアの当主だが、ある事情で半ば軟禁状態にある清影せいえい清雅せいが、清雅の父のヴィクター。
 ヴィクターの末っ子であるシエラとその妻である清泉いずみと娘の六槻むつき
 清影の次男の清秀せいしゅうと妻の瑞波みずはに息子の成時せいじ
 清秀の妹のセイラと双子の息子のアルドリーとアーサー、末っ子の清夜さや
 清影の養子の隼人はやとと妻の知慧ちえ、二人の娘たちの日向夏ひゅうか月歩つきほ
 そして、隼人の実の妹で、同じく清影の養女のあや
 最後に、アルドリーたちの従兄の息子で、シエラの息子として育ったエドワードである。
 アルドリーは幸矢こうや、アーサーには蒼記あおきと言うグランディア(清野さやの)名前を清影によって名付けられたが、エドワードはシエラによってすいと言う名前が与えられた。
 幸矢は、様々な人々、全てのものに幸福を与えられる者になるように。
 蒼記は青色を記す…歴史に名を残す、双子の兄を支えられる王弟として努力するように。
 彗は彗星ほうきぼし
空を払い清める彗星のように、幸矢の背後を守れる存在に…。

 そう、付けられた。



 彼らは、準備を整えようとするのだが、フィアが、

「それ、そのまま圧縮して持っていくから大丈夫だよ?」
「圧縮!?」

 首を傾げる周囲に、シエラが、

「術だよ?例えば、この森全部をこれくらい…にして、持っていくの」

 両手でボールを包むように、して見せる。

「えっ…?でも…。普通物質圧縮や、空間の移動等は物理的に…」

 メガネをかけたインテリ然としているが、本当は目が悪く、おっとりとしている隼人が問いかける。

「術にはそんなの関係ないし」

 ルゥの言葉にフィアのみならず、常識的なシュティーンまで真顔で頷く。

「えっ!?じゃぁ…」
「引き剥がして、小さくして運ぶの。で、好きなところに持っていって、デーンと膨張させる!!何なら、その場所の土とか…こっちに持ってきた方がいい?」

 フィアの言葉に、ヴィクターは、

「止めなさい。外来種がこの国を侵食していくから」
「え?あったんですか!!」
「この国に必要のないものはある程度、処分しておいた。これ以上増やすとこの世界の生態系を壊してしまう」

 目をキラキラさせたフィアとルゥといった、甥の子供たちを見て、

「グランディアの自生種は外来種よりも弱いんだよ。研究していて、その結果もあるから、帰ってから目を通していいよ。それと、ヴィルナ・チェニアは、グランディアの花だよ。原種を採集して、増やしている。その花畑も移すから良いね?」
「えぇぇ!!聖なる花が!?」
「是非!!是非、見せてください!!ヴィお祖父様!!」

 瓜二つの顔に、やれやれと首をすくめたヴィクターは、

「向こうで見せるから、落ち着きなさい。お前たちはやっぱりセラヴィナの血を引いてるねぇ…」
「そうですか?」

 首を傾げる二人に、苦笑する。

「良く似てるよねぇ…お前たちは。なのに…」

 父のぼやきが始まると思ったシエラは耳を押さえようとするが、異母姉の清雅が手をつかむ。

「駄目よ?ちゃーんと聞きなさい」
「やめてよ!!姉様!!」
「駄目よ~!!」
「お前もだよ!!みやび!!」

 ヴィクターは、姉弟を見る。

「全くお前たちは、私の子供なのに芸術の芸も理解できず、暴れ放題壊し放題!!もう少し、おっとりとした可愛い子に生まれて欲しかった…」

 嘆くヴィクターの横で姉と弟は顔を見合わせ、又始まった…とため息をつくと、

「みやび!!シエラ!!お前たちのことを言っているんだよ!!ちゃんと話を聞きなさい!!」

 ガミガミと母親たちを説教する祖父を、ちらっと見た清秀は、

「まぁ、あちらはあちらで、置いといて」
「置いといていいのか!?」

 驚き、息子に問いかける清影を、いつも通りスルーして、

「まあ、と言うわけで、あの3人は置いといて、出発するのは一度に皆が行って良いのか?えと、シュティーンどの」
「シュティーンでいいですよ。清秀どの」
「じゃぁ、こっちも秀と呼んでくれ。で、19人だ。それに一気に移動は扉にも負担がかかったりしないのか?」

 秀の簡潔ではっきりとした言葉に、

「大丈夫ですよ。御大おんたい来てますから」
「御大…?」

 フィアとルゥが示す…そこには、

「わぁぁ!!凄い!!凄いよ!?何々?可愛い!!触っちゃおう…えぇぇ!?私の事嫌!?何で!?…えぇぇ!!アレクの義兄だから!?仕方ないじゃない!!だって、結婚した後にアレクが生まれたんだよ?私のせいじゃないし、うちの奥さんが一番の被害者なんだよ!!解ってよ~!!…うんうん、え、ほんと?仲良くしてくれる!?やったぁ!!」

