(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

お姫様の家出・4

 エピローグ。
 というよりもただの後日談。
 結局あのあとミルシア女王陛下は食事を終えると、いつも通りお金を多めに置いていってそのまま帰っていった。表情が柔らかくなったことを見ると、どうやら悩んでいたことはある程度落ち着いたらしい。それはそれで良かったと思うけれど、それで良かったのかという疑念も生まれていた。
 結果的に、ミルシア女王陛下とアルシスさんは仲直りしたらしい。
 なぜそんなことが分かったかというと、ある日の朝、グラフィリア王国首都店の軒先を掃除しているときにやってきた一通の手紙から判明した。
 その手紙はメリューさん宛かと思っていたが、よく見ると俺宛だった。
 何というか、この世界に俺の名前を知っている人間なんて数少ないはずだったけれど、どうして――なんて思ったけれど、その疑問は直ぐに解消されることとなる。

「ミルシア女王陛下、から……?」

 薔薇をあしらった切手が貼ってあった封筒の裏には、綺麗な字でミルシア女王陛下の名前が書かれていた。
 掃除を終えてボルケイノの中に入って、カウンターに腰掛ける。
 まだ朝早い時間なので、お客さんが来ることは無い。だから安心して手紙を見ることが出来る。そう思って俺は封筒の封を切った。
 そこには一通の手紙が入っていた。手紙を書いたのはミルシア女王陛下で、封筒と同じく俺宛に書かれた手紙だった。
 手紙の内容は簡単に言ってしまえば、あのあとアルシスさんと仲直りしたこと、メリューさんが作った肉じゃがを聞いてアルシスさんが躍起になったことが書かれていた。
 そして、仲直りすることを決意したのはメリューさんの料理もあったけれど、俺が一声かけたことがきっかけだということも――書かれていた。
 俺が、仲直りしたらどうですか、と言わなかったら直ぐに仲直りしようとは思わなかったでしょう――ミルシア女王陛下も案外人に流されるところがあるんだな、なんて思いながら手紙を読んでいた。
 そして最後は、この文章で締めくくられていた。


 ――ケイタ、あなたボルケイノでの仕事は楽しいかしら? あなたの仕事が、楽しく続くことを祈っているわ。また、お店で会いましょう。親愛なるあなたへ。


 手紙を読み終えた俺は、封筒に戻して、ポケットに仕舞った。
 そうして俺は椅子から立ち上がると、仕事の準備へと取りかかった。

「……ええ、とても楽しいですよ。ミルシア女王陛下」

 その言葉は、誰にも聞こえないくらい小さく呟くのだった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く