もしも超能力者が異世界の魔法学校に通ったら

ノベルバユーザー202613

序章 津波

とある国のとある村ーー。

その村は普段は何気ない普通の農村だった。
海辺が近く、綺麗な砂浜と潮風の心地いい匂いに包まれながら毎日を過ごす。
男は漁へ、女は内職をして日々の生活を賄っていた。
贅沢はできないものの、領主への税を差し引いても日々の食事には困らないだけの蓄えをすることが出来ていた。

しかし、今現在、そこは絶望の渦に巻き込まれていた。

「うわぁぁぁぁーーー逃げろぉぉ!!」
「川が氾濫したぞぉぉ!」

過去最大級の大嵐により海の水位が上がり、暴風により異常なほど大きな津波となって村に迫ってきたのだ。

村人と思わしきボロの布を着た男の叫びにより、藁で出来た家から子供やお年寄り、老若男女問わず出て着て逃げ惑う。

彼らは一様にして、海から少しでも遠ざかろうと、陸地に向かって走る。

「あっ!」

そんな時だった。姉の手にひかれて走っていて少女が転んでしまい、姉の手を離してしまう。

「リオナ!」
「お姉ちゃん!」
「ダメよセリア!前を向いて走って!」

セリアは慌ててリオナを助けようと戻ろうとするが、母親に手を引かれて無理やり差し引かれ、走らされる。

「リオナァァァァ!」
「お姉ちゃぁぁぁん!」

セリアは母親に手を引かれながらももう片方の手をリオナに伸ばし、その叫ぶ。
リオナもセリアに向かって手を伸ばしてその名前を呼ぶ。

だが、二人の距離は離れるばかりで、大雨によって彼女達の声は掻き消されていった。


地を這うような霧でリオナの姿が見えなくなってもセリアは後ろを何度も振り返りながら走った。
津波はそんな二人を気遣うことなく、怒涛の勢いで村を飲み込んで行き、リオナがいた場所さえも飲み込んでいった。


「はぁはぁ……」

セリアははち切れそうなほど鼓動を打っている心臓に手を当てながら何度も深呼吸をする。
村から必死に走った結果、セリアと母親は津波よりも高度が高い山に登ることが出来、助かったのだ。

「……」

多少呼吸が治ったセリアは改めて村を一望する。
いや、正確には村があった場所を見渡す。

「なによ、これ……」

津波の恐ろしさを目の当たりにしたセリアは呆然と呟く。

「私達が何をしたっていうのよ、ねぇ、神様……」

セリアに抱きつき、寄りかかるようにして泣く母親を無視して、セリアは動かずにいた。
その時、唐突に思い出す。
津波に追われ、置いてきた妹のことを。

「そうだ……リオナ、リオナは……津波の中?助けなきゃ!リオナが私を待ってる!」
「駄目よ!セリア!」
「離してよお母さん!リオナが、リオナが……」
「やめて!貴女まで居なくなったら……私……」

津波は治ったとはいえ、未だ大嵐は続いている。
当然海は大荒れで、少女が飛び込めば命はないであろう。

「居なくなったらって何よ!リオナはまだ死んでない!」

セリアは腰に抱きついて離れない母親に怒鳴る。

「死んだの!リオナは津波に飲み込まれて……死んだのよぉ」
「嘘よ、そんなの……リオナ……」

涙ながらに訴える母親の言葉にセリアは崩れ落ちる。

「リオナ……リオナ」

絶望したセリアはひたすらその名を呟く。
幼い頃に父を病で亡くしたセリアは母親と妹の三人で仲良く暮らして居た。
何よりも優先してリオナの面倒を見てきたのだ。
それが一瞬にして消え去ってしまったのだ。

「ごめんなさい……」

懺悔の言葉が出る。あの時、手を離してしまったこと。
そして、転んだリオナを助けに戻らなかったこと。
もしあの時、戻っていたらリオナを助けられたかもしれない。
そう思うと、いたたまれなくなる。

だから彼女はこう言った。

「神様、私ならなんでもします!だから、妹を……リオナを助けてください!」

どこの村でも海神というものを祀っている。
航行の安全や海が荒れないようにだとかで供物を捧げて祈願するのだ。
それも効果を発揮していないのは明白だが、それでもセリアは祈る。

そんな時だった。
どこからともなく声が聞こえてきたのだ。

「えっ?それマジ?」

「もしも超能力者が異世界の魔法学校に通ったら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く