コマンド見えるようになったので、ハーレム作ります!

片山樹

魔眼開眼?

 へへへ、どうやら俺は最強の力を得たらしい。それも次期魔王候補と言われるレイシス姫の眷属としての力を。

 とりあえず、どうしようか?
 ここから抜け出すのが最優先だよな。それよりも気になるのは富田ちゃんの方だ。

 自分のステータスを開く。
特に何も変わっていないと思いきや、【スキル】が増えていた。

【魔眼】
血漿ブラッドレコード
という二つだけだったが。

 しかし、面白くなりそうだ。

 ってか血漿と書いてブラッドレコードとか厨二病乙って感じだぜ。
 このステータス考えた奴絶対に特殊能力系の漫画とか好きそうだな。
 どうでもいいが、確信を持った。

 よし、とりあえず脱出を図るとでもしよう。

 「あ、開かない?」
 いやそんなはずはない。

 ガチャガチャとドアノブを捻ってみるが、何度試しても開かない。

 もしかして、鍵が掛かっている?
 それなら仕方がないな。
 ドアを壊そう。
 俺はそう思い、ドアノブに思い切り力を入れた。
 すると、簡単にドアが開き光が見えた。

 勿論、光が見えると同時に富田さんの驚いた表情もある。

 「ど、どうやって?」

 「ははは、俺って力がちょっと強くてさ」

 「力が強いって……」
 富田さんは口をぽかんとした。
 そして、「ふふふ」と笑う。

 「どうしたんだ? 笑って?」
 俺が尋ねると彼女は言った。

 「もう、本当に先輩は私の予想を遥かに越えてます。だけど、そんな先輩が大好きですよ」

 これって告白?
 いやいや、勘違いするな俺。
 女に俺は何回騙された?
 優しい行動を取ってくれた女の子の事を何回好きになった?
 ただ、優しくしてもらっただけで……
 自惚れるのもいい加減にしろよ。

 それに、俺が好きなのは宮城茜こと、白銀の女神だけだ。
 俺はあの人の隣にいたい。
 あの人の役に立ちたい。
 そう、思ったんだ。

 だから、俺は自分に掛かった呪いを解かない。
 この呪いを解かずに俺は宮城茜とハッピーエンドになってやる。

 だって、そうしないと俺の片想いは報われないから。

 「ごめん。俺、好きな人がいるんだ」

 俺がそう言うと、彼女の笑っていた形相は一気に変わり、睨みつけてきた。

 「せ、先輩……何言ってるんですか? 私のこと……好きだって言ってくれたじゃないですか?」
 

「コマンド見えるようになったので、ハーレム作ります!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く