 何故か地面に顔を寄せ、ぶつぶつと呟く黒いフードつきマントにくるまったどう見ても不審者。

「じゃぁ、向こうに行きたい子、こっちに来て…ってうぉぉ!?何々?えぇぇ!?皆こっちに残りたくないの?どうしてさ…うんうん…」

 今度は空を見上げ話している。

「…えっと、あの人?」

 恐る恐る、示すと3人は頷く。

「そう。あの人」
「何を見て話してるんだ…?」

と、突然分裂し、

「シュティーンにルゥにフィア!!お友だち増えたよ~!!連れて帰っていいよね?」

 駆け寄ってくるのは、ルゥに瓜二つの美少女と、エドワードを成人させたような男。

「兄様!危ない!!」
「大丈夫…うわぁ!!」

 転びかけた美少女を、慌てて支える。

「だから言ったでしょう!?」
「…うぇーん。ヴィクありがとう」
「いえいえ。ちゃんと立ってくださいね?転んだらダメですよ?いいですね?」

 コンコンと言い聞かせ、下ろすのだが、再び転ぶ。

「うぇぇーん。痛いよぉ!!」
「だから言ったじゃないですか。言うことを聞いてください!!兄様」

 立たせて、落ち葉や土を払う青年に美少女の組み合わせに、清秀は、

「あれ…?」
「えっと…一応、紹介しますと、華奢な方が私の師匠であり、ルゥとフィアの父親、マルムスティーン侯爵家当主、シルベスター・シャレル卿です。そして、隣が…アレクの一番上の姉上であるアンネテア王太女殿下の夫君で、シルベスター卿の弟になるクルス侯爵ヴィクトローレ殿下です。ちなみに、エドワードの祖父に当たります」
「祖父ぅ!?」

 清秀たちは、エドワードを見るが、あっさりと、

「えぇ、そうなんです。あの収集マニアが、祖父です」
「収集マニアって何!?珍しいんだよ?この私が!!私が!!土の精霊とお友だち!!何ていい世界なんだ!!一生ここに…」
「いれば?アレク大叔父上と。そうすればおばあ様の苦労も減りますよ」

 無表情で言い放ったエドワードに、祖父だと言う青年は、

「じゃぁ、アンと、兄様がいれば良いから~」
「僕、エリーがいないと生きていけないし、ルゥとフィアと可愛いアルの守役だから帰るよ?ヴィクは一人でアレクといてね?しばらく戻ってこないでいいよ?」
「に、兄様~!!嫌だ!!離れて暮らしたくないよぉ!!兄様~!!私の事嫌い!?」
「う~ん…」

 考え込んだ美少女が、

「えっと~10番目くらい?」
「えぇぇ!?何で!?エリーとルゥとフィアの次…」
「父様とルード兄様に、アンでしょ?ユーロにシュティーンにアルも!!それに…うわぁアル!!アルだ!!久しぶり!!」

 弟を無視し、アルドリーに駆け寄ると抱きつく。

「アル!!会いたかったよ!!覚えてる?」

 首にしがみつく美少女を抱き締め、アルドリーは、

「じい!!わぁ!!来てくれたの!!え、何でルゥちゃんたちとこなかったの?」
「ん?あのねぇ…エーナ!!レイ!!」

 その声に、空から降りてくる陰に周囲ははっとするが、トン、トンと降り立ったものにぎょっとする。
 大柄で耳の垂れたゴールデンレトリーバーを馬よりも大きくした上に、大きな翼を持つ…白と黒の獣。

「ドラゴン!?」

 隼人は慌てて娘たちを庇うが、アルドリーは、

「違うよ?隼人兄さん。この子たちはナムグって言う、シェールドの固有種の翼獣。こっちの大きい子が、このシルゥじいの乗獣のエーナ。こっちが、俺のペットのレイ」
「違うよ?アル。レイは、乗獣試験受けてるから、乗獣として乗れるようになってるよ」
「本当?凄いじゃない、レイ!!お利口…って、エーナ!?何で、俺がレイに撫で撫でするの邪魔するの?酷いよ!!」

 うきゅるきゅるるるうぅ~!!

 獣が鳴くと言うより歌っている?
 純白の毛並みに、明るいライトブルーの瞳の獣がアルドリーと顔を近づけて。

「えっ?だって、俺はレイの親友で、俺が先に仲良くなったの!!」

 ぎゅぅぅ~、ぐるぅぅ~!!

「駄目?良いじゃない!!レイはエーナの所有物じゃありません!!それに俺とレイは、親友なんだから!!…嫉妬深い旦那は嫌われるよ?」

 ぐっ…ぐぅ…。

「だから良いよね?じゃぁ、レイ~!!」

 わざわざ、エーナにシルゥを乗せ、漆黒の一回り小柄なナムグに抱きつく。

「レイ!!レイ!!久しぶり、元気だった?顔見せて?」

 アルドリーは顔を覗き込む。
 金色の瞳がアルドリーを見つめると、ペロンっと顔をなめる。

「覚えててくれたの?良かった!!こっちに連れて、来られなかったから…嫌われてたり、忘れられたり…してないかと思って…」

 ふにゅぅぅ!!

「本当?俺の事忘れてないし、大好き?うん、俺も大好きだよ!!良かった!!会えて。一緒に戻ろうね?」

 周囲が唖然とする中、アルドリーは漆黒の毛並みに埋もれるように、抱きつき話し続けていた。

「竜と王と剣と盾」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く