もしも超能力者が異世界の魔法学校に通ったら

ノベルバユーザー202613

序章 軽はずみな承諾

 地球にて、世界中で超能力者が生まれた。
 それから数十年の月日が経ち、存在が公になった当初は様々な問題が起こったものの、その争いや事件を乗り越え、超能力者はその人権とある程度の自由を獲得した。

 その中でも世界で最も早く超能力者達の存在を受け入れ、学園を創った国が合った。その国とは、他でもない、世界中のあらゆる強みを自国の文化に変え、取り入れ続け、島国の小国ながら世界と渡り合うまでになった日本国である。
 彼らは世界の中でもいち早く超能力者を国に取り入れ、超能力者の学園を創った。

 その学園の寮の一室で、二人の少年が飲み会をしていた。
「……きないか? 頼む!」
 非常に聞き取り辛い声だったが、どうやら茶髪のいかにもチャラそうな少年が何かを頼み込んでいるようだ。
「……いよ」
 もう一人の黒髪の純真そうに見える普通の少年が頷いている。
「おお! ……! ……助かる!」
 頷いた黒髪の少年を見て、茶髪の少年は諸手を挙げて喜んでいた。
「……ろうね? ……ないよね?」
 しかし、喜ぶ茶髪の少年に不信感を抱いたのか、黒髪の少年は心配そうに尋ねている。
「……夫! ……験は既に終わっている。……かった!」
「……こまで言うのなら……った」
 ……。
 …………。
 ………………。
 次の瞬間、世界が白く染まった。

「もしも超能力者が異世界の魔法学校に通ったら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く