東方魔人黙示録外伝【異世界のドッペルゲンガー】

怠惰のあるま

六日目その三・・・体験入部


歴史の授業が終わり休み時間となった。
幽香が心配だから、保健室に行こうと教室を出たら、豊聡耳さんに会った。偶然かなっと思ったが、待ってたぞと言ってたので違った。
何の用だと思ったけど、勧誘されてたのを思い出した。どうしよっかなぁ・・・・陸上かぁ俺的にはバスケの方が好きなんだけど。
いや、陸上部って廃部寸前なんだっけ?でも、そんな理由で入ったら続けようって気持ちが出ない。
そうだ。いい方法があった。

「体験入部?」
「ダメっすか?」
「まあ、いきなり誘ったから悩んでるみたいだね。いいよ。じゃあ、今日の放課後に部室に来てくれ」

そう言って、自分の教室がある二階へと戻って行った。そういえば、陸上部って何人ぐらいいるんだろう。まさか、豊聡耳さん一人とかしないよな?行ってみればわかるか。とりあえず保健室に急ごう。
ドアをノックして入ると、八心先生はいなかったが、二人とも目が覚めていた。おっすと挨拶すると、さとりさんだけが挨拶してくれた。幽香はふてくされてた。ガキかよ。

「それで?体の具合はどうだ?」
「私は打撲程度で済んだのですが・・・・」

私は?え?幽香はひどいことになってるとか言わないよな?

「足首軽く捻挫しちゃった」
「はぁぁ?!なんで早く言わないんだよ!」
「だ、だって・・・・」
「まったく・・・今日は家まで送るから安静にしてろよ」
「うん・・・・」

家まで送ってもリグルだけだと心配だな。多少は看病した方がいいのかな。いや、それよりだったら・・・・こっちの方がいいな。放課後陸部の部室行ったあと迎えに来よう。
アルマがいろいろなことを考えながら出て行った後、幽香達は笑っていた。

「あそこまで心配するなんて大げさね」
「それほど仲がいいってことなんですよ」
「そうなのかしら?」
「ええ、羨ましいです。でも、諦めてませんから」
「負ける気は無いわよ?」

さとりと幽香の仲が、少し進展していたのだった。

その頃、アルマは教室で捕らえられていた。
教室に入った途端、急にロープを縛られたかと思うと、自分の席にくくりつけられ動けなくされていた。その犯人は、文さんでした。

「何すんだよストーカー」
「ひどいです!ストーカーじゃないです!!それよりも、陸上部に入部するって本当ですか!?」
「は?なんでそうなってるんだ?」
「え?違うんですか?さっき、私の友達の陸上部に入った娘が『新しい部員が来るんですよ!!』って言ったんですが」

その娘、早とちりにもほどがあるよ。まだ入るとは言ってない。体験入部すると言ったんだ。まだ確定ではない。しかし、陸上部に入った娘いたんだ。ちょっと安堵。
その話はいいとして、なぜ俺を縛った。

「まず、俺を解き放て!」
「あ、はい」

拘束から解放されると、自由感が軽く感じられたけど、人質の人とかも解放されたら同じ気持ちなのかな?

「それで?俺を拘束した理由は?」
「他の部に行かれるなら、脅迫でもして新聞部に来てもらおうかと」
「絶対に行かないと断言」
「しょんなぁぁ!!」

文の叫びとともに休み時間の終わりを告げる予鈴が鳴った。

「東方魔人黙示録外伝【異世界のドッペルゲンガー】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